我がパチンコ人生に停滞はなし

今日は店選びみたいなことを少々。全然役に立たないと思うけど、今日はちょっとだけ提案型。普段はそういうのちょっと違うと思ってるから書かない。こうした方が良いとか、こうすべきだみたいな論調は嫌い。押し付けがましいし、何よりもこの手の文章を読んだ読者は、受け身だから読んだときはなんとなくわかったような気になってはいるけれど、実は高いハードルを乗り越えずに人の意見を聞いてるだけから真の力は身についていない。自分が書く文章は、実践を交えながら自分の意見を好き勝手に書いてるけど、実はその中には役に立つ内容もちりばめられている。そこに目が行くか、目がいかないかは読み手次第で、あっしには関わりないことというスタイルを貫いている。盗むべきものがあれば勝手にすればいいし、それがなければフーンで終わればいい。


でも本当は、こうした謎解きを解いた時の方が、身に付くということを知っている。

 

だから今日はいつもと違う話になる。店選びで困ったときは、皆さんはP-worldとか、メール、サイト、LINEをふんだんに利用してると思う。パチスロはこれらの膨大な情報の中から本物を拾いだすということが重要らしいけれどパチンコに関してはそういうのは殆ど役に立たない。ならやっぱり月イチイベントをアテにすることが大事かというとそれもまた違う。パチンコで甘い環境があるかどうかを判断するのは、パチプロさんからの情報をアテにするのが一番信頼度が高い。先週の日曜日は、稼働に行くか否かで迷ったけれど、行って正解だった。その時にパチプロさんから○○が甘いらしいよという情報を入手した。

 


これが通用するか否かは、貴方のパチンコ力に左右されるといっても過言ではない。貴方が普段から、パチプロさんからどう見られているかで得られる情報の内容は変ってくる。「コイツはチキンだな」と思われていたら、有用な情報はまず得られない。パチプロと会話して、コイツと仲良くしておいた方が得だなと思わせないと彼らは口を開かない。そして、情報交換するときは、欲しい情報を相手に求めるのではなく、まずこちらから自分の近況を報告すること。パチプロが欲しがりそうな情報をいっぱい提供すれば、相手も自然と自分の方から得意げになって、「ポロリ」と情報をこぼす時がある。この時を見逃さないのだ。相手が得意げになって話したくなるような環境を作ってあげてください。そうすると、かなりの高い確率で何がしかの情報がもらえます。これを利用しましょう。


ということはパチプロさんが好んで通うような店に、自分が行かないと駄目ってことです。

 


彼の情報によって得られた店が今週のターゲットです。沖縄の島には常時打ち子が出入しています。多分平日と土日では入る数は違うはずです。打ち子が入る店ということで、今後この店を特定するような情報は隠匿情報だと判断いたします。彼らの生活を奪う権利は私にはありません。普段から打ち子のことをメッタ切りしておりますが、彼等にも生活があります。本当に悪いのは打ち子を創造するような仕組みを作ったパチンコ業界です。従って彼らを追い出すにしても、まっとうなやり方でやってくださいとお願いしてるつもりです。時と場合によっては、私は打ち子を守る立場に変身するのです。

 

朝並びに加わると、西尾組みのお二人さんに遭遇した。この二人はパチンコ三洋で知り合ったのだが、最初はてっきり夫婦だと思ってたけれど、話をしてみると違ってた。男がパチンコの師匠で、女性の方がそれについて弟子みたいな立場でやってるうちに、二人ともパチプロみたいなコンビになったらしい。年の頃は男性は私と同じくらいで女性は45歳前後でしょうか?普通45歳って言ったらおばさんなんですけど、そういう表現をはばかるくらい美人なんですね。んで、このきれいなお姉さんが、一旦パチ屋に入ると人が変わったようにディープパチンカー。当然1日1台試し打ち無し。パチプロもあっと驚くほどの長時間稼働で、出玉の山を築きあげます。この人をパチンコ三洋で、初めて見た時は目が点になりましたね。顔立ちはど素人っぽくて、可愛い顔してるのにハンドル握るとすんごいんですよ。その二人が今日顔を見合わせると、「あの店。私たち二人とも出入禁止になった」っていきなり絡んできた。この二人は2/10から3日間連続で行ったらしいのですが、初日からスタート異常を注意されたにもかかわらず、無視してやってると3日目に出禁になったそうであります。

 


3日間で負けっぱなしで終わったわと私にぼやくことしきり。私が12日間行ってそういう目に遭ったという話をしたら、「あんたツイテるわー」だって。私は初日に幹部から店の方針を聞いてて、その2日後にパチプロさんから色々と情報を仕入れて、出禁にならぬようにそれはそれは注意してやってたから寿命が延びたまでのこと。最大限努力して勝ち取った12日間。と言えば大袈裟だけど、努力なしで12日間もやれたわけではないのですよ。

 

前置きが長くなったが、今日の実践は沖縄。数ある中でどれを選ぶかだが、今日は多分暗闇から物をつかむような感覚。正直よく分からん。打ち子があまり固まっていない一角に陣取って勝負開始。最初2500円でアンコウがシーサーのリーチに発展したが、気づいたらシーサー開口。ひょっとしたらと思ってたら当たりやがった。単発。その時短中47回転で5×6のワリンから魚群が流れてまたしてもアンコウで止まって単発。3/20の日に最後ストレート17連チャンというのがあったけど、それ以降やけに単発が多い。この後捕まって買い足し。622回転目に電サポに入った奴がウリンの赤煽りとなってカメのリーチ。ドッキドキの展開だ。これが当たってようやく本日初めての確変だー。って喜んでいたら、僅か2回転でまたアンコウ。連荘は続かない。この時短中71回転目で1×9クロスがワリンに発展し、力入るーでボタン押しが泡。ガックシと思ったらこれがカニで当たるという摩訶不思議演出。ところがこれまた2連チャン止まりですよ。今日は全然ダメッポ。

 

こっからまた嵌りですよ。初っ端の800回転では初当たり4回だったからまずまずのペースだったけど、ここから621嵌りで5/1420まで確率が低下する。5/1500辺りからどっちに転ぶか分からんみたいな試合運びは実践ではよく見られる光景で、こういう時はこの次の当たりが運命の分かれ道となることが多い。今日はこの後どないだと思って遊技を続けていると、単発の玉は飲まれ、そこから更に14500円買い足したところで5/1970。丁度3万円の投資をしたとこでケツを割る。なんとなく鈍い当たり方だった感じ。時短中に2回ほど引き戻しはあったけど、早いのが3回で遅いのも3回。そして何よりも確変が引けないし伸びない。あの17連チャン以来一向に確変で当たる気がしなくなったこの頃。だから爆連は嫌なのだ。       

 

沖縄       
(1) 59回転、単発      
(2) 47回転、単発      
(3) 622回転、2連      
(4) 71回転、2連      
(5) 621回転、単発      
 550回転、当たらず      
 5/1970、確変2、単発5      
       
       
 売上7500      
 景品0       
 30000円マイナス       
 スタートは6.6       


        
今日は負けちまったけど、この店に来ているとそのうちデッカク勝つこともあるでしょう。土日パチンカーが通えば年間100万円くらいの店。パチプロが見たら拒絶するかもしれないというレベル。だけど、打ち子なら爆追い。そして土日パチンカーもまたやっていかねばという線。先月までの店には遠く及ばないものの、妥協してでもやっていかねばパチンコする事さえ止まる。我がパチンコ人生に停滞は無し。        
        
        
ところで、話は変るけど、西尾組のお姉さんの方。三洋でお会いした時から、やけに私にはなれなれしかったけど今もそんな感じ。やたらと耳元で話しかけてくるし、腕をつかんだら離さない。この人、俺に惚れとるんとちゃうやろか???        
        

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Page Top