失恋レストラン

先週私が打った台。さすがにあの日は撤収が早すぎたと反省もあり。されど、ゴールデンウィークの期間中にはそれなりの収支で終わっておきたいという気持ちは相当に強く、あの日の行為も全く理解できないわけではない。そう思ってあれからどうなった的な事を思惑していると、翌日は客付かなかったのに月曜日、専業者に目をつけられて終日稼働。597単、391単のあと2029当たらずじまい。12万円のマイナス。土曜日深追いしても、駄目やったかもしれんなあ。


その台が、またぞろ狙いどころ満点で週末を迎えることになった。この台を本命視して、もう一台勝てそうな台を発見した。どちらも打ち子が良く触る台だが、どちらも2番手グループ。2番手といっても、1番手グループの釘調整が結構酷い形になってきてるので、今では1番手と2番手ではスタートの差はあまりない。だからこの両台のどちらかと思って、朝の並びに加わったが抽選によって微妙な位置。それでも2台あるからどちらかには座れるだろうとタカをくくっていて中に入ると唖然愕然。両方とも先客がいるではないか。この店では思うように動けないな。身動き取れない状況に苛立ちを隠せない。

 

今日は抽選結果が全てだった。


内心は昨日の段階で、若番を引かない限り今日は勝てぬと心得て覚悟はしていたものの、台にたどり着ければ10万くらいは勝つだろうなと思っていたので、容易には諦めきれない。金曜日の夜に、明日は10万は頂きと思って店にやってくると、目的が叶わなかった時落胆ぶりが酷い。今日は打ち子が4人もいた。それに西尾のお二人さんを加えると専業者は6人となり、私はじき出されてしまった。1番手、2番手グループを排除すると今日は3番手グループの中からの選択しか残っていない。こういう事態を恐れていたから、5/4,5/5には来れなかったのだ。その3番手グループの中ではTSが甘い台。然しこの台は、西尾旦那の方が、何度か遊技してるけど、早々に戦線離脱した光景を見た事があるからあまり期待できない。

 

こういう状況になると、この台のこの釘形でスタートが如何程計上できるかという検証目的でしか、遊技目的がなく、ちょっとでも駄目だと思ったら即撤収になると予想される。打ち始め35回転で、電サポに入った奴が黄色い煽りで4×5のリーチ煽り。これはいつものことで、煽りの色が赤以外でテンパッた試しがないので、よそ見していたらテンパッたよーん。すぐに虹色のボタンが飛び出してこれを押すと、けたたましい直撃音。エビの方で止まっていた。この後1,3,1と確柄リーチが発生。その次も絵柄が走って5連確。結局ここは6連チャンで勝てる形にはなってきた。時短突入直後の3回転目で、酔っ払いマンボウがリーチ絵柄のハリセンボンを通り過ぎたところで当たりを確信した。内心は、8を過ぎて突確になってくれまいかと期待したけど、8で止まって走り単。ここでの単発当たりは無駄引きでないの???とは思ったけれど致し方なし。本音はここで確変引いて一気に大量出玉といきたかった。


さあこっからが本日の最大のヤマ。検証の開始。 


上下の皿+2000個までに、結論を出すことにする。貯玉した数を丁度9400個にしておいて、ここからの2000個落ちでクソ回らんと判断したら7400個の回収で撤収だ。まずは上下の皿で150回転まで。その次の 1000個が95回転だったけど、その次の1000個が77回転だったところでこの台の限界を知る。今日のスター トは6.3くらいですね。 


沖縄 
(1) 35回転、6連
(2) 3回転、単発
 322回転、当たらず
 2/360、確変5、単発2


 貯玉使用500
 貯玉7400
 25000円プラス
 TY9840個だったので、やっぱりこの台のスタートは6.3
 3番手グループのスタートはこんなもんです。

 


スタートが6.3でも遊技できないことはありません。今後はこれくらいのスタートでも終日打つこともあるでしょう。 然し今日は意中の台が2台もあったのに、両方とも押さえられてしまって、かなり遊技意欲が減退しております。やる気をなくしてるという奴です。朝一の9840個で負けないで良かったということにしておきます。デカイ 勝負はまた別の機会にとっておきます。土曜日は抽選で若番を引いた時が勝負ですね。ハアーっ。でっかく勝てると思って意気込んできたのに今日はなんて日だ。嗚呼、嗚呼、つらい。 


悲しけりゃ ここでお泣きよ 涙拭くハンカチもあるし
愛がこわした 君の心を やさしく包む 椅子もある


歌を歌えば今日はこんな気分。だけど、こんな歌ちみ達知らんやろう?

 

無論パチンコ打った気分には非ず、消化不良の1日。なので、今日はこの後、読者様からのリクエストに応える内容を投稿をしてみたいと思います。読みたい人はどうぞ。

 

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Page Top