覚醒

勝敗は兵家の常
勝敗は兵家の常とはいえ
今の大ヤマト零号に私が勝利するのは
いともたやすいことなれど
貴殿の艦は今も成長を続けている。
どこまで進化するかしばしの時を与えよう。

ガイラー

オズマ艦長

 

 

仕置人

 

最初に冴島鋼牙をみた時は、これがポスト北斗無双だと思ったけれど、その次に仕置人をみた時に一瞬で気が変わった、断然こっちの方が良いからだ。ヘソ当たりの出玉は北斗無双でさえ高々780個から800個程度なので足りてるとは言えない環境だったけど、打ち手はもろともせず厳しい環境を撃破した。要するに北斗無双を好むような人は、1/2さえ撃破できれば大量出玉が獲得できるという仕組みに満足しているので、初っ端の出玉が300なのか800なのかっていうのはあんまり問題じゃないんだと思う。3個賞球で尚且つクッソ回らないゲージでありながらも北斗を打ち続けてきたような人たちなら、此度の仕置人は大満足の仕様だと思う。

 

北斗無双とて厳密に言えば1/2のカベではない。

 


63.9%のハードルさえ飛び越えればそこは夢と希望に満ち溢れた桃源郷だ。そもそも論として、このような機械を評するにあたり単発終了を大当たりと定義すること自体がナンセンスなのだ。単発は大当たりじゃなかったんだと大脳に記憶させておけば戦闘意欲が途切れることなく盤面に向かってけるのではないか?すると次のような考え方が脳を支配するようになる。


必殺仕置人の確変TSは320÷0.361⇒500である。   
大当たり確率が1/496.5の大ヤマト2に似たゲーム性である。   
大ヤマト2でさえ確変TSは496.5÷0.68⇒730だった。   
大ヤマト2引き戻し勘案すると確変TSは610くらいである。   
冴島鋼牙の確変TSは640くらいである。   
沖縄4の確変TSは450くらいである。   


大当たり確率が1/500で継続率84.7%の連チャン機ならば、やれないこともないような気がしてきた。以上のことを踏まえて本日の実践内容をどうぞ。苦手の8月をどう乗り切るかをずっと考えていたけれど、考えがまとまらず日曜日を迎えてしまった。8月は10日と17日が出勤日に当たるので、7月の時点でどちらか有給取ろうと思っていたけれどどちらもイベントである。10日はとあるパチンコホールさんの年イチイベント。17日は言わずもがなの末尾7沖縄。どっちを取るかで悩んでいたが信頼できる方を選ぶことにした。その答え合わせに行ってきたけれど大してアケテはいなかった。それを見てしてやったりの気分。自分が選んだ判断は間違っていないと思う。そういうわけで今回のお盆休みは、日曜日からの営業開始となるのだけどニューギンの直営店でVVゴジラというけったいなマシンが先行導入。他には無論末尾1北斗無双である。どちらを支持するかで迷うところだが、VVゴジラは昨日の夜に様子見すると、左側だけ0.1ほど締めている。ほんの些細な微調整なので、お店の人間は絶対にわかるはずがないと思っているのだろうが、こちとら百戦錬磨のパチンカーである。分からないはずがにゃい。それを見て私は北斗無双で一大決戦を決め込んだ。腹をくくらねば厳しいお盆休みは乗り越えられない。

 

その北斗無双。ムムッ、今日は釘がアイテない。遅れてパチプロのSさんがやってきたけれど彼に会うのは久しぶりだ。2日前はアイテたんだけどねと言って彼は朝一3連チャンでそそくさと止めて帰っちまった。2日前って何やねんそれ。何でもない日の方が釘を開けてるのかってことになるけれど、それはやっぱりお盆休みの厳しい営業ということで大苦戦を強いられることは必至。ならば打たずに帰るという手もあるが、この店を大事に思っているのならこの釘でどれくらい回るかは知っておきたいと強く思ったのでGOサイン。ヘソは11.75~12.00で限りなく12.00に近い方。左右非対称で左がやや足りないので回るはずがないのだが、ジャンプ釘に衝突した力学的エネルギーはグッドだったのである程度の検証結果は得られると思う。打ち始めの34回転で一撃当選チャンスに発展し666と撃破してくれた。これが絵柄再抽選で555で止まったので嬉しい確変スタートだ。弥七の狙った風車が的の真ん中を射抜いたか?

 


確変中はこともなげに16R×4、4R×4の9連チャン。12000発近い出玉。お次が194回転目に神拳ゾーンに突入し赤保留、キリン柄背景で見事222。これは単発で引き戻しもなし。お次は時短抜けの168回転目に赤保留から最後キリン柄を選択し555で三つ揃いを得たりでここまでは順調そのものだ。こいつが16R7回込みの15連チャンとやってくれたので笑いが止まらない。3万個近い出玉になっちまった。でも15連チャンしかしないってところに自分の弱さがあるな。北斗無双を打てば20連チャンや30連チャンは当たり前みたいな話を散々聞かされてきたけれど、20連チャンっていうのは簡単には実現しないですね。

 

休むことなく217回転目に金保留が666となったけれどいつの間にかに777に変わっててまたしても確変の当たりを得るがこれが16R4回込みの10連チャン。今日のコイツは簡単に10連チャン辺りまでは手が届くが、さりとてそれ以上手が伸びるわけでもないので大勝ちかショボ勝ちかの判断が難しい。お次は278回転目に金保留から最後キリン柄で222。これが再抽籤中に111に昇格して本日のボロ勝ちが確定した。


278回転目で当たった111は16R5回込の7連チャン。回りが落ちてきてもう止めようと思った頃合いで、またしても神拳ゾーンに突入した奴が当たって222の単発。この単発を消化したら今日は止めようと思っているとその時短中僅か13回転目にバトルに発展した奴が最後ロゴ落ちで「よっしゃー」。のしてやったりだ。ここで今日は一体いくら勝つのかと思いきやその確変中は大急ぎで130回転を駆け抜けて唖然。ここでSTがスルーするかって思ったけれど、世の中そんなに甘くはないですよ。

 

 


北斗無双 
(1) 34回転、9連(16R4)
(2) 64回転、単発
(3) 168回転、15連(16R7)
(4) 87回転、10連(16R4)
(5) 148回転、7連(16R5)
(6) 243回転、単発
(7) 13回転、16R×1
 3回転、当たらず

 低確率7/860(122.9)
 高確率37/2367(1/64)
 売上500
 景品53308
 スタートは5.85

 

まあクッソ回らない1日ですね。然しながら今までスタートが5.8の北斗無双を9時間も打つってことがなかったので私自身の遊技姿勢に変化がみられるように思います。北斗無双で盛り上がったパチンコ業界が、今後は必殺仕置人で大いに盛り上がるように思いますが、私もそれに乗り遅れないようについていかねばと思う次第。遅ればせながら北斗無双で初めて勝ったし、ST機で初めて勝ったという歴史に残る1日となりました。明日はゆっくり休みます(多分)。連休中の稼働をどこで取るかは四六時中考えておりまして、自分が確実に勝てるって思えば店に出向いていくし、思えなければ家でのんびりしています。

 


勝敗は兵家の常とはいえ
今の1パチユーザーに私が勝利するのは
いともたやすいことなれど
貴殿のパチンコ技量は今も成長を続けている。
どこまで進化するかしばしの時を与えよう。   

 

パチンコビレッジの読者の諸君   
私に勝てるかな!   

私に勝てるかな

北斗無双、191800円のプラス

A銀河

 

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Page Top