長期決戦

ジョコビッチとフェデラーの戦いを昨日の夜録画してて、今日家に帰ってゆっくり見ましたけれど、フェデラーとしては勝ったと思ったでしょうね。ファイナルセットの第16ゲームにピンポイントでブレークバックできる可能性はどの程度あるのだろうかと考えてましたけれど、勝敗を左右するのはいつの時代でもメンタルですね。ギャンブルもスポーツも勝負事は皆最後に勝つのはメンタルの強い人間と決まってます。私もクラッチヒッターでありたいと強く思うのでした。

 


末尾5大海。いつものように早めに出かけて中に入ると、今日はいつにもまして釘を開けてない。狙いの台を確保して冬ソナも見て回るがこっちも駄目だ。帰ろうか?否帰れない。50kmも離れた場所までやってきて手ぶらで帰れるか。先月打った時とほぼ同じ程度の釘調整だから、これでも打てるのと違うんか?という心理状態も無理からぬお話。ヘソは右が十分形で左が足りないということで11.75。昨日のサイボーグと同じレベルだな。先月打った台の釘を確認するとえらいことになっている。左側の打ち込みを強く叩いたせいか、左側だけ奥に引っ込まれた形状になっている。従って左と右では突出する長さが違うということでこの台は止めておいた。打ち始めダメ。横スタがまるで駄目。


20
39
54
67
84

 

横スタが全然足りない。運動エネルギーが大きすぎる。先月打った台は横スタが抜群だったから、ヘソが開いてなくても勝負できたけれどこれじゃあ駄目だな。この店は末尾5といっても釘を開ける時と開けない時があるし開けても0.1ミリ程度だからあんまり美味しい店じゃない。でも稼働はすこぶる高い。何故だろう???

 

 

最初の当たりは121回転目に5×6のノーマルリーチが6で止まって単発。ごっそり玉が減った。止め打ちしても玉が減るのは例の1本釘のせいだ。お次は151回転目に8個保留溜まった最後の回転でチャンス到来である。その手前でスペシャル魚群タイムに突入した。激熱だが奇数絵柄のリーチは全敗で偶数絵柄のリーチは全勝というのがこれまでの経験。此度は6でリーチとなってスペシャル魚群登場。これがデュゴンに変身して2連チャン。その時短中20回転目に赤いボタンの煽りからネッシー登場が更に大画面ネッシーとなってイタダキ。エンジェルフィッシュで止まって単発。その時短中23回転目にブルブルチャンスが発生した。最近は大海物語でこの演出が発生してもあんまし力入らないことになっている。今までの経験からどう考えても、沖縄より大海の方が斜め134の発生する頻度が高い。故に滅多に当たらないのだ。

 


ここも予想通りハズレで何事もなく時短を消化。その時短を抜けた直後にネッシー登場からのボタン押しがパリンと鳴ってサメで止まったけどこれが15Rセグで嬉々とする。こいつが3連チャンしたために9000個に到達した。1750個の投資で9000個の出玉獲得だからほぼ勝利は手中に収めたようなものである。回らないことだけが今日の気がかりである。どっかでぶん投げて勝ち逃げしようと思いながらも進めてくと、回りが上向いてきて嬉しい誤算。ここで一旦食事休憩を取って回転率を計算。6.0~6.3辺りまでの幅があるけれど、このまま上向いてくれれば長時間稼働も有りか?ちょっと欲が出た。

 

食事から戻ってくると全然まわりゃしない。最初に感じた横スタの悪さが顔を出してもう駄目。全ツッパか負け回避で迷うが今日は全ツッパ。その心はこの店を大事に考えているから。今日が一元の客ならば、この展開では絶対に深追いしない。勝ってるうちにスタコラサッサと帰るのみだが、この店はまだ可能性があるので、これからも堀を埋める作業を行わねばならない。ならば今日の全ツッパはその一環だ。ということで全ツッパしたけれど当たらなかったので手ぶらでお帰り。勝てると思ってきたはずの勝負なれど、ここまで回りが酷いとは思わな勝った。否ここまで釘を開けないとは思わなかった。何がツキイチだ。

130


パチンコビレッジで投稿を行うようになってからは、珍しい負け方ですね。店を大事に考えてる時は、このような負け方は日常茶飯事だったのですが、今ではそのようなお店は殆どないのでスタコラサッサと帰っておりました。今日は玉がある限りは、最後まで見届けねばならぬと心に決めての遊技でした。それにしても50kmも離れた勝負だとやっぱり堀が埋まっていないというか、前日の下見含めてお店の定期観察ということができていないので辛いですね。距離感を感じるのはこういう時ですが、それでも私が決めたこと。辛い、泣きたいは承知の上でパチンコを打っておりますのでもうちょっと頑張りましょう。このような日でも勝てるレベルの人間にならねばならんのです。釘の動きが極めて少ない店なれど、常にボーダー超える台が何台かはあるのでそれを見逃さずに捉えきれるか否かが勝負の分かれ目。6月30日はその僅かなポイントをジャストミートしたのでした。自力で堀を埋めるしか手がないので地道にやっていきます。
 

 

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Page Top