ハンドルの持ち方にも気配り

私が最も嫌いだったプロ野球選手でありプロ野球監督。星野さんが亡くなったというニュースを聞いてびっくりしました。死んでしまえば過去の嫌な思い出もそれほど嫌ではなく、かえって寂しい気持ちになりますな。何せこの男は現役時代から、巨人戦になると闘志むき出しで…何でそんなにムキんなってかかってくるんやと何度思ったことでしょう。そんな星野仙一さんですが、私は一度だけ真剣にこの人を応援したことがあります。忘れもしない1973年の最終戦のひとつ前の試合。高橋一三さんが亡くなった時に甲子園での最終戦の事を書きましたが、この年は巨人のV9が極めて危うかった年。エースの堀内恒夫は大不振で、ボッコスコに打たれまくって12勝17敗。長嶋茂雄は親指を骨折して退場したし、王は最後は腰痛でボロボロ。この年はもうアカンわと観念しておりました。優勝するのは阪神だと思い諦めてたんです。阪神は公式戦残り2試合でどちらかが勝つか、引き分ければ優勝。中日(ナゴヤ球場)と巨人(甲子園)との2試合を残すのみ。一方巨人は残り1試合で最終戦が甲子園での阪神戦でした。

 

その129試合目。ナゴヤ球場でマウンドに立ったのが星野仙一でしたね。この試合は、後述で星野さんが語っておりましたけど、まっすぐをど真ん中に放り込んでたけど、阪神のバッターがみんなガクブルガクブルで重圧に押しつぶされてバットが振れんかったそうであります。途中まで3対2で中日がリード。このとき、ナゴヤ球場の後ろを新幹線が通過。乗っていたのは甲子園球場に向かう巨人軍の選手たち。今みたいにリアルタイムでワンセグなどなかった時代。巨人ナインはいったい何を思う。ナゴヤ球場は東海道線では名古屋駅の次にナゴヤ球場前という駅が有りまして、名古屋駅のすぐ近くにあるんですね(今も残ってます)。新幹線も平行して走ってるのですが、実際にデーゲームで中日と阪神が試合をしている時間帯に通過したというニュースがテレビで流れました。試合は後半に木俣のホームランが飛び出して4対2で中日が勝利。優勝の行方は甲子園の最終戦までもつれることになったのであります。この時の試合はリアルタイムで見てたのですが、最初から最後まで星野さん頑張ってという思い。後にも先にも彼を応援したのはこの時だけであります。

 

ナベ恒さんから巨人軍の監督をやって欲しいと頼まれたのは事実みたいですね。巨人の監督はOBからしか輩出しないを頑なに守って断ったらしいですが、やって頂いても良かったなあと今になってしみじみと思います。 監督としての才能は秀でたものがあったので星野巨人というのも見てみたかったですね。ご冥福を祈ります。        

 

 

昨日は四十九日の法要で、またお寺さんのお経を聞いて退屈だった。私はこういうのは苦手で本当はやりたくない。無宗教なのであります。荷物の撤去が徐々に進んできたので、2月末でマンションを解約することにしました。それに伴い住所変更とか、重複家電の廃棄とか、コミュファ光の解約とか色々とやることが盛りだくさんであります。不要家電製品を買取しますという広告が入ってたので、昨日業者を呼んで見積もりを頼んだ のですが、ちょっと古いと買い取れない。嗚呼、詐欺みたいな奴だった。結局最近買い換えた乾燥機付きの洗濯機だけが500円ですって言われて追い返しました。何のために呼んだのか?名古屋市の粗大ごみで 捨てるしかなさそうです。洗濯機と冷蔵庫は家電量販店を呼ぶしかないけど。コミュファ光を解約するにはちと手間取ったでござる。こちらから電話しても受け付けてくれず、相手から電話をかけてくるからの一点張りだったので、思いのほか手こずった。コミュファさんに関しては電話に出る人出る人全てが横柄な物言いをするので相当腹が立った。何様殿様か知らんけどコミュファという企業に将来性は感じないな。        
        
        
        
        
本日は一応イベント?らしき匂いがするのでのこのこと出かけてみる。するとパチプロのSGTさん一味と久しぶりにお会いしました。去年の2月以来だな。今日は3人でお越しになっていて、出玉共有だから乗り打ちのようです。最近のパチプロさんはピンで営業してる人でも、かなりの頻度で乗り打ち痛み分けということをやります。背に腹は代えられないという台所事情が顕著になってきました。昨日の夜色々と呼出ランプを見ながら過去履歴をメモって帰りましたが、ここの表示器は総回転数が電サポ除外タイプなので注意が必要。時短中の回転数と確変中の回転数が除外されるので、総回転数÷大当たり回数の判断基準変わります。通常の呼出ランプでは大海物語の総回転数÷大当たり回数は164が平均値です。(12/9の記事参照)。電サポ除外の呼出ランプを見る時の判断基準を書いてみます。        


大海物語100回当たった時の総回転数(突確変込)        
低確率45回の所要回転数は14400   
高確率55回の所要回転数は2002   

ここから時短と確変中を抜きます。   
時短回数は4500×0.73=3285   
高確率55回の所要回転数は2002   
   
   
つまり16402から5287を引きますと11115となります。大体1/110が平均値となりますね。このような呼出ランプで当たっているか否かを確認するときは、110という数字を目安にするとよいでしょう。110よりも数字が小さければ当たってるし、数字が大きければ躓いているということになりますね。呼び出しランプによって、数字を表示する基準が変わるので、遊技者としては常に数字を補正しながら付き合う必要があります。総回転数表示は、概ねリアル総回転数か、電サポ除外ということになりますので両方の数字を覚えていると役に立ちます。   


大海物語4    
リアル総回転数表示では164が平均値    
電サポ除外表示では110が平均値  
  
    


狙い定めた台に陣取って勝負開始。1/3よりは左が僅かに足りないけれどまだイケルでしょう。打ち始め最初の1万円で235回転、次の1万円で255回転となって横スタの入り具合に満足感があります。でも乗り上げ玉が殆どないので、今日は横だけの1日となるでしょう。2万円使ったところで当たりそうな奴が全くないので、クリスタルモードに切り替えます。581回転目にようやくらしき演出が来て、赤煽りからネッシー登場でボタン押し。ピキンと鳴ってタコで止まり15R確変。やれやれ。ここは3連チャンしたので4730個。ここから280回転で単発。236回転で3連、115回転で単発と勝てるのか勝てないのか分かり難い展開だったけど、次の当たりで勝敗が決まる。    


238回転目にブルブルチャンスが当たってストレート9連チャン。15R2回有って13600個。本日の勝利が確定しました。

 


この後163回転目に単発、その時短中39回転目に単発を引いた後、唖然とするくらい当たらなない。936回転嵌って単発。その時短中27回転で単発ということで5連単。せっかく8連確を引いたと思って喜んでたのにこの5連単で意気消沈。今日は4時ごろいつものお兄ちゃんが北斗無双の島をうろついていたので、今日は多分遅番だと思う。そう思うと気もそぞろで遊技どころではなくなるのだが、それに輪をかけたように例のパチプロ3人衆が、こともあろうに私の右に3人が居並ぶという暴挙をやってくれるので話になりませんわ。こんなにたくさん遊技台があるというのに、ここに4人が終結せんでも良かろう???加えてこの3人の態度が危なっかしくて見ちゃおれない。若いのはスマホ見ながらの遊技だし、後の二人は固定ハンドルで、右手できちんとハンドルを握っていないので見てて冷や冷やする。固定ハンドル自体は大目に見てくれるのだが、それでも右手でしっかりとハンドルをホールドするように握ってないと駄目なのですよ。ハンドルを固定して、ドル箱の上に手の甲を乗せて中指だけで導通するのです。この行為はこの店では、出入り禁止行為に該当するので気を付けて頂きたい。

 

普通の店なら、注意⇒イエローカード⇒レッドカードという順序がありますけど、この店は注意=レッドカードになります。言われてないから大丈夫と思っていても言われてからでは遅いのです。気配りし過ぎじゃないかなというくらい気配りしててもまだ足りぬ。私は石橋を叩いても渡らぬくらい慎重に歩を進めます。        


        
大海        
(1) 581回転、3連       
(2) 280回転、単発       
(3) 236回転、3連       
(4) 115回転、単発       
(5) 238回転、9連       
(6) 163回転、単発       
(7) 39回転、単発       
(8) 936回転、単発       
(9) 27回転、単発       
 255回転、当たらず       
 9/2870、確変12、単発9       
 15R4,12R17        
 
貯玉使用2500       
 売上3625       
 貯玉14479       
 28900円相当プラス       
 スタートは6.7       

 

 

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Page Top