皆様にお願い

4月は別れの季節。また今年も若い人が姿を消すことになったので物悲しい。私もまた引退の時期が見えてきた(リーマン引退)ので色々と物思いにふけります。もうしゃかりきに働くことはないのだろう。この辺で適当にやる方向にかじを切ってもいいと思い始めたのが年度変わりに思ったこと。仕事は手抜きをしようかなと思い始めてるこの頃であります。

 


今週は中森明菜はまだ先行導入中なので、まだ締まらないだろうとタカをくくっていたのですが、金曜日の夜に偵察に伺うと岩塚も畑江もガツンと締まってました。これを見て急遽予定を変更してニューギンの直営店まで足を運ぶと例の件で一件落着。自分がどうしても打たなアカンと思ったときはその限りではないですが、AKB桜はどちらかといえば嫌いな台ですし、2台しかないその一角にふたり並んでランデブーってのはどうよ?って思ったのでこちらの心中を察して頂きたいと存じます。なかなか難しい判断でしたが、近くに銀河鉄道の甘デジがあったのでそれでもやろか的な発想で家に帰ってスペックを調べていたら、とんでもない突破型の遊技機だったのでこの店でパチンコ打つのは止めました。沖縄の島に飛んでったけど3月と同じ状況だったのでパチは諦めいつもの麻雀格闘倶楽部に手をだしたのがまずかった。

 

ボロ負けで御座いました。

 

image (3)

 

週中には色々と考えておりまして、パチできなかったときの投稿はこれにしようとか、パチンコで勝った時の本文はこれにしようとか、パチンコで負けた時の本文はこれにしようとか色々。だからいくつかのパターンを書いていてその日の遊技に遭った内容を「前置き」に選んでいるってのが現実で御座います。パチンコビレッジの記事を投稿するってことは大変な労力を伴います。

 

image (4)

※17.06は1595110÷93487

1回転で17.06個の玉を獲得。ということは17.06個打ち出して1発以上ヘソに入れば損益ラインを上回る。

 

中森明菜と沖縄4の出玉性能を比べてみました。


そうすると面白いことが分かります。


ダイイチの機械開発の皆さんは、沖縄4をターゲットにした遊技機開発を行っておりました。


瓜二つです。

 

image (5)

 

いつものように沖縄と明菜の特図1と特図2の振り訳から、実質的な確変割合を計算しました。そうすると沖縄は確変率54.8%で、中森明菜は確変率56%ということで明菜の方が出玉性能は上回っております。どちらもT1Yは1380個として計算しましたが、沖縄も明菜もそれくらいとみて良いかと思います。確変ベースは発売から半年までは互角だけど、それ以降は中森明菜が上回ると思うのでここでも明菜有利の答えが見えてきましたが、本題はそれ以外のヘソの賞球数による性能差も考えるってことです。

 

 

image (6)

※1509558÷91150=16.56個

16.56回転⇒個の間違い

 

両者を比べると出玉性能が酷似してるのは明らかで、甲乙つけがたいのですが沖縄は4個賞球なので、ここのセーフ玉が出玉性能に大きく貢献して、総論ではやはり沖縄の方が甘かったという結果でした。沖縄は損益17.06というスタート率なので17個にいっこヘソに入ればよいのに対して明菜は16.56ですから沖縄の方が少し甘いですね。上記の画像では、沖縄は単発400回、明菜は単発390回の条件なので数字を補正すると

 

 

沖縄単発400、明菜単発390のとき

沖縄獲得出玉⇒1595110個

明菜獲得出玉⇒1509558個(その差85552個)

沖縄単発400、明菜単発400として数字を補正します。

沖縄獲得出玉⇒1595110個

明菜獲得出玉⇒1548246個(その差46864個)

 

このようになります。初当たり400回で46000個だから、1回の当たりで110個分沖縄の方甘いという計算です。やはりヘソの1個分というのが大きくものをいってそれだけで10万個の差がついてるものですから、ヘソの賞球はたった1個違うだけでも、飛躍的に出玉性能に直結するってことが分かりますね。これが5個賞球とか6個賞球になれば…いつもヘソの賞球ばかり気にするのはこういうことなんです。

 

 

それでも今回の明菜が3個賞球機なのに、ここまで沖縄4の出玉性能に近づいてるってのはビックリですし、これだけ近似値が出てるのならば今回の明菜はもはや沖縄レベルの勝ち易さといってもいいのではないでしょうか?あとは皆さんがどれだけこの台を愛してくれるかってことになりますが、シンフォギアや源さん同様に増台、増台ってことでお店の看板、否還元対象機に育って欲しいと願うばかりです。この台を還元対象機にできるかどうかはユーザーのレベルに左右されるわけですが、今の日本国民が皆、健全な思考と嗜好を持ちあわせてるのであれば大ヒットするはず。これが振るわなければ、冬ソナレベルまで稼働が落ち込めばパチンコは終わりだと思うけれど

 

 

 

ここはひとつ

 

ダイイチさんがヘソキングを作ってくれたことを意気に感じて

 

明菜を弾いてはくれまいか?

 

この機械は北斗無双よりも勝ち易いと思うぞ!

 

 

コメント

  1. ユリア より:

    特1当たりの318.7/319.7の所がよく分かりません。
    318.7はどこからきた数字ですか?
    賞球の話で、入替時の配線取付を思い出しました。私のホールでは、特賞.確変.スタート.始動口1.メイン賞球。
    ヘソに連続で10玉入れて、賞球をアウトボックスに直接流してホルコンで差玉がないかチェックしてました。
    4個保留でもそれ以上入れてもカウントされるんだ!と当たり前のことを関心した覚えがあります。
    ヘソ賞球が1違うだけで、そんなにも変わるのですね。今流行りのとあるや、義風堂々といったヘソ賞球1の台で計算したらびっくりするのでしょうか。それともそれなりの出玉になるのでしょうか。気になります。 
    明菜打ってみたいです。私みたいな微力ながらでも弾いたら、ダイイチに貢献できますか?

  2. 津島コンコルド より:

    一般導入は五日の月曜日ですね。

    確変ループも良い。
    時短百回がつくのも良い。
    図柄揃い時の出玉千五百個も良い。
    確変か時短かが打ち手に解らない仕様はベストではないが、特には問題はない。

    もともと好きな機種だから何回も打つことになると思う。

    今回はいつも以上に8の日を店内で強調している感じ。
    そして、八日は偶然にも仕事が休みなので行くことになると思う。

    ただ、前にも書いたけど朝一に並ぶタイプではないので打てない可能性は大だけど、それは全く苦にならないし台が空いてたら打つ、自然体ですかね。

    現実的には月の中旬以降に打つ事が多くなると思う。
    それまでに運気を上げないと。(^-^)

  3. ゴーニィ より:

    ユリア様

    質問に対する答えは本文中に記載しました。

    ユリア様の稼働でも世の中の正当化に大いに貢献できます。是非ごひいきにしてくださいませ。

  4. ゴーニィ より:

    津島コンコルド様

    私も月の後半に重点を置いてます。17,18,25,27の4日間が書き入れ時ですがそのようになれるかどうかは10,11日の両日。

    この2日間は勝ちたいですね。

    明菜是非とも打ってくださいませ。

    面白い面白くないは兎も角、パチンコ業界を支えるという観点からも遊技すべき一品だと考えています。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Page Top