パチプロの魂を感じたひと時

先週はまたしても姐さんとの並び打ちになってしまいました。こちらとしては彼女の諜報戦略におびえながらの遊技。そんな阿呆なと思ってる男性陣の諸君に一言申し上げます。貴方の耳元でフェアリンがささやいてくるのですよ?そんな状況で貴方の理性は持ちこたえられますか。   
   
   
隣で彼女の戦績を見ておりますと、朝一846で単発。2回目は926で2連。3回目に462回転で当たってからでした。都合69000円ほど投資してから巻き返しが始まって、終わってみれば24000円くらいのプラスで遊技を終えております。凄いですね。まさにプロ中のプロ。一芸に秀でた人達のパフォーマンスには感服せざるを得ませんね。この方に初めてお会いしたのは2014年のこと。以前にも書きましたがパチンコ三洋に出入りしてた時期で、正確に言うと2014年の8月3日(日)でした。この日は私がギンパラMXの158番台に陣取って、姐さんは二つ隣の161番台(中カド)で遊技。彼女の台は初っ端から躓いて、朝一1550で単発。そして122で3連。この出玉を全部飲まれたところで500回転くらい回ってたでしょうかね。玉が尽きたと同時にケツを割りました。 実践ではこの後嵌り台を狙った常連のオバちゃんがこの台に居座って720回転で当たってから爆連しました。 


2014年8月3日、パチンコ三洋 
ギンギラパラダイスMAX161番 
(1) 1550回転、単発
(2) 122回転、3連
(3) 722回転、31連

 

都合2400回転くらい回してからの爆裂で、近くで見ていた私はビックリ仰天。ありがちな止めた後爆裂パター ン。この日の様子を見てると自分が打ってたとしても、そこで止めるだろうなあの展開でしたが、彼女は見かけ は上品な美婦人だったのでルックスと一致しない打風に驚きました。堅気の人間ではないのですねと思った のと同時に、その時の微動だにしない姿勢が強烈な印象として残りました。そしてこの台は、この日を境として 爆裂状態が2週間も継続。何と何と!その間お客様の勝った金額が96万円くらいに膨れ上がるという凄まじいばかりの当たりっぷりを見せたのでございます。その2週間の間は私に遊技機会がありませんでしたが、いつかはこの台という思いを強く心に刻んだという次第。そしてこの161番台こそが後に起こった歴史的な大事件へとつながっていくのです。


西尾の姐さんが8月3日に遊技して1カ月ちょっと経過。一時は瞬間的に100万噴いたこの台も沈静化した後、機が熟したと思える週末の朝。9月13日に私は最前列に居並びました。ところがその日に限って今日は抽選だよと言われて嗚呼無情。これが世にも有名な世紀の台被りでございました。そんな因縁があるものですから姐さんとの出会いは強く印象に残っております。勝つためには手段を選ばないやり方をする人は世の中に結構いるもので、例えばサングラスの兄ちゃんみたいに回る台を打ってるだろうと思しき奴を狙い撃ち、横取りする輩もいれば、西尾組のお二人さんみたいに、ルックスを武器にして諜報作戦を展開するというやり方もある。どちらも勘弁してくれんかなと思うのですが後者のケースは稀有ですね。この年になってまた新しいことを勉強させてもらったと良い方に解釈しておきます。

 

一時は俺に惚れとんのとちゃうんかい位に思ってた能天気なバカ野郎の運命は、彼女の諜報戦略に陥るという情けない状況を招きます。さすがにこの戦略はいかがなものかと思うのですが、ゴーニィ訪ねて3000里みたいなのはマジ勘弁して欲しいし、家から60km離れても70km離れてもどこまでもついて来るというのは恐怖心すら覚えるのですが、ただこのお二人さんには特筆すべき点があります。それは何かというと、パチプロとしてのプライドですね。4年前からのお付き合いで、今まで何度も同じ島内で遊技をさせていただきましたが、この二人夫婦パチプロという形をとっているにも拘らず、今まで一度も出玉を共有したことがありません。朝一から1500でも2000でもブッコンでいく遊技スタイルなので苦しいことも多々あったに違いないのですが、そんな状況でも片方が持ち玉を供給して相手に楽をさせることがありません。夫々が勝てる台に座っているはずだから、自分の力で何とかしなさいよという営業スタイルは他の専業者にはない形です。元々ピンで立ち回っていたパチプロでさえも最近の厳しい状況では、単独収支決済を諦めて、ノリで回す営業スタイルが増えている中で、西尾組みのお二人さんのように単独の収支決済に拘る姿勢には「天晴れ」です。

 

夫婦連れならば、出玉を共有して客滞率上げた方が有利なのは当たり前。常に有利な環境に持ち込もうとするのが大事なのは当たり前。然しながらそういう行為は、反面楽な環境でしか勝てなくなっちまうという側面があるのも事実です。苦しい局面にぶつかったとき自分の力で乗り越えられなくなると技量低下につながります。例え夫婦で遊技してたとしても、持ち玉の共有をやらずに個人決済にした方が、個々の力はあがると思いますね。それと同じようなことをやった人がいます。実は私は今から8年くらい前に、一時的ではありますがめおとパチンコをやってた時期があるんですね。キッカケは嫁が小遣いが欲しいと言い出したから。パチンコでそんなに勝てるんなら私も連れてけよっという事になって、イベントの時だけ連れてったろかという時期があったのですよ。その時の成績が下記の通りです。

共パチ

 

2010年~2011年にかけての出来事で、場所はタイホウ熱田店。末尾が6の六番祭か月末土曜の大タイホウdayの時一緒に出掛けたのです。嫁にとっては生まれて初めてのパチンコですから、最初は色々と苦労したけれど、私が指定する台に座って遊技するだけなのですぐ軌道に乗りました。9回目までは25万円くらい勝ってたのですが、後半ボロ負けして終わってみれば35000回転で12万のプラス。TSが351で確変突入率が62.6%ということでほぼ額面通りの数字なので、稼ぎとしては悪くないのですが、如何せんボロ勝ちとボロ負けを繰り返しております故、嫁の実感としては、「あの時は負けた印象しか残ってない」そうであります。最後の朝一1400嵌り当たらずの時、嫁の我慢が限界に達したらしく、それ以降は一緒に出掛ける事はなくなりました。9回目の実践では、嫁が最初に座った台の当たりっぷりがやばかったので、この日は遊技台を途中で入れ替えました。最初に嫁が打ってた台を私が遊技して、私が最初に打ってた台を嫁に打ってもらって事なきを得ております。そういうわけで一度だけ救済措置を取りましたが、全部で15回の遊技中、苦しい局面は何度もあったのですが私は一度も出玉の共有をする事はありませんでした。パチンコを始めるのであれば、技量アップをして頂きたいということと、ギャンブルでお金儲けをするってことはそんなに甘くないってことを実感して欲しかったのですね。この出来事があったせいか、それ以降はパチンコに出掛けようとする私に対する接し方が変わりました。妻には苦しい思いをさせて申し訳なかったなあと思う反面、パチンコで勝つ苦しさを理解してもらったのだからという収穫もあったように思います。


個々の技量アップをするためには、玉を渡して楽させるよりも、嵌りに直面したときの苦しみを自分の力で打ち破る精神力を身に付けた方が良いと思います。まあそうすべき状況か否かは、個々の家庭の事情がありますから他人にこれを求める訳じゃありません。然しながら西尾組のお二人さんは、これを意図してやっているのではないでしょうか?互いの能力がさび付かないようにしておかないと、どんどん技量が低下する。それが分かっているから持ち玉のやり取りをしないのだと。これがパチプロの魂ですね。一般にパチンコの世界では楽をして勝つことを覚えると、どんどん技量低下を招きます。持ち玉の共有はもちろんのこと、潜伏狙いばっかりしている人もそれに該当します。無論潜伏狙いが悪いわけじゃないんですが、勝つための発想が楽な方へ楽な方へと飛ぶことが危険な兆候で、これに陥った人は技量低下を招いてしまいます。いくら昔は勝ってた勝ってたと申しましても、このようなことばかり続けていたらどんどん技量の低下を招くでしょう。玉の共有、遊技台の潜伏状態。有利な環境に持ち込むことばかり主張する意見は多いのですが、それが必ずしも正解ではないと訴求したいですね。楽な勝ち方の裏側には、技量低下につながるという危険性がある事を忘れてはなりません。


楽な勝ち方を求める行動は、貴方の才能をスポイルします。

 

有利、不利には全く関係がないのですが、私のような6時間パチンカーにも同じ様なことが言えますね。パチンコホールの営業は14時間程度ありますので、休憩を挟んだとしても12時間稼動するのが基本です。私はそこまでやるのが辛いので、それよりももっと早い段階で勝ち逃げすること、もしくは白旗揚げることが多いのですがこれは確実に技量低下につながります。12時間苦労して手に入れた玉は珠玉の価値有りですけど、それを6時間で勝ち逃げしちまったら楽して勝っているに他なりません。楽して勝った人間は自分が気が付かないうちにどんどん技量が低下していきます。そういう意味ではここ数年で培った早上がりパチンコもいつかは見直さなくては、私自身の遊技生活に明日はないでしょう。3月25日は早めに引いてしまった自分と、最後まで打ち切った姐さんとの差が付いてしまいましたが、一応自分なりの言い訳を書いておきます。朝一から売上玉の計上がかさんだ時、果たしてどこまで遊技を続けるのが正解かと考えたことがありました。そこで私は過去10年間の遊技生活を振り返り、売上玉が10000個以上だったときの成績を集計することにしました。その頃は4万円以上の投資があったときは、大体8万円まではノータイムで投資を続けるという遊技スタイルでよっぽど回らなければ9万円とか10万円までは打たないという方針でした。ですから売上玉が10000個~20000個までの勝ち負けの収支を合計してその平均値を求めたのです。

 

その結果が4万円という数字でした。早い話4万円以上ぶっこむような厳しい状況のときは、そこから深追いしてもしなくても結局は4万円程度は負けてるということですね。この数字が25000円とか3万円とかならば深追いする一手なのですが、これが4万円といわれれば考え込んでしまいますね。この数字を算出してから少し考え方を変えてしまいました。常々負けフラグが立てばあとはお金をドブに捨てるだけの言い分は、この統計数値を算出してからのもの。最初に躓いたあと、もちろんその後に爆裂するときもあれば、そうでないともある。然しながらその平均値は、最初に4万円失った金額がそのまんま残るのだと。ならばその後の苦しい遊技時間は、他のことに充当した方が良いのではナイダロウカ?

 


無論、これは言い訳ですね。

 

4万円で止める根拠にはなりません。スタート6.9の状況なら、西尾の姐さんが勝負したように最後までぶっこんで行くのが王道です。今の自分には、スタート6.9でも低確2300を取るのが困難な状況に出くわすことしばしばなのですが、それを打ち破らねば先はないでしょう。自分なりの創意と工夫で、技量低下を可能な限り抑えるやり方を見つけようと思います。西尾組のお二人さんのやり方には唖然としましたが、同じ島内で彼らの遊技姿勢を見ることは刺激になります。こちらも負けないように頑張らないとな!という気持ちにさせてくれます。今日掲載した内容は、不甲斐無い自分自身の遊技姿勢に対する戒め。

 


いつものように月末は仕事だから、1日限定のパチンコ。それでさえも憂鬱なのに、今週は月曜日に様子見に行くと唖然とするくらいアイテました。これを見て、まだこの店はやる気があるなと思ったのですが、それと同時に今週末は大変なことになるんじゃないかと思っておりましたね。何でかっつうと、月火水と超甘釘で稼働が高めに推移して、エンジンが十分にあったまったところで木曜日のサンキューイベント。ガツン、ドカンと噴き上がるのではなかろうかという懸念点。もしそうなったら金曜日には手のひらを返したよううに釘が締まるであろうと予想したからであります。悲しいことにこの予想はものの見事に的中。木曜日は店に行かなかったけれど、翌日の稼動成績からそのような爆裂状態が確認できましたし、遊技釘も思いっきり締まったのであります。


アケ過ぎなんだよねん。

 

それに気づいた人も数名おりましたが、土日パチンカーの私としましては手の打ちようがない週末。土日だけに限定した遊技活動には限界を感じます。これだから土日パチンカーってのは嫌だよなあ。巡り合わせが悪いと自分の運気に関係なく過酷な週末を迎えることがあるからです。否。こういうのを自分の運気が低下しているというのでしょうか。島全体が重いっきし締まった惨状を目の当たりにして今何思う?明日はこの店を放棄してマルハンの月イチイベントにでも行ってみようか?ってことで様子見に来たのを取って返して大急ぎで次の目的地に向かうと閉店間際にはたどり着けました。大海の島は現時点では打てないレベルでしたが、あとちょこっとでもアケてくれたら遊技できる程度の釘調整であります。果たして明日はアケルんでしょうか。イベントだ、イベントだと言いながらもたまにこの店は全く無調整で来ることがあるから怖いんだけど、0.2くらい開けてくれたら何とかなりそうだ。この店は貯玉使用無制限だから6.5くらいあれば座っていられるよ。明日はこの店に来てアイテれば大海を打つけど、アイてなければ遊技は放棄。最近は麻雀格闘倶楽部にあんまし染まっていないので、久しぶりにドップリ嵌ってみたい気分ですがどうでしょうか。引っ越してからは駐車場までが少し遠いので、家に帰ると出かけたくないんです。去年まではマンションの隣が駐車場だったので、仕事帰りにしょっちゅうラウンド1へ行ってました。この家に来てからそういうのがメッキリ少なくなりましたね。

 


今日のお話は殆んど愚痴ですね。あんまり気にせんでください。最近あまりにも不甲斐無い遊技生活が続いております故、こういう事を書いてみましたけど、本当にパチンコを取り巻く環境は厳しくなったなあと痛感する日々。皆様もどうぞ技能レベルの低下にはお気を付け下さい。

 

コメント

  1. I’m extremely inspired along with your writing abilities
    and also with the layout to your weblog. Is that this a paid theme
    or did you customize it yourself? Anyway stay up the nice
    high quality writing, it is uncommon to see a
    nice blog like this one these days..

  2. I will right away grasp your rss as I can’t find your e-mail subscription link or newsletter service.

    Do you have any? Kindly permit me know so that I could subscribe.
    Thanks.

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Page Top