夏の終わり

読者が笑ってくれる それだけが僕の ALL My treasures.
サビ編集
お盆休みがー キター!

この盆休みには、1回くらい夜のホワイトサイクロンに乗りたい!
この盆休みには、1回くらい花火を見たい!
この盆休みには、1回くらいパチンコででっかく勝ちたい!


世界陸上です。今年はウサイン・ボルトのラストラン。ベストランで締めくくるかと思いきや、この土壇場で悲劇のコンペティターに花を持たせるという粋な計らいは私の心を捉えました。勝つことだけが全てではない。けれど世界中に夢を与えた功績はなかなかのもの。たかが他の人より速く走れるだけじゃないか。彼の100を走る速度は37.5km/h。クマの走る速度は50km/h。ボルトはクマよりも遅いのですね。


もうそろそろ気付いて欲しいと思います。私がここで書く内容の中には、一見オカルトかと錯覚するのですが、よく検討すると実はそうじゃなかったのか的な内容が沢山掲載されています。物事の見方、考え方は一元的になってはなりませぬ。正面から見るだけじゃなく、たまにはひっくり返して見る。横から見る。斜めから見るという癖をつけて下さい。そうすると私が、本当は何を言いたいのかが分かります。複雑な構成になっておりますが、そうした意図を看破できるような人間になってこそ、読み手自身に歓喜が訪れるのだと信じております。私の読者がパチンコで勝利して笑ってくれることこそが、私にとっては大切なこと。All My treasures。その為には、中途半端に読んでたのでは到底そこまでの理解には至りますまい。何度も何度も繰り返してヘロヘロになるくらい。それくらい真剣に読まないと私が意図する世界には決して届かぬと申しておきましょう。

 

今日はパチンコホールが実施するイベントについて書いてみようと思います。まあ、こんな話今更っちゃあ今更ですし、すごく当たり前のお話になるんですけど、ひょっとしたら気が付かずに過ごしてきた方もおられるかも知れないということですね。イベントの告知が禁止されてから何とかの日は無くなりましたけど、末尾日イベントはかなり根強く残ってます。これを無視していたのでは、パチンコやパチスロで勝つのはほぼ不可能といっても過言ではありません。専業兼業を問わず末尾日イベントは皆乗っかっているはずです。

 

1カ月は30日ありますけど、末尾日イベントとなるのは1~0までの10日間です。この1~0までの内、効果が高い日とそうではない日があります。私が今まで経験した実績では、基本末尾の数字が若い日は、イベント日としてあまり効果がなく、パチンコホールから対象にされにくいという事です。無論異論あるでしょうし、無論例外あります。マルハンは月初めのツイタチだけは、時差オープンで力入れておりますし、パチンコホールの名前に123という数字を入れてある店もあります。そうした事例もありますから、絶対とは申しません。然しながら若い数字が嫌われるのは多分事実です。因みにゼロは一番最後の数字とみなします。推測でありますがパチンコホールは、会社員の給料が支給された後の数日間にできるだけ数多くのお客さんを取り込みたいと考えております。独身の会社員。給料が出た直後と、給料が出る直前では、投資マインドが全然違います。パチンコホールはこの投資マインドを最大限利用しようと考えます。給料日は25日以降が一般的。という事は末尾日イベントを実施するのに都合が良い数字は5,6,7,8,9,0という事です。※6は数字として嫌われる事が多いので滅多に使われません。そうすると、5,7,8,9,0の5日間がチャンスです。常識的に考えても給料日前の23日とか24日に、集客イベントは実施したくはありません。サイフ薄いですから。


25日狙いの店 5,15,25
27日狙いの店 7,17,27
28日狙いの店 8,18,28
29日狙いの店    9,19,29
30日狙いの店 10,20,30

 

という事で末尾日イベントは、末尾が1,2,3,4の日は採用されにくいのではないでしょうか。万が一1,2,3,4を押しているパチンコホールがあったとしても、あまり釘は開けないなあという事が今までの経験則。信頼度が高いのは4よりも大きな数字ですね。という事は読者の皆様におかれましても、自分の持ちネタとして、5,7,8,9,0の5日間は必ず思い当たる店がなければなりません。どれか一つでも欠落しているという方は、今一度ご自分のテリトリー内を再検討してください。この5日間に関しては、探せば必ず見つかるはずです。末尾日イベントをやってる日を探すのは簡単です。サイトゼブンに加盟しているパチンンコホールなら、特定の日だけ稼働がグンと高くなるので、日を追って分析すればすぐわかります。サイトセブンに加盟していないパチンコホールは現場に赴いて、警備員さんに直接聞くといいでしょう。彼等は来店する客の数にはもの凄く敏感なので良く知っておりますわ。然もパチプロや打ち子が来るようになったら嫌だなあなんていうしがらみは一切ありませんので、直球で聞いても大抵はしゃべります。私はいつもこの手で末尾日イベントに関する情報を手に入れています。

 


あまり知られておりませんが、末尾日イベントってのは特定日だけ釘を開けて翌日は締める方法と、段階的に調整する方法があります。段階的だというのは開ける時だけです。締めるときはどこも同じ。何故このようなことをするかというと、一発で大きく動かしたら、回り過ぎや回らなさすぎが生じるというリスクがあります。一旦僅かに開けて1日の稼働を見てから更に開けるか、そこで据え置きかを決める。こうすると当日狙ったスタートに限りなく近い状態で営業ができるという事。滅多にこのような営業をしてくれるパチンコホールはありませんけど、家の近くにこのような店を見つけたらかなりラッキーです。お客の立場としては、2日間稼働できるのですから。いずれにしても末尾日イベントの情報を精査することがパチンコで勝つための近道。

 


という事で8月11日からの3日間は、末尾が1,2,3なのでこれからの3日間はイベントが利用できないという状況に陥りました。諦めかけたその時、差し込んだ一筋の光。その名はマルマン下市場店。本日からの3日間はこの店に期待しましょう。

 

本日は3時オープンなので、自分的にはかなり苦手なオープニング。然も並びの若番にはおなじみのメンツがずらりと並んでいるので、沖縄は遊技台を確保できるかどうかさえ微妙。店に入ると沖縄の島には1台だけ、空き台というか釘を見て迷ってる人約1名。その人が見送ったのですかさず押さえをしましたが、釘を目にすると、明らかに足りない。パッと見6.3~6.4程度しかなさそうだったので、沖縄を見送り同じ島内にある桜ライトに作戦変更。今日はこっちの方が甘いです。どうにか桜で1台確保すると、ちょうどそのころ西尾組のお二人さんが慌ててこの島にやって来た。出たな妖怪七変化。事もあろうに姐さんの方は私の左隣に陣取り、今日は仲良く並んで桜ライト。

 


打ち始め144回転で、ガオガオチャンスから魚群。ミドルのガオガオは魚群結構はずれるから、あんまし期待しないけど今日はここまでにらしいのがなかったからここは当たるような気がした。めでたく4ラウンド確変を引いたけど33回転でも当たらず、時短の67回転でも当たらず何と!何と!なんと100個もの玉を減らしてしまった。この店は止め打ちが禁止なのかどうか良く知らんけど、そんなこと言ってる場合じゃない。その後、バレない程度の止め打ち戦法に切り替えることにした。初っ端の出玉が350から始まって250になっちまったので、時短を抜けるとすぐ買い足し状態に突入する。桜ライトはこれだから嫌なのよ。時短付のST機だから良心的でしょっていう理屈は理解するけど、それならばアイマリンで十分。1/100で演出できるST+時短の世界観を1/200に持ち込まなくても良いのではないだろうか?ただ単に確率を重くしただけのマシンとなる。今日この台を打った感想としては、1/320のミドルよりも危険度が高いという印象。

 

買い足しに出てしばらくすると、今度も魚群で当たったけど、すぐにワリンが出て8ラウンド確変。昇格するか否かの場面で、ワリンなら8R以上が確定。ウリンなら16R当たりが確定だ(多分)。この後16R×4となってここは6連チャンで6090個也。ほっとするも束の間、ここから捕まって残り3950個となったときに、4Rを引いてやれやれ。ここが連荘しないと持ち玉壊滅のピンチだなあと思ってたけど、これが16R×2回込みの8連チャンで4730個。時間は6時30分。時間的には全然早いのだが、今日はこれまで。隣の姐さんにこれで止めるよって一言挨拶したら彼女はびっくりしてた。でもこの桜ライトという台は、かなり嫌な台ですね。4Rの後、時短中に玉を減らすと250個くらいで終わってしまう。当たるたんびに250個もらって買い足しばっかりやってると、すぐ4万円くらいはなくなってしまう。ミドルの320に比べても、4万円以上負ける確率はそれ程大きく変わらないような気がする。さりとて4万円以上勝つ事はミドルよりも圧倒的に少ない。分が悪い台。

 

1つ離れた右隣のお兄さんは私が辞めるとき1000回転超え。これをやってしまうとほぼ取り返せない。アイマリンか沖縄のどちらかで良い。中間の桜ライトには遊技する価値をあまり感じない。この店は沖縄があまり開いていない時点で先行きは暗い。並びに加わった打ち子の中でも、沖縄に陣取ったのはCクラスメンバーだけ。Aクラスメンバーは皆ハナハナに興じていたよ。俺ももうそろそろハナハナに手を出そうかな?名古屋地区のAタイプは、ジャグラーとかキンパルはさっぱり人気がなくて客が集中するのはハナハナだけ。パチスロへの移行も視野に入れねばならないと感じるのでした。さて、この店に関しては時差オープンしてる間は行くつもりですけど平常オープンになれば無理でしょうね。

 

桜ライト
低確率3/696(1/232)
高確率12/262(1/21.8)
売上2625
貯玉8746
21300円相当プラス

16R×6、8R×2,4R×7
スタート6.9


今週の8月7日に、私は規則改正に対する意見書を提出しました。2000文字ってのは少ないのでかなり内容を割愛しました。上手く伝わったかどうかはわかりませんが、やれるだけのことはやったと思います。規則改正後は、先日のような出会いはなくなるのですね。あの二人似顔絵上手いし結構才能あるんですけど、なかなか売れるまでにはいかないかな?まかりなさんのような人達は大好きなので、月末の単独ライブには行ってみようかと思ったのですが、さすがに平日の東京では無理!でも基本売れない芸人を見ると頑張れと思うし、パチンコでも勝てない人間をみると勝たせてあげたいなと思う。基本、駄目な人間は大好きですね。何故かっちゅうと、私自身が人生の失敗者だし落ちこぼれ者ですから。芸能界という場所には出場枠限られてるので、才能があっても枠に入れない人は掃いて捨てるほどいます。そうした人達がパチンコに目をつけ、この業界での営業活動に活路を見出そうとする例は数知れず。可愛い顔した女性で雑誌関連のライターやってる人なんてのは大抵は、芸能界での成功を目指したものの夢かなわず。それはそれで良かったと思うのですが、彼等はこれからは消えていくでしょうね。パチンコ営業する芸能人とかパチンコ・パチスロライターという存在は今後淘汰されるでしょう。世の中の落ちこぼれの受け皿として、パチンコやパチスロには存在価値があったし、この国はそういうことに寛容な社会だった。3店方式を認める国は世界中どこを見渡しても日本しかないだろうし、グレイな色を白といい続ける日本人は素敵な人種だった。


そういったことを全て許せる寛容な社会、寛容な国であって欲しかったですね。貴方と同じ時代を過ごせたことに縁を感じます。例えパチンコの規則が理不尽なものに変えられても、まだまだやれることはあるはず。同じ時代を過ごした者同士が同じ夢を叶えられますように。


同じこの時代に僕らは出会えた
同じ夢を叶えられたら素敵じゃないかな

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Page Top