俺たちの世界では未熟な者にいつかは訪れない

先週は第3日曜日に釘を開けることが分かったので収穫はありましたが、同時にネカセが足りないという物理的な問題も露見したので今後は総合的に考えて行動します。日曜日の遊技を終えた時点で、私は次なる戦いに向けて十分な供えを施しました。26日を月イチイベント扱いしているパチンコホールがあるからですし、その翌日はこれまでと同じような思考と行動では勝てないからです。26日の月イチに関しては複数候補があって遠征するか否かの判断を問われましたが、1月6日に遠征に出向いて店の状況を確認したところ、例え本日釘を開けたとしても足りないという判断でした。地域一番店という前評判でしたが、実際に覗いてみるとけんもほろろの釘調整。釘を開けるというイメージが沸かなかったので、大急ぎで地元に戻ってもうひとつの候補店舗を下見すると断然こっちの方がマシ。遠征する必要はないでしょう。何故1月6日に遠征したかというと6つながりだから。26日が甘いのであれば、もしかしたら6日も遊技できるかもしれないというスケベ心でしたが結局この日は遊技せずに終わりました。

 


然しながらこの店の26日イベントはあまり信用できません。

 

1/6時点では割と甘釘かと思えた台が多かったのですが、今週様子伺いをしましたところ超絶渋チンでしたね。明らかに逆ハの形状を示す遊技台が数多く存在し並行よりも狭い遊技釘を見てると、ここから開けたとしても遊技できるのかどうか不安。沖縄に関しては26日のイベント時では6.5くらい回るといううわさですがその確信が持てません。貯玉無制限というルールが引っ掛かります。カネ持ってる店の貯玉使用無制限ルールはあまり気にならないけど、資金力の乏しい中小規模店でこのルールは致命的な欠点になりかねません。そう思ってたところにゼブラ子ちゃんから愛のメッセージが届きました。

 


安心安定のサンシャイン京楽さんから、
みんな大好き必殺仕事人の甘デジが出たど!

 


今週は仕事人の甘デジで決まりと絵をかいていましたところ、週末になって急きょ豊橋に行かねばならなくなったので厄介な感じです。土曜日に先延ばしても良いことはひとつもないので、金曜日は車で通勤し会社帰りに高速ん乗って豊川インターまでひとっとびさせようかという目論見です。ということで金曜日は速攻で上がって302号線から名古屋インターに乗りました。名古屋インターから豊川インターまでは57kmありまして大体35分所要し料金は1660円です。1km当たり30円くらいが高速料金の相場ですが、ほぼその通りでしたね。豊川まではいたって順調でしたが、降りてからが最悪でした。豊橋ってこんなに道が混むんですね。そこから目的地まで45分もかかってしまったので帰りの道中が気になります。10時半までに平針までいけるのか?無事に8時過ぎには抽選権をもらったので、そこから大急ぎで来た道を引き返してサンシャイン京楽の平針店を様子見しました。仕事人の島は…全然開いてない。ぱっと見5.6~5.7程度ですが、もしかしたらそれさえ下回るかも程度の釘調整で、家に帰って出玉率を調べると、平針では10勝10敗、南では5勝5敗で大して客が儲かっていなかったので仕事人の甘デジを打つことは諦めました。この勝負はかなり危険です。

 


やっぱり26日の月イチイベントに乗っかることにしよう。

 

 

朝の並びは300人くらい?結構並んでいる。店に入ると沖縄はいうに及ばず、甘デジからミドルまで全然開けてねえじゃねえかこの野郎。って昨日の夜豊橋に行ってたせいでここには見に来れなかったのが非常に痛い。だからイワンレンドル。遊技前日の夜は必ず閉店前の釘調整並びに、店の雰囲気とお客さんの様子を探っておかないと有効なプランが立てられません。沖縄には的を絞っていましたが、釘足らずなのでこのシマはパス。それ以外はノーマークだったので家に帰るか否かというせめぎあいですが、遠路はるばる月イチイベントだからとやってきて手ぶらで帰るのは辛いので、今日はおしおきくのいち忍法帳という台にチャレンジ。かなり勇気のいる選択ですが、比較的新しめの機械しか打てないような気がした。それ以外ではゴルゴ13がよろしい。

 


打ち始めも何も、この台は1/30でスコスコ当たり続けるのでどのくらい回ってんのかがわかり難い出玉は1回当たり90個くらいが平均値だろうか?数字を毎回確認してたけど均してみたらそれくらいだった。後で集計しないとスタートは良く分からんなあ。1/30だから当たることは当たるけど、90個の放出で毎回1/30と戦っていたら負け続けるに決まってるので、この台は延々とお金を吸い込まれっぱなしの状態になる。

 

ツライ


なんでこんな台に座った?別の店でデータを見てたら初日にいきなり2万個の一気だしとかやってたのでこの台のことが気になって仕方なかったという次第。打ってる人の姿を見てたらやけに楽しそうに見えたけど、いざ自分が打ってみると思いのほか辛いということがよーく分かった。これは大変な遊技台だ。突破型の極みなれど、このような仕様は私が一番嫌いな台ではなかったか???2回ほどおしおきチャンスに入ったけど、どちらもあっさり終了にておしまい。この台はまずは1/30で大当たりさせることが第一の関門。第二の関門はおしおきチャレンジに行けるか否か。そして第3の関門はおしおきチャレンジが成功するか否か。関門が多すぎる。電サポまでのハードルが高すぎてお話にならない。都合14回当たったけど一度もおしおきチャレンジに成功することはなく夢は一瞬にして散り去った。一撃の2万個という目論見はどうなった?

 


我慢にも限界というものがある。今日は何でこんなことになったんかようわからんのやけど、やっぱり豊橋遠征がたたったわ。昨日の夜じっくりと店回りをして、閉店間際に明日のプランをしっかり立てておれば、この台を遊技することはなかったのと違うんか。さりとて豊橋遠征は自分にとって、大切な意味があることなので今日のボロ負けはやむを得ないのではなかろうか。今日は我慢する一手であろう。

 


我慢できなかった。

 

頭に来たから、ゴルゴ13もにも手を出しちゃる。スペックも良く分からん台に手を出すとなると世も末だと思うけれど今日の場合はパチンコをしたという気分になっていないのでなかなか帰ろうとしない。空き台に座ったゴルゴ13だが80回転くらいでまずは激熱演出をひとつ。まあ平和の台は煽りが大好きだからと進めていると101回転目に激熱テンコ盛りの奴が来て888。問題はこの後の5回転。1/7.4の確率を5回転以内に当てないと意味がないこの仕組みはシンフォギアそっくりだが、私は本当何らかの条件をクリアしない限り玉が貰えないという仕組みは嫌いだ。どこまでもどこまでも買い足しが続いてお金を使うばっかり。


この台も5回転を無事に消化してジ・エンド。888で当たった時に何だかパチンコしたような気分になったしその後の塩対応で今日は負けたんだと自覚したよ。 


おしおきくのいち忍法帳 
(1) 15
(2) 56
(3) 27
(4) 13
(5) 22
(6) 59
(7) 151
(8) 12
(9) 22
(10) 27 
(11) 37 
(12) 46 
(13) 1 
(14) 80 
 35 当たらず
 14/603(1/43) 

売上玉5000  
TY1260  
景品0  
自力回転数603  
ということはスタートは6.9  
ゴルゴ13との合算で26000円マイナス  

 

 

ヘタクソもいいとこ。      


ヘタクソすぎるこのパチ力を何とかしろ。ていうか連チャン機はこれだから大嫌い。1種2種混合機とか一撃タイプは死ぬほど嫌い。新しいことに手を出してみようという試みもたまには決行するわけですが、大抵はこのようにしてもろくも崩れ去る。こういうことがあるから沖縄に走るし沖縄を頼ってしまう。これからもますますその傾向が強くなると思うし、おしおきくのいち忍法帳は死んでもやらないと思う。高尾のバカタレ。お前なんかパチンコ台を作らなくていいよ。      

俺たちの世界では      
未熟な者に      
いつかは訪れない      

      

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Page Top