原作名

地獄少女

機種名:CR地獄少女 弐 きくりの地獄祭りFPA

メーカー:藤商事

導入日:2016/02/01

作品の公式HPを見る

『地獄少女』(じごくしょうじょ)は、2005年から2009年にかけて第1期~第3期が放送、2017年に第4期が放送中のテレビアニメ。
憎い人間を地獄へ送るミステリーホラー。
また、それを原作にした永遠幸の漫画、テレビドラマ、ライトノベル、コンピュータゲームなど含むシリーズ作品の総称。



あらすじ

世間で、ある都市伝説めいた噂が流れていた。
「午前零時にだけアクセス出来るWebサイト『地獄通信』に晴らせぬ怨みを書き込むと、地獄少女が現れて憎い相手を地獄に流してくれる」。
しかし、その噂は真実だった。
怨みを持った者が「地獄通信」に書き込んだ直後、依頼者の前にセーラー服を着た長い黒髪に赤い瞳をした地獄少女・閻魔あいが現れる。
あいは依頼主に契約の証である藁人形を渡し、「人形の首にかかる赤い糸を解けば、契約は成立し、憎い相手は地獄へ流される」という。
ただし、「その代償として自分自身も、死後は地獄で永遠に苦しむことになる」と告げるのであった。
依頼者は、その糸を解いて怨みを晴らすのか、それとも思い直して踏み留まるのか、葛藤の中で決断を迫られる。
契約が執行される際には、閻魔あいに付き従う「三藁」の一目連、骨女、輪入道らが現世での罰を与え、最後に地獄少女により「地獄流し」が行われる。


ウィキペディアより引用
https://ja.wikipedia.org/wiki/地獄少女

【役名】きくり ⇒ 【声優名】酒井香奈子

【役名】閻魔あい ⇒ 【声優名】能登麻美子

【役名】輪入道 ⇒ 【声優名】菅生隆之

【役名】骨女 ⇒ 【声優名】本田貴子

【役名】一目連 ⇒ 【声優名】松風雅也

【役名】柴田つぐみ ⇒ 【声優名】水樹奈々

【役名】山童 ⇒ 【声優名】椎名へきる

【役名】御景ゆずき ⇒ 【声優名】佐藤聡美

機種紹介

CR地獄少女 弐 きくりの地獄祭りFPA

メーカー:藤商事

導入日:2016/02/01

機種情報を見る

05年から放映されたホラーアニメ「地獄少女」をモチーフにして2011年に登場した『地獄少女』の第2弾・『地獄少女 弐』の特別編となる甘デジ。
大当たりは100%確変だが、電サポ回数はなし、8回、16回、100回+αの4通りがある。また、転落抽選タイプであり、確変後は104.013/105.013で確変継続抽選が行なわれる。

謎のキャラクター・きくりが活躍し、お祭り仕様に変化した新規演出が満載なこと、新生突破型スペックと名付けられた「甘デジより当たりやすく、ライトミドルタイプ並みの出玉感」、連チャンモードとなるお祭りRUSH中の2つのモード演出などが特徴。

潜確当たりや小当たりなどは搭載していない。ただし、潜確状態になることがある。

ヘソ入賞口に玉を左右に振り分ける振り子が付いており、通常時にも8個保留が可能な純正8個保留機。ヘソ部分に入った玉の賞球は4個。右打ち時の電チュー入賞による賞球は1個。

大当たりの詳細な内訳は以下のとおり。※カッコ内の数値は電サポ回数。100回転以降は通常状態になるまで電サポが働く
・16R確変(100回+α)…1%、9R確変(16回(電サポ中は100回+α))…17%、9R確変(8回(電サポ中は100回+α))…2%、3R確変(16回(電サポ中は100回+α))…26%、3R確変(8回(電サポ中は100回+α))…4%、3R確変(なし(電サポ中は100回+α))…20%、3R確変(8回(潜確中はなし、電サポ中は100回+α))…30%
※9R大当たりは、チャレンジルートを選択した場合は2Ror16R(比率は1:1)

基本的なゲーム性は以下のとおり。電サポが8回or16回働く「きくりお祭りスロット」中の大当たりで最上位モードの「お祭りRUSH」に突入。電サポが100回+α働く。継続率は約90%と高い。

液晶を覆うように出現して回転する地獄流し、中央に出現する蝶、上部にロゴの各ギミックを搭載。液晶下部には地獄ビジョン(サブ液晶)がある。

大当たり中、電サポ中は右打ちする。

大当たりの20%を占めるお祭りチャレンジでは、安心ルートかチャレンジルートを、玉を打つタイミングで選ぶことができる。前者なら9R確変固定、後者なら2Ror16R(1:1)。

4大激アツ演出は、祭りゾーン、祭り蝶予告、蝶ギミック、業の魂演出。信頼度はどれも70%以上!

TVアニメ楽曲、オリジナル楽曲に加えて、本機のみの新規オリジナル楽曲も搭載している。また、新規コスプレ映像も満載。

Page Top