中国大返し

今年のパチンコはもう駄目だろうなと思ってるこの頃なのですが、原因はやはり去年に実施された消費税というところでしょうか。本日15日は月イチイベントと行きたいとこですが、最近この店は全く釘を開けなくなったものですから今日はある決意をもって伺いました。去年の11月16日に来た時に唖然とするくらい締まってたのでどうしてなのだろう?と疑心暗鬼になっていたのですがそれ以降も何度か店には来ておりますが、全く遊技に至らないほどの体たらくです。晦日の日も全くダメで、1月2日も全くダメということで今日駄目だったら潔くこの店は放棄するつもり。大体50kmも離れたところに来ているその心は、海系の島に良心ありという点を評価してのことですから、大海が打てなくなったらここに来る必要性はありませんね。9月までは何とかなる店という評価でしたが、10月以降に劇的なるまでに回らなくなったわけですから、やっぱり消費増税以降にお店の考えが変化したという見方をせざる得ないでしょう。
 
その肝心要の大海物語。最近この台で結果を伴いません。
 
いや間違えました。大海は元々結果を伴いません。最初っから嫌いな要素てんこ盛りの遊技機であります。皆さんは2021年になったらCR機が全撤去になるということで、北斗がなくなったら困る。来年になったら困ると考えておられるでしょうが、私実をいうと早く来年になって欲しいんです。沖縄や北斗無双が撤去になるのは寂しい限りですが、それと同時に大嫌いな大海物語が撤去になるので、来年からは大海を打たなくていいと思うと早く来年が来ないかなと思っています。
 
それくらい大海が嫌なんです
 

何故沖縄は当たるのに、大海は当たらないのかはだれかに説明して頂きたいのですが、わたくし本当に心の底から大海物語は嫌いなのです。その嫌いな台を目の前にして、今日も開いてませんでした。左右均等割りを期待しましたが、あからさまに左側だけが足りないのはいつものことで、これでは全台5.8~6.2の範疇に収まるものと判断しましたので結論は出ました。遠距離遠征して毛利討伐しに来ましたが中国大返しを決行します。ここは慌てるでない。この時間から次の場所に赴いたら、メインどころには全台埋まってるので空き台がない状態で右往左往する羽目になる。ここはひとつ冷静になって喫茶店で時間を潰してから行動に移そう。
 
お昼過ぎて1時ごろに次の標的に到着。無論ここも15日が月イチ。
 
 

大体この店の方が家から遥かに近いのだからここで遊技しようと考えるのが自然なのですが、何故か自分は遠征先にこだわっていた。その心はやはり去年の9中旬が忘れられないから。あれだけ回る大海物語を打ったのは初めての事だし、日本全国を見渡しても3.6円店で大海物語が7.7なんていうバカげた釘調整は考えられないから。あの日のことが未だに頭から離れられない。でもそれは消費税8%時代の出来事と思う。消費税はお店の利益に課税されるから、1日の利益が600万円あったとすると60万円もの大金を国に支払うことになる。この負担金額はやっぱり大きいと思う。※台粗6000円×1000台店舗ならこれくらいの数字でしょう。60万円だと従業員2人分くらいのお金。

消費税が5%⇒8%

消費税が8%⇒10%

消費税が上がっても大して変わらんと言い切ったパチプロさんは数知れずなのですが、私は影響は少なからずあったように思う。この店は去年の9月までは戦える店じゃったけれど、10月以降は戦えない店になっちまった。この店以外にも、今年内税で営業しているお店は、大体どこ行っても去年よりも釘が渋ちんである。もうパチンコで勝っていくのは無理なのではないだろうか?
 
 
などと言いながら次のお店に到着。店に入ると大海の島は空き台がなく、常連さんの熱い視線を察するにしばらくは止めそうにない感じ。ならばと北斗無双の島を徘徊していたら1台だけ空き台がありました。2回単発引いて200当たらずの台。嫌な感じの履歴ですが、大海に空き台が出そうにないものですからしぶしぶこの台と格闘。ヘソは11.75で逆ハの左側がかなり左に寄せているので回りそうにないと思える釘調整ですが、初めて遊技する島なので勉強のつもりでお金を入れ始めると、玉の動きでこれは打たなアカン台だということが分かった。釘は足りないけれど、それなりには回ると思う。今日は1万円単位。
 
213
197
189
188
 
回ったのは最初だけじゃった。最初の挙動に釣られてお金を投資していたが、だんだんと回らなくなってきて、ついに5000円で70とか75のレベルまで落ち込んできた。これだから北斗は嫌になるけれど、均してみればお金になる程度の代物だし、スタートが6の大海よりかはよっぽどましなので悪い印象はありません。特定日の無双はこんなもんです。6.0~6.2の北斗無双ならば打つべきレベルと心得ておりますのでまだ止める時期ではないと判断し勝負は続行。結果的には大金を投じる羽目になり大誤算の1日となってしまいましたが、北斗打ってる限りはこんなの日常茶飯事ですね。負けるときはうもすもない。あっという間に5~6万円の金をすっ飛ばしてお仕舞い。たまに爆連があってハッピーエンドを迎えますが、いつもいつもそんな展開にある訳ないし、大抵は今日みたいに苦労しますね。
 
 
北斗
 
 
最初の当たりは大金を投じて一撃当選☆3つは444で単発。ここまでに赤保留が1回だけという演出が寂しい台じゃったけれど、なかなか心が熱くなるような展開にはなりませんでした。次の当たりも一撃当選☆3つ。次の当たりは金保留からアツアツの展開は最後ドハズレかと思いきや復活当たりで単発。次の当たりは金保留から今度は最後がキリン柄を選んでくれて、これが本日唯一のキリン柄だったけれどこれが666の単発でお見事4連単。あとは野となれ山となれ。もうヤケクソ。最初に48000円も使ってからの4連単では死ねると思うけれど、一応最初の当たりまででは47000円の投資だった。次の当たりは玉が全部なくなった最後の保留玉で止めようと席を立つと一撃当選がズドン。次の当たりも玉がなくなって席を立とうとしたら保留玉が金に変わったのでもしやと思ったら復活演出でズドン。このような買い足しが2回あったまでの事。
 

破れかぶれで始まった最後の時短は55回転目に赤文字でバトル発展だー!と思った相手はヒョウ。もしやの思いで最後のボタン連打に思いを託すとこれがまさかのロゴ落ち。してやったりの瞬間だ。でもこっから48000円まくるのはキツイ。まくるどころの話じゃなかった。確実に抜ける。110,120。残り3,2,1ああああああああ。もうこの世の終わりだああああああ。これだからST機は嫌いだあーって思った次の瞬間が緑色のロゴ落ちで演出発展。最後の最後で当たるのかって思ったら、そんなに甘くはなくて確か相手はラオウの次に強さそうなお兄さんだったと思うけれど、あっさりバトルに敗北して終わり。演出が終わった後真ん中の数字がレインボーに輝いてこれぞまさしく奇跡的な130回転目の当たりでした。
 

そんなに連チャンはしなかったけれど、最後の最後で130回転目に当たったから良しとしようかな。これが当たるのと当たらないのとでは雲泥の差。当たらず終了していれば中途半端な玉は打ち切って止めてると思うので48000円のマイナス。これが5700個も換金することができたのでちょっとだけ憂さを晴らした感じです。北斗無双の場合は、スタート6.2でもバカみたいに金使うことが多いのでこれくらいの投資金額は当たり前だと思いますが、ここで5700個ほど流せるということが何となくこの機械には縁があるように思います。滅多にST130回転目では当たらないでしょうから。ただしこの130回転は多分スルーするだろうなと最初から思ってたので止め打ちを止めて演出をガン見していました。絶対にここで当てなきゃと思うと、ハンドルは握りっぱなしで、熱い演出が出てこいと遊技台に念を送り続けた130回転。そのために思いっきりここで玉を減らしてしまいました。バカダヨーン!
 
 
 
多分大海もこの店の方が1店目よりは回ってる。      
      
      
何故もっと早くここに来なかったのかが不思議でならない?      
 

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Page Top