CRデジパチ名機紹介その1・1993年編

どもども、朝11時に寝て17時に起きるという、ドラキュラのような生活リズムになっているシゲキです。せめて朝4時に始まる「おはよう時代劇」を観ながら眠る生活に戻さないといかんなぁ…と思いつつも、年末発売予定の本の作業に終わりが見えないカオス状態。おかげでパチンコは全く打てず、コラムのネタもナッシング!? そんなわけにもいかないので、これから年末にかけては久しぶりの名機紹介シリーズとまいりましょう。

 

第1回目は初めてCR機が世に出た1992年の機種を…と思ったのですが、初期のCRデジパチは売れない・やる気がない・面白くないという、ダメの三拍子が揃った駄作ばかり。さすがにどうかと思うので、翌年・1993年の西陣の名機『CR花満開』から紹介致します。

CR花満開のシゲキ撮影写真

大当たり確率◆1/308(設定3)
確変突入率◆2/15(2回ループ)
大当たり出玉◆約2400個

 

当初は導入コストが高くつく(専用のシマを買う必要アリ)こともあって、一部大型店の一部シマにしか導入されなかったCRデジパチですが、そんな状況を覆すキッカケになったのが本機。センスを感じる花びらデジタルと、「さくらさくら♪」の曲に合わせて図柄が舞い散るSPリーチも素敵なのですが、何よりの魅力はその爆発力! 公式には確変率15分の2のプラス2回ループスペック…だったはずなのですが、実際にホールで打つと保留で連チャンするわ、確変中に異常に早く当たるわ、確変がやたら連チャンするわといった感じの何でもアリ状態。ファンの間でも「CR花満開が凄い!」という話題が徐々に広がり、大型店がこぞってCR機のシマを新設して本機を大量導入! その集客力は抜群で、中には「全台がCR花満開」なんていうホールまでオープンするほどの社会現象を巻き起こしました。

CR花満開のリーチ撮影だよん

私も興味本位で導入初期の頃に打ちましたが、3or7図柄でのスーパーリーチと、大当たり後の保留玉で3or7図柄がテンパイした際のアツさは確かに夢に見るレベル! 保留連があることで通常図柄のリーチもそれなりに楽しめたし、今振り返っても名機と言える存在でしたね。

 

ちなみに1993年は他にも複数のCRデジパチが登場したものの、いずれも現金機デジパチの兄弟機といった立場で、ヒット機種は皆無。とはいえ『CR花満開』の大ヒットを受けて各メーカーがCR機の開発に注力し始め、翌年からヒット機種が続々と登場し始めます。次回はそんな1994年のCRデジパチを紹介しましょう。

コメント

  1. ユウ より:

    こんばんは。数日前に大工の源さん韋駄天でSTスルーかましてきました笑。
    確かに確率って表記通りには動きませんもんね。にしても2回ループってことは一撃4800発の連チャンですよね?夢がある!!!
    1993年、、自分が生まれた年にそんな名機が発売されていたとは。。余談ですが2400唯一の牙狼、タスクオブゴッドも実際は70%ループではないかって噂がありましたね。
    次のブログも楽しみに待っております!

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Page Top