汚い首位打者

昨日いつも通りの冴えない展開に終わり、今週はどもならん週末。元旦にカレンダーを見たとき10月4日は気になる週末でした。この日さえ乗り切れば今月のゴールは見えてくると思いましたし、10月4日を打たずに過ごせば無難な1ヵ月になりそうな展開でもあります。然しながら最初から打たずにおこうという消極的姿勢は、和了そうにないから形式テンパイを目指しての無意味なチーポンのような感じがする。このようなときはあがるつもりもないくせにテンパイという形に拘るが故大きな放銃をやることが結構あります。最後まで戦ってる姿勢を崩すとロクなことになりゃしないってのがギャンブルの定石ですから、努力せずに1日を捨てるというのは考えものでしょう。

 

こういう時の為に保険台を見つけたのであります。

 

保険台があるなら、毎週保険台で過ごせよっていう理屈もあるかと思いますが、所詮保険台は保険台止まり。釘を開けない遊技の危険性は、上ムラから始まった日に深追いすると打てば打つほど回らんくなってくるというのに捕まってしまい、蟻地獄の8万円負けっていうシナリオも有り得ますからね。怖いのは最初は回ってたけどという言い訳が生まれるとき。このようなことを鑑みると、やはり保険台は保険台としての役割しか持たぬのであり、自分が過去履歴を見て勝てると思った時だけにするのがコツであります。


(1)特定日に還元が期待できるシマがある。

(2)端境日だけど過去履歴が気に入らない。

(1),(2)の条件下においては保険台があっても遊技しに行かないというのが基本的な姿勢です。

 

どうでもいいけど、昨日ゴジラを止めた後ラウンド1に行きました。

 

岡田さやか

 

チュー連

 

ついに。念願の岡田紗佳プロとの対戦がありました。推しメンに選んで一杯投票すると、超優先マッチングが組まれるわけですが、有頂天になった自分は岡田プロがリーチをかけて来たらなんでも振り込んでやろうと太っ腹麻雀してたら3位になっちゃいました。今までは和泉由紀子さんとか宮内こずえさん押しだったのですが、やはり女性は外見が可愛い人には惹かれますね。特にこの岡田紗佳さんという人は、プロになりたての頃大きな大会で九連宝燈を和了したということで親近感を感じております。芸能人が中心のワレメDEポン。キングコング梶原、清水アキラ、加賀まりこさんを相手に岡田プロが5万と9万のシャボ待ちテンパイ。この後すぐに9万を積もってあがったのが2018年9月のことでした。私が九連あがったのも2018年4月8日のこと。それから半年後に和了ということで私は一気に彼女の虜になりました。
 

女性ランキング

 

ゴジラを止めたのが4時ごろだったので、そのあとすぐに対局が組まれたってことですね。中川区は色々あるんで面白いところです。

 

それではじわじわと保険台の攻略に取り掛かりましょう。勝てる根拠が全くないと思われたとある日曜日の朝。このような日に稼働に穴をあけてしまうのか、埋められるのかは年間収支にかかわって参ります。僅かな勝ちでも拾えるものなら拾って1週間を終えたいところですが、仮にうまくいかなくても2万円だけ捨ててとっとと帰るのがいつもの習わしです。店に入ると、予想通りの釘調整は左右対称形の11.60。足りないことは分かってますが、今日はただ単に負け戦として終るだけでなく、もう一つの目的は最終決戦への備えです。9頭にこの台を打った時に全然回らんかった理由を知りたいと思ったし、今日はいつも以上に物理的な玉の動きに注目で、どこが変わったのかを見つけなくてはならないけれど、もしかしたらどこも変わっていなくてただ単に下ムラだったというオチかも知れません。今月の勝負は後半。17、18、24、25の4日間が勝負所なのは明白。ならばそれまでに悪い流れは作りたくないし、マイナスから入る10月はできればやりたくないので本日はネガティブシンキング満載です。過去履歴がかなり気に入った状況でなければここには来ていません。

 

18
33
60
75
107

 

136
156
180
200

 

横スタはやっぱり抜群だと思うんですけど、上スタが以前より決まらなくなった感がある。ていうか乗り上げ玉が少ないと思う。もしかしたらネカセを弄ったかも知れんけれどこれだけの短時間でそこまでのことを論じるのは危険だと思う。9000円使って200回転まではこんなもんかなあと思いながらの遊技でしたがそこから回らんくなり204回転目。シーサー発展確定っぽいところからレッツシーサーが発生。熱文字がなかったのでハズレだろうなと見ていたら案の定ハズレのちフリーズ。画面が全く動かなくなってこれは突確変だねっていうことで何とか無事に貯玉の範囲内で大当たり。でもしばらくすると単発を引いたのでかなり重圧のかかる展開からのスタートです。204回転で突確、単発ときたらそのあとは買い足し。延々と嵌り?ってなことを想像してしまうので嫌なことこの上ない。時短を抜けて168回転目にまたしてもレッツシーサーの煽りが決まったよ。今度は熱文字からシーサーが大きく息を吸い込んで333。めでたく本日初めての確変当たりです。こいつもすぐに単発を引いて終わったので今日はどこまでやるのかが難しい展開となりました。

 

2万円まですっ飛ばして帰ろうという気分だったのに、確変を引いたものですから勝てるのか?っていう気分になりましたが、コイツが2連チャンしかしないものですからどうにもならないよね。元々長丁場の勝負をする気はなくてただただ回転率を確かめればいいやという気持ちと、月初めだからデッカク負けたくないという消極的姿勢でここに来てるので何となくこの2連チャンは何とかしてくれよという思いなのです。かてて加えて殆ど時短中には当たらん奴だから、この2連チャンで3000発とちょっとくらいですから即止めしてもバツが悪いし、かといって全飲まれしても大して回らんと思ってる台にわざわざ負けんでも良かろう的な3000個投資は一体どのような意味があるのだろうってブツブツ呟いていたら保留変化が来ました。46回転目。

 

ドキッとしましたね。

 

タツノオトシゴ保留は通常時なら鼻くそ並みの信頼度で、ノーマルリーチひとコマハズレもあるくらいの演出ですが時短中は結構熱いんですね。デュゴンのリーチから驚きマンボウが出現して魚群。これがピタリと止まって胸を撫で下ろすと同時に本日は勝って帰ることが確定いたしました。このような勝負で一時的にプラスに転じたものの、そのまま打ってたら飲まれちゃったという敗北は私の辞書にはありません。一瞬でも浮きが出れば、その時点で即止めして勝ちを確定させるという汚い戦法です。昔谷沢健一が張本の打率をちょっとでも上回ったら次の日から全休して首位打者を取るみたいな感覚ですよ(意味は違うと思うけど)。意味は違うと思うけど汚いやり方ってのは一致してますね。


これが3連チャンしたのでハイ!これまで。

2500個の貯玉使用で7566個の貯玉。5066個分プラス。

154

 

汚いやり方だと思うけど、許せみんな。今日は行くとこがないし、打つ台もない。

保険台というのは勝っても負けても2万円以内。これで良いのだ。

月初めのパチンコはソロリソロリと参ります。

今月の見せ場は17日、18日、24日、25日。そして今日の布石がいつになるのかは明白。

 

予告

エヴァンゲリオン 次回予告BGM

キャッスル記念橋

 

次回 10月10日はプレイランドキャッスル記念橋店の年イチイベント。

乞うご期待。
この次もサービスしちゃうわよん。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Page Top