冬眠

未だに営業しているパチンコホールの数は日を追うごとに激減してるので、1日単位で数字はかなり変わると思うが4末時点では全体の98.5%が休業中ということでほぼ日本のパチンコホールは非稼働状態になりました。この期に及んで訳が分からんのは、残り火となった些細なパチンコホールにだけ焦点を当てて、肝心要の電車内の飛沫感染を問題視しない日本国民の姿勢にはいつもながらの事ではありますが、論点が違うよなあと苦笑いしながらマスコミの報道を覚めた目で見ております。燃え盛る炎には全く水をかけないで、残り火のようなところに大量の水を集中投下するのではコロナウィルス君はさぞかし大笑いしている事でしょう。電車を止めないことにはコロナ問題は終息には向かっていかない。

わたくしはそう思います。
 
4月末現在
全店舗数9074
営業中135
休業又閉店8939
 

パチンコ業界は結構頑張ってると思いますけど、こういうのはゼロでない限りは世論から徹頭徹尾叩かれます。まあ今更営業しているパチ屋云々は言うつもりありませんけど、私としては戦える店が存在するのか否かしか興味ありませんね。この期に及んでパチンコする気か?とか皆が外に出ないで我慢してるのにという主張には相手にする気は御座いません。世の中の常識は俺には非常識。まあこの男には何を言っても無駄ですけどね。
 
 
とあるパチンコホールの島状況が気になったので視察を兼ねて朝イチから突撃。午後には家にいないと嫁と娘がキレルので長時間の滞在は考えていない。ていうか家に帰れば嫁と娘にあごで使われて奴隷のような扱いを受けるので、できるだけ何某かの作業予定を放り込みたいだけなのだ。この二人は、どうせパチンコ店なんてどこも開いてないんだからと俺をこき使おうと思って手ぐすね引いて待っている。実に恐ろしい。世の中の女どもというのはどうしてこうも男をあごで使いたがるのか不思議だけど、どこの家でもそうなのかしらと思ってるこの頃である。長期連休で家にいるときは悉く私はこの二人から奴隷のような扱いを受ける。訴えてやる。
 
 
目的のパチンコホールに到着し、店内を徘徊すると意外にも釘は甘いし、打ってくださいと言わんばかりの台がゴロゴロしてるので今日は遊技せずに帰るのは無理だろう。この釘をみれば色々と考えることはある。まず、良好(そうに見える)釘の形はヘソだけじゃなく、誘導や寄りに関する部分も削っていないのでいよいよ疑心暗鬼である。換金率を疑うべきか?それとも傾斜を疑うべきか?多分
 
2択であろう。
 

前者なのか後者なのかの判断を、打つ前から判断できないかと考えていたがサンドを見てるときアッと思った。これは傾斜ですな。ならば実際に遊技してだまし釘なのかどうかを確かめる必要があろう。最初は0.5円の電サポキングをやろうと思っていた。次は1円のエヴァンゲリオンをやろうと思っていた。次は4円の新台をやろうと思っていた。いずれも釘の形は望外なので選択は可なりというところだが、傾斜と決まって心はひとつ。2円の沖2甘一択である。この台で回らなかったら次回この店に来ることはない。色々な選択肢がある中で、最も安全な道を選ぶことにしたのは「だまし釘」であろう可能性が高いからだ。
 
だまし釘であろう。
 

ヘソは12.25。今までに見たこともないデキでスタートは8.5くらい噴いてもおかしくないレベル。この釘で回らんかったら帰るべし。最初の228個だけまともに回ったけど、次からは全然回らんくなって2500円目の貸し玉ボタンで魚群。79回転目の出来事。全然回らんかもねという不安が現実になりそうだと思ったが、ここでは4連チャンしてくれてその時短中にアンコウで当たったけどこれが望外の10R。次いで時短中にもう1回4Rを引いて一撃3650個の獲得となった。この後116回転で2蓮+1回。ここから捕まった。ちょいと休憩をと思って外に出ると、嫌な撮影のカメラが回ってるので大急ぎで店内に引きこもり。これでは外に出るとバッシングの嵐だな!
 

心して打つべし。333回転目にボタン押しがプレミア音声で4R確変やれやれだ。その時短中に2連チャンが来て、この後141回転と嵌ったけれどここでは10Rを1回込みの4連チャンとなって4609個。今日はここで止めとこう。ここまでで回転率は6.6~6.8の間ということが分かったのでぼったくり店ではないけれど、だまし釘であることはハッキリした。そいつが分かれば今日の仕事は9割方終わったと言っても過言ではないのでこの後クソ粘りする必要はないだろう。娘から「何やっとんやお前!はよう帰ってこんかい」っていうラインが来たのでハイハイ分かりましたと返事して家路に向かう。それにしてもこの店はちと面白い。こんな状況でもない限り、この店に来ることはなかったろうけどなかなか面白い店を見つけたのと違うんか?
 

だまし釘であることはハッキリしたけど、客をだませる能力があるという事は、この店がやりくりし得る技術を持っている事に他ならない。駄目な店はパッと見て駄目駄目感が露見するが、可能性がある店は今日みたいな感じ。末尾に関係ない端境日にこの店に来ると打てる遊技台が見つかるかもしれない。とんだ拾いものをしたのではなかろうか?
 
沖2甘
 
 
結局この店も明日からは臨時休業です。愛知県も営業してる店は明日からゼロになるでしょうね。東京、大阪、愛知に関しては意地でも営業してるパチンコホールをゼロにしてやるという自治体首長の執念に店が完敗ということになりました。然しながらパチ屋をゼロにしても電車は動いているわけですから、コロナは電車に乗ってどんどん横の広がりを見せるでしょう。パチンコホールの営業をゼロにするという執念は成果の非常に小さいコロナ対策ではないのかね?という疑念が消えませんが私としては最後まで店にこだわることを是とした人間。コロナ拡散で早々に営業自粛を決め込んだ専業の方も多いでしょうが、私は最後の最後まで店の終焉を看取るという決断を致しました。4月の中旬以降からは店の幹部とか店主と盛んに継続云々についてマスク越しに話をさせて頂きましたが、どこの店主だってやりたくてやってるわけじゃない。コロナを封じ込めるには営業自粛が一番だというのは分かり切っておりますし、今営業してたら社会に迷惑をかけてるのは分かってる。分かってるけど、今やめたらお店が潰れてしまう。

その狭間で戦っておりました。

お店には散々苦情がくるそうです。「何で今営業してるんや。早く店閉めんかい!」というクレームがひっきりなしに電話でかかってくる。その苦情電話に対応してきた苦労と心労が見ても分かるほど疲弊している。「もうアカンかも知れんわ。もうもたんわ」。という本音を話してくれましたが、そういった店主の悲痛な叫びは私の胸の内まで届きました。最後の最後までパチンコホールさんの応援をしてきたつもりです。こういうのは机上の理論は誰でも分かるんです。みんな我慢してるんだからお前も我慢せいってね。でも一般の企業は営業してるじゃないですか。電車だって動いてるじゃないですか。みんな我慢してるって言ったってみんなが平等だと言えますか?企業が倒産するかどうかなんてその企業にしか分からないんですよ。
 
私は最後まで現場を見てこれて良かったと思っております。
 

これより冬眠に入ります。今度いつ実践できるのかは全く分かりませんね。記事の投稿については毎週土曜日に何某かの記事を入れてましたので、明後日の土曜日に「私を育ててくれた4選」を投稿してこのゴールデンウィークは〆たいと思っております。どうぞよろしくです。

コメント

  1. ユリア より:

    冒頭の部分面白おかしく読ませて頂きました。いい家族だと暖まりました。
    台を打ち込む際に傾斜を設置時から移動するまで変えたことがありません。
    傾斜をかけずに打ち込んで、釘を開ける事により騙し釘が成立するという事でしょうか。
    土日はよく愛知稼働1のお店に行きますが、北斗無双と真慶次のヘソが異常に開いてますが、玉飛びが悪くムラもありますが5〜15と悪いです。もちろん20以上もあり。
    という事は当記事を読み解くと、この場合は傾斜で騙しているのか、ジャンプで騙しているのか。私には目利き能力が乏しく原因を掴むことができません….。
    以前コメントした際に営業する店が悪いと書きましたが、かなり大変なのが伝わりました。営業陣は決死の思いなのでしょうね。
    私も暫く冬眠です…。

  2. ゴーニィ より:

    ユリア様

    いつもご愛読ありがとうございます。

    傾斜の見立ては非常に難しいです。スマホで計っても誤差があるので正確ではありません。パチンコ台は斜めに取付られていますが、台間サンドはまっ直ぐ取り付けられているので比較すると良いです。実際に打って判断する場合は、北斗や慶次では分からないと思います。ヘソ周辺の上にプラスチックが取り付けられている遊技機では玉の乗り上げがし易いかし難いか判断できないので、私は沖縄とか大海のような海物語を打ちます。

    この店での実践も、そういう理由があって沖縄2の甘デジを遊技しました。

    玉の乗り上げをガン見してください。これからもどうぞよろしくです。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Page Top