あつみさんに会いました

2020年のパチンコは稀に見る不本意な成績で終わりました。長いパチンコ人生でも最低最悪に近いレベルだったと思うけど、振り返ると初っ端の正月休みには2015年のときと同じような感覚に陥りまして、その時の再来かと気をもんでいたのですが実際には2015年と同じくらいのレベルだったので本当にこの手の予感はよく当たります。世間ではコロナウィルスと関連付けて、コロナのせいで駄目だったんだという人が圧倒的に多いし私自身もそれは否定しないけれどそれだけじゃなかった。朝イチ嵌りの連発。当たらない台との因縁。慶次と沖縄による30万円の期待値欠損。以前にもまして弱さを露呈した大海物語。以前から幾度となく辛酸を舐めること甚だしいST機のSTスルー。一体なんでそんなことになったのかと思うけど、これはひとえに確率のバラツキに負けたということですね。先週沖縄についてのまとめを記事にした時に感じたこと。沖縄みたいな機械ではそれほど確率のバラツキを怖がることはないけど、これが北斗無双や大工の源さんだったら本当に恐ろしいことになってただろうなと思いました。世のパチンカーは何故確率のバラツキを恐れないのか分かりませんが、確率のバラツキは本当に恐ろしい。自分は今年は当たり年だなとか今年はハズレ年だなってのが1月を終えた時点で察しがつくし、事実そんな結果で終わるので確率を肌で感じる感性は他人よりも磨きぬかれているのでしょうか?

 

 

確率の先読みは不可能とは言うけれど

 

私の確率予想はほぼ当たります。

 

不思議ですね~。

 

 

本日1月10日はとあるパチンコホールでパチンカー×パチンカーの開催が予定されています。いつもならあまり気に止めないパチンコに関する煽りですが今回は色々と催事が重複してますのでかなり悩みます。ここ20年くらいは勝利の方程式が固定されてきたように思ってたパチンコ環境ですが、昨年辺りからハッキリとそれを見直さねばならぬと感じており、このパチンカー×パチンカーが新しい勝利の方程式となれるのかどうか注目していきたいです。パチンコで勝つということは換金率の低い店をネグラとして1年間ジグマパチンコをするのか、トイチ、月イチ、年イチを選んで良いとこ取りをするのかという2択だったと思いますけど今ではそのどちらも通用しなくなりました。今の時代で情報弱者はパチンコでは負け組みに配属されると思うけれど、さりとて自分が情報勝者かと問われるとそれも違うと思う。

 

週末に様子見して何が戦える遊技機なのかを検討しましたが結論は出ず。パチンカー×パチンカーというだけで、実際には全く釘を開けないんと違うんか疑惑が浮上したので土曜日の最後まで悩んでおりましたが、とあるサイトを見ておりますとそれと同程度の信頼度を得たお店がありましてデータを分析してると6.7くらい回ってる?的な台があったのでいよいよ悩みます。ここはひとつ堀を埋めるつもりで回りグセ確認という大義名分の方が、パチンカー×パチンカーよりも価値が高い?などど自分勝手な解釈をして急遽予定変更。こういうのは非常に危険な賭けとなりますのであんまりやりたくはないんですけど、それほどまでに前者パチンコホールさんが信用でけんということですわ。

 

信頼できるパチイベントは去年から激減。

 

色んなことを考える年になりそうですが、実をいうとここに来たのにはもうひとつの理由がありまして、久しぶりに「あつみ」姐さんに会ってみたいなと思ったこと。あまりに久しぶり過ぎて最初は気づいて貰えんかったけど、話をしてるうちにようやく彼女もそれに気付いて「オオー」ってなった分けよ。話によるとリオ姐さんはスロプロに転身したらしくて今のご時世でそちらに走るとこの先厄介なことになりそうですが、今の若い方たちは過去から現在、そして未来までのストーリーを描けないようなので止むを得ずといったところでしょうか。私の身の周りにパチプロやスロプロを目指す人がいれば絶対に止めろと忠告いたします。あつみさんに関しては、お会いした時はおとなしい感じの方やと思うてましたが今日二人っきりで話すとイケイケ感が半端ない。あの時は猫被ってたと言われまして目が点になりましたが、女性というものはつくづく怖いものだと感じた次第でございます。何分にも文章を書くのは苦手やというお話でしたが、自分は文章を書くことが好きなのでこの年まで続けてたんやろなあと思ったけれど、ゴーニィと気付いた瞬間「お前、まだやっとんたんか?」と言われたときはかなり落ち込みましたね。

 

 

昔話に花が咲いたところで店に入ります、今日雪降ってるし寒い。

 

 

お目当ての台は、ヘソは左右非対称形でやや左が足りないのはこの店のデフォルトですが、昨日の分析によるとかなり回ってたので今の釘形よりも昨日のデータを重んじて勝負開始、ハイ、回りません。唖然愕然とした気持ちで盤面を見つめること数百個。250個、500個、750個と投資がかさんでいきますが一向に回りグセの良さらしきものが見えず、否、上スタだけは良さそうなそぶりを見せるシーンもあったのでこのままやってたら回りは上向くと信じて…62回転目に何気ない演出から突然大画面ネッシーの登場。3×4のクロスがパリンと鳴って無事単発の大当り。その時短中終りかけの92回転目にネッシーからのボタン連打が奇跡的にサメに止まって2連チャン。クッソ回らない台だということが分かったのでここでの2700個は即流しか?それとも半分打ち込みか?それともなくして帰るべきか?

 

メッチャ悩みました。

 

既に思い描いていた勝利の方程式は崩れている。サイトセブンをあまりに信用し過ぎてもアカンことがあるっちゃあるけれど、今日はその典型例。この程度の釘でも6.6とか6.7は十分に有り得る調整故余計に腹が立つが、昨日釘調整を見に来ていないだけに、他台との比較並びに昨日と今日の比較という点で落ち度があった点は否めない。急遽ターゲットを変更するからこうなるんですけど、それにしても自分が思っていた以上に回りグセが悪かった。致命的だったのは横スタ。

 

 

1400個飲まれた時点で210回転(86回転)しかなかったので止めるべきだとは思ったんだよ。

 

 

残玉を交換すれば負けないで帰れるからこういうのは本当に悩むけれど、今日はままよとやって玉をなくすことを是としました。この時何故玉をなくした方が良いと思ったのかは今の時点では謎ですが、何か4000円の負けで帰るのもプラマイゼロで帰るのもおんなじやなという考えに到達し勝負再開。4回転目にサメが揃ってた。今度こそ即流し。

 

 

これが奇跡的に時短中に引き戻し。赤煽りからのネッシーがパリンといってノーマルビタ。ブルブルっと震えてカメに変身してから4連チャン。都合6900個分くらいは勝ったということになりましてまあ止めるけど、こんなに回らんかった海を打つのは久しぶり。何処でどう間違ったかは考えないとアカンけれど、兎に角下手打ったのは間違いない。悔しいからパチンコビレッジの記事を投稿した後でパチンカー×パチンカーの釘を見に行きます。どっちが良かったのかは記録に残しておかないと今後の遊技に支障をきたすこと間違いない。

 

ATUMI

 

こんなに回らん台を打ったのはいつ以来やろうな?

今日はあつみさんに会うために来たんやと思って下されよ。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Page Top