シゲキ的名機その3・タイムボカン

どもども、本日は「1」が4つ並ぶ超ゾロ目の日につき本当なら某ホールに打ちに行きたかったのですが、原稿作業で終日忙殺状態のシゲキです。さて、前回までは『クィーンII』『ギンパラ』と誰もが知る名機を紹介してまいりましたが、今回は知ってる人しか知らないドマイナー機、豊丸の2回権利物『タイムボカン』です。いやぁ、なんかマルホンの次機種『CR天龍インフィニティ(別名3段クルーン)』を見たら、ふと思い出しちゃったんですよね〜。

 

●スペックDATA

デジタル確率◆約5分の1→約1分の1

確変◆2回1セット

出玉◆2回1セットで確か3500個くらい

 

ホール登場は1993年のこと。きっとこの記事を読んだ9割以上の方が知らない機種だと思うので、いつもより詳しめにゲーム性の説明を致しましょう。

 

★ステップ1

まずは一発台のようなノリで、上部飛び込み口に玉を放り込みます。すると役モノ内部のステージに玉が登場し、まずは1回目の振り分けスタートです。大半の玉はステージ中央に向かい★ステップ2へと続きますが、ステージ右に向かうと★ステップ3、ステージ左に向かうといきなり★ステップ4にワープ!

 

★ステップ2

ステージ中央を抜けた玉は、緑色をした上段の3つ穴回転体に登場。ここで「HOP」と書かれた穴に入ると★ステップ3へ。それ以外の穴に入るとハズレです。

 

★ステップ3

序盤でステージ右に向かった玉、及びステップ2をクリアした玉は下段にある黄色の3つ穴回転体に登場。ここで「STEP」と書かれた穴に入ると★ステップ4へ。それ以外の穴に入るとハズレです。

 

★ステップ4

序盤でステージ左に向かった玉、及びステップ3をクリアした玉は、その下にある3つ穴クルーンに登場。皿をクルクルと回った玉が手前穴に入ると★ステップ5へ。左右の奥穴に入るとハズレです。

 

★ステップ5

3つ穴回転体の左右にある0〜9までのランプ式デジタルが回転。ピンク色の部分(234789)で停止すると大当たり!! 緑色の部分(0156)で停止するとハズレ。見た目は5分の3で当たりますが、実際の通常時確率は約5分の1と、若干詐欺が入ってました。

 

といった具合で長々とゲーム性を説明しましたが、ステージ→3つ穴回転体×2→3つ穴クルーン→ランプ式デジタルと、実に4種類にも及ぶ振り分け&抽選が楽しめるという夢のような台なんです!! 実際、打つと超絶面白くって夢中になったのですが、設置台数は少なく、人気のほうもお世辞にも良いとは…。革新的に楽しい台だと思うのに、なぜなんでしょう? 時代が早過ぎた!? 今出せば『餃子の王将』並みにヒットするかもしれないと思うのですが、豊丸さん、失敗覚悟で一発やってみませんか?

 

ちなみにこの役物やゲーム性自体、当時の豊丸としても自信作だったようで、同型の役物を用いた機種として『タイムスリップ1(1回権利物)』、『CRタイムボカンV(CR権利物)』、『一番出世(一般電役)』と、実に4回にわたってリリース! まあ1機種たりともヒットせず、結局は全て徒花で終わってしまいましたが…。

 

一応、軽く思い出話をすると、それは立川の等価交換店で『タイムボカン』を打っていた時のこと。隣に座っていたガラの悪そうなオニーチャンが、3つ穴クルーンの手前穴に入ったのにデジタルが回らず、店員を呼んで猛クレーム!! …そう、実はこの機種って構造的に欠陥があり、クルーン手前に入った玉がマレに真下に落ちず、ハズレ穴に向かってしまうことがあるのです。そのことを知っていた私を含む常連たちは、それもまた台のスペックだと思って耐えていたのですが、客の猛クレームに辟易した店員は、その台のガラスを開けてクルーン手前穴に補償玉を投入!

 

これによりクレームを付けた客とのトラブルは解決したのですが、その後がさあ大変。とりあえずシマにいた全員で「俺も手前穴に入ったけど回らなかったのに、アイツにだけは補償するワケ?」と、その店員を吊し上げ、全員が補償を受けることに。ちなみに『タイムボカン』の1回転は3000円くらいの価値があったから、これって結構な大盤振る舞い。その後も何度か補償してたし、きっとその店員、あとで店長に思いっきり怒られたんじゃないのかな? 翌日には『タイムボカン』のシマに「クルーン手前穴に入ってもデジタルが回らないことがありますが、一切補償は致しません!!」と、大きく書かれた紙が貼り出されてましたとさ。

 

そして今回も最後に一応宣伝を。20世紀の名機を集めた業界初のレトロパチンコ専門誌「必勝ガイドCLASSIC Vol.04(ガイドワークス)」が12月15日(金)に発売されます。私もお手伝いさせて頂いておりますが、お気が向いた方はぜひ買ってやってくださいまし。ではまた次週!

コメント

  1. ともぞう より:

    初めまして❗
    タイムボカンと聞いてアムテックスを想像した私はしげきさんと同年代です。毎回楽しく拝読させてもらってます。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Page Top