トト子とイヤミ×6つ子たちとの日常を描く大ヒットアニメ「おそ松さん」のオリジナルショートアニメ「d松さん」をdTVで2018年1月9日より独占配信決定!

作品数NO.1の映像配信サービス「dTV(R)」は、 10月度のdTVアニメジャンルランキングでも第1位を獲得した大人気アニメ「おそ松さん 第2期」を世界最速見逃し配信中です。 そんなアニメ「おそ松さん」の大ヒットの勢いそのままに、 2018年1月9日よりdTVでオリジナルショートアニメを独占配信致します。

dTVだけでしか見られないオリジナルショートアニメ。 タイトルは「d松さん」!
 
 
「おそ松さん」は、 これまでにもJRAとコラボレーションしたアニメ「走れ!おう松さん」や、 サントリーと取り組んだショートアニメなど「おそ松さん」の独特な世界観を壊さずに本編同様にハイセンスなギャグを盛り込んだオリジナルショートアニメを制作。 様々な異色のコラボを実現し、 視聴者から大きな注目を集めてきました。 今回、 dTVでの「おそ松さん」のヒットを受け、 dTVとコラボレーションしたファン待望のオリジナルショートアニメ「d松さん」の制作が決定。 dTVのサービス名の頭文字をとったいかにも「おそ松さん」らしいネーミングの本作は、 ファンはもちろん、 ファンならずとも楽しめる作品に仕上げました。 dTVだけでしか見られないオリジナルショートアニメ「d松さん」は、 2018年1月9日(火)の正午12時から全12話を毎週配信。 本編アニメとあわせて、 dTVだけでしか見られないオリジナルショートアニメをお楽しみください。
 
松野家の6つ子がトト子・イヤミと繰り広げるオリジナルストーリー
 
「d松さん」は、 松野家の6つ子とトト子、 イヤミの日常を描いた会話劇中心のオリジナルショートアニメ。 配信するのは、 「トト子×6つ子」の6バージョンと、 「イヤミ×6つ子」の6バージョンの計12話。 トト子バージョンは、 トト子があるお姫様という設定で、 6つ子それぞれと語り合う内容で、 本編同様、 超ド級のぶっ飛び感で自由奔放におそ松たちを振り回すトト子の暴れっぷりに注目です。 対して、 イヤミバージョンはこれまでにあまりなかった、 6つ子たちそれぞれとイヤミの日常を描いたファン垂涎のエピソードを収録。 6つ子たちが抱える破天荒な悩みや斜めからくる奇想天外なストーリーたちに“意外と”普通の感覚を持っているイヤミはどう対処していくのかが見所です。 もちろん、 現在見逃し配信中の「おそ松さん 第2期」とあわせてオリジナルショートアニメをお楽しみください。
 
d22141-90-307724-1
 
d22141-90-602772-3
 
d22141-90-302264-0
 
d22141-90-465469-4
 
d22141-90-165898-2
 
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
ピックアップニュース一覧

HIKAKIN、ディズニー映画でストームトルーパーの声優に「緊張しました」

ユーチューバーHIKAKIN ディズニーアニメで銀幕声優デビュー

声優・水瀬いのり、7thシングル「Wonder Caravan!」を来年1月にリリース

TVアニメ『信長の忍び』声優・水瀬いのりさん、羽多野渉さん、内匠靖明さん、佐倉綾音さんが登壇するプレミア上映会が開催決定!

人気声優の“いい声”日めくりカレンダーが話題 朝起きたら「おにいちゃん、おはよう!」

「おにいちゃん、おはよう!」「どこを見てるの?」人気声優が“いい声”でしゃべるカレンダーが発売

声優の小野友樹が転倒し骨折

『きらファン』に『アニマエール!』の鳩谷こはね(声優:尾崎由香)や有馬ひづめ(声優:山田唯菜)が参戦

天津 向と声優のコラボイベント「とあそぶ。」がツアーに!!」

声優・水瀬いのりさんの7枚目のシングル「Wonder Caravan!」が2019年1月23日発売!

井上喜久子さんが声優活動30周年記念イベントを開催! 豪華ゲストにボカロ共演、茶番劇もあり!?

声優で女優の平野綾が朗読劇「ラヴ・レターズ」で相手役の小池徹平との2ショット公開

大原櫻子、大御所声優の実父が “モンペ” すぎて業界では「使いづらい」評価

声優の小野友樹が左手の指2本骨折と顔を負傷 声や意識などに問題はなし

声優の小野友樹が左手の指2本骨折と顔を負傷 声や意識などに問題はなし

女性声優4人のロックバンド、25日に公開練習開催 写真撮影も可能

女性声優4人のロックバンド、25日に公開練習開催 写真撮影も可能

「蟲師」の世界観を生演奏&芝居で体感!中野裕斗ら声優陣集結のライブ開催

声優・緒方恵美、「幽 遊 白書」蔵馬役抜擢に「気をつけろ」と脅かされていた

声優・緒方恵美、「幽 遊 白書」蔵馬役抜擢に「気をつけろ」と脅かされていた

Page Top