店選びの重要性

コロナウィルスの猛威が止まらない。いくら緊急事態宣言を出したところで、この宣言は「いつか」は解除されることになる。引きこもり中はおとなしくしてるけど、解除されたらウィルス君は猛威再びである。自粛期間の長い短いが議論の対象となることが多いけれど、私はこのような議論はまっこと馬鹿げていると思う。緊急事態宣言なんてそもそも出す必要がない。何故ならばいつかは解除されるからだ。解除されたら、だからイワンレンドルになることは明らかなので最初から出す必要はないのである。人の死と向き合う年になったということだけだ。いつ、誰でも、その時がやって来る。


それは運命だ。


4月の時点で今の現況は予測していたはずだ。世論がうるさいから、とりあえず緊急事態宣言を出して一時的には感染者を止めたけど、それじゃあ国と地方自治体が負担する保証金額がデカイのでどっかでこの宣言はやめねばならん。保証するカネが尽きたときが止め時だ。そんなところでしょうか。もう国も地方自治体も自粛店舗を保証するカネがない。つまりこうなっては打つ手がないのである。だからイワンレンドル。金をドブに捨てただけの結末は最初から見えてたと思うけど、政府も自治体もアホしかおらぬと見えて滑稽なこと極まりない。最初から国民に「自粛」だけお願いしておいて後は知らん振りで良かったと思う。


此度のコロナウィルスは最初っから


営業自粛
外出自粛
マスク着用の徹底

あとはただひたすらワクチンができるのを待つ。これだけで良かったと思う。それ以外にやりようがあるまいて?

最近店選びの重要性を痛感する。コロナウィルスの蔓延により、店は打撃を受けているが、その後の営業方針は実に様々であり我々の予想を超えた割数で営業がなされている。自粛解除後の舵取りで客が減らなかった店と客ががた落ちした店の差が顕著である。その理由はここで明らかにできるほどの分析材料が揃っていないのでここでは割愛するが、ハッキリしていることは我々遊技客は客が減らなかった店を選ぶべきである。ということは、日頃の客数を見て客が多いと感じる店に行けばということになるのだけれど、これだけが基準かといえば「そうでもない」と思っている。稼働率だけを基準にして客の多いお店にいっても全然回らんがやってことがよくあるからだ。昔から私がお店を選ぶときの基準は、客数も大事だけれどそれ以外にもいくつかの重要な決め手がある。その中で最も重要なことは


良心である。


ふっざけんなよって思った人。その気持ちも分からないではないが、これが真実なのである。そしてこの良心を見抜けるかどうかは、貴方の敵手看破能力次第である。敵手看破には色々あるが大事なのは釘調整とネカセであってこの2つが究明できない人達は、いつまで経っても良店選びはできないしパチンコの勝ち組みとして生きていかれない。コロナウィルスによってパチンコが勝てなくなったと感じている人は、店の良心を見抜けていない。どこに行けばクギを開けてくれるのか、どこに行けば回る台が見つかるのか?は良心に気付くかどうかにかかっている。良心が分からない人間には、今一度「親指ゲージ」と「板と板奥の違い」、「僅か3ミリの奇跡」、「カド番は有利なのか?」を読んで頂きたい。これを読まずして良心は見抜けまい。基本的な土台がしっかりと根付いていない人間は何をやっても無駄なのである。店選びのコツを書いても良いけれど基本的な土台が根付いていなければ、多分何を読んでも無駄であろう。パチンコ台が回るかどうかの3本柱は、遊技台の左右の傾き、前後の傾き、釘調整なのでこの3つをしっかりと理解しないことには次に進めないのである。            


まずは土台をしっかりと固めること。            
            
店選びはその次にやってこよう。    
        


先週の土曜日のお話。朝いつものように抽選を受けるために並びに加わると、若い店員さんの胸に「8月は???」というキャッチコピーが付いていてこれが非常に気になった。8月が当店の周年月ってことは知っていたけれど、それと関係があるのか?否か?興味津々だったのでそのスタッフさんに聞いてみた。「8月は当店は周年月ですからやる気満々ですよ」。「特に8月の1日と2日はスタートダッシュでめちゃくちゃ出しますよ」。                


8月の1日と2日はめちゃくちゃ出しますよ!                
             

8月の1日と2日はめちゃくちゃ出しますよ!                  
                

8月の1日と2日はめちゃくちゃ出しますよ!                
                

8月の1日と2日はめちゃくちゃ出しますよ!                
                
                

何ということを仰る。素晴らしいお言葉である。この言葉を額面通りに受け取って良いものかどうかは議論の対象になるけれど、ここでこの言葉に耳を貸さないような偏屈人間に明日はあるのだろうか?人間は何かにすがりつきながら生きながらえている。店が釘を開けるというヒントをくれたならば、それを素直に信じて前に突き進むというのが王道ではなかろうか?私は彼の言うことを信じることにした。何故ならばこの店には「良心」があるからだ。                


実際にこのような店員さんからの珠玉のお言葉とか、POP関係はお店選びの重要なヒントとなることが多い。とあるお店では次のような、意味深なPOPが沢山貼られていた。ジェットカウンターに「8月7日」という目を引く日付だけのPOPが無数に貼り付けられていた。これは店がその日に出すよというサインであるが、これに気が付かない人は店選びとしてはどうかと思う。店内に金文字で日付を殊更強調したりとか、兎角日付に関するPOPを見た時は看過しないほうが良い。                


断言する

お店に貼り出してある○月○日という強調文字は何らかのサインである!

日付に関する告知やPOPを見たときは店員さんにそれとなく聞いてみよう。

お宝言葉を頂戴できるかもしれない。

154

まずは上記の画像を見ながらわたくしの武勇伝をお聞きください。25日の夜は明日はどうしようかということで真剣に悩みました。今までなら駄目とは分かっていてももう一度日曜日に同じ台を打つってのが通例であり、パチンコ三洋時代なら必ずそうしておりました。多少釘が締まってもあの状況であれば翌日も6.7くらいは大丈夫なんじゃないかと思いながら枕の中でずっと考えてたのですが、迷った挙句に見送り。やっぱり50kmもの道のりを走って行かないかんというのがネックになりまして行かなかったわけで御座います。結果はというと、その台は朝イチ5回転でヒットして、その後も当たりはとどまらず実質27連チャンの一撃37000発。頭がぶっ飛びそうになるくらいの衝撃波を受けてふて寝しましたが、行っときゃ良かったがねえという思いとは裏腹に釘締まるの分かってるのに、行くわけねえじゃんかという冷めた自分と本当にそれでええんかという自分が交互に攻め立てるわけでありまして、結局南極遠いのが駄目なんだという結論に至るわけで御座います。

パチンコ三洋時代に戻れるものなら戻りたいと思いましたが、あの頃は15kmという道のりでさえ遠いと思っていたのですが今では軽く50km程度の道のりでも難なく走っていくわけですから時代も変わったよなあと感慨深いのであります。今の私にとっては15kmなんてのは庭先みたいな感じ。いっやー本当に先週の土日は距離のハンディみたいなものを感じましたね。それにしても土曜日のデキならば、今までだって何度も2日連続遊技にトライしてますけど、あのような特賞間回転数履歴からは翌日のドカンは経験した記憶がないだけに、いくら何でも朝イチ500円で27連発は勘弁して頂きたいところです。7/26の遊技結果は自分が勝手に、時短中にも引き戻してるはずと思って3回ほど時短当たりを想定していますが、時短中に当たる当たらないに関係なく27発は事実なのでとんでもない当たり方でした。よく見ると、前日も自分が止めた後219回転の消化だけなので、もしかしたら土曜日の段階で間にあってたんじゃないかなってことになるけれど、アクセル踏んだつもりでも限りなく踏み方が弱かったというお話ですね。


土曜日に追い込んで帰れよ!


そういうわけで傷心の土曜日となった週末は、もう一度その台を遊技すべしと店に出向きましたが、店に入るとその台はやや釘が足りない。この島は意外にアケていない。激熱だという割には大したことないじゃんかと思いましたが、やっぱり先週の台は回り過ぎなんじゃろなということで他の候補台に目をやるとこっちの方がちょっとだけマシ。左右対称形だとすると11.75という形から右側だけが0.05内側に入ってるので左右非対称形の11.70という感じの釘調整は打てるかどうかギリギリ。これで確変ベースが悪ければ多分今日はパチンコにならんだろうなと思いながらの貯玉投資は

14
44
65
80


1000個投資の80回転目にエンジェルフィッシュが走って単発かと思いきや13578セグで確変の大当たり。嬉々とする間もなく6回転でサメが揃って2連チャンでしたけど幸先は良い。でもこの前から確変入ってもすぐ終わるので全然楽しめない。その時短中86回転目に激熱の展開が訪れて、ハンドルがブルブルってなってステップ4まで発展してワリンリーチ。そして魚群。これは当たりの演出でサメに止まって単発だったけれど、事件はこの後にやって来る。3連終わりで4200個から始まった時短だが、この100回転の間に180個も玉を減らすという大惨事を食らって撃沈。


もうやめようか?


いっやーここまで玉減りが酷いとどうもならんね。肩が抜けないからたびたび普通図柄の保留が止まるけれど、4個付いた時に止め打ちをやってたら尚更玉の減り方が酷くなった。これならば普通に打ってる方が玉は減らないと分かったところでどうするかだが、このままやっててもどっかで玉減りに嫌気して止めそうだからいっそこの時点で帰ろうかと思ったくらい。感覚的には確変ベースは80くらいしかあらへんな。


やっぱり先週の台の方が良かったかもしれぬ。あの台は回りグセが抜群な上に確変ベースも95あったから、今日のデキでもそっちの方が期待値が高いような気がする。この台を選んだことに後悔の念が生じたところでしばらく休憩。でもここに来たからには、この台の横スタと上スタの性能を確認してから帰るべしという大脳様の指令が出た為に今日はこの4000個は全てなくして帰ります。できるだけ正確なスタート率を記録として残そう。今日は貯玉1000個分の負けと割り切って勝負を再開すると、全飲まれする前に一発来た。7×8の泡ノーマルがどこまでも続いて突確変から、まずは枠外で1発。1×9が走って2発。単発絵柄の確変セグで都合4連チャンして8000個手前まで到達。ここでも5620⇒5370ということで今日のT1Yは1340個程度だったけれどこのまま遊技を続けていれば


T1Yは1300~1320個
スタートは6.7~6.8


まあそんなに期待値がある訳じゃない。桁違いに玉が減った時はかなり回った日でも深追いするのに嫌気して、早めに止めて帰ることが多いけれど今日もそんな感じ。先ほどの休憩中に確変ベースを計算して全く駄目だなということが分かってるのでここではさほど時間をかけずに手仕舞い。あんまり後ろ髪は引かれなかったが、それは今日が月初めのパチンコだということだ。先月の初っ端もそうだったように、月初めのパチンコは


そろりそろりと参ります。

177

 

今日はアクセル踏まずに帰りますわ。って言っても先週の土曜日みたいな日にはもっとアクセル踏んで欲しかった。アクセル踏む日は夜の9時までやらないと遊技したことにならんと思うけれど、体がいうことを聞かない。これが体力の限界なのか?それとも勝ちに対する執着心がなくなったからか?いずれにしても今日みたいなことをやってるから勝率が高いだけの話ですが、今日みたいな勝ち逃げができるのは320のヘソキングだけだから320は大好きなのですよ。


甘デジをやってる人は今日みたいな止め方はできないでしょう。これで時給12500円。ごっつあんです。

今日のスタートも7超えですが、このままやってたらこの台は7超えはないね。今日の遊技台が左右対称だったらもっとやるし、確変ベースが90を超えててももっとやる。スタートと確変ベースの総合判断でほんの僅かに自分が求める数字に届いていない。届かなければ即止めです。
 

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Page Top