クレジットを切らす

銀行系カードの事じゃないわよ!
まぁ2回に1回は東京行くのにsuica忘れていく田舎者です。
そんな訳で数日間東京にいました。

 

まぁ、そんな訳で巣鴨のRISEさんで遊んでいたのですが。

機種名忘れたけど、隣のアルゼ機種の人が困った顔をしていまして。
スロゲーセンに悪い人は居ないと思ってお声掛けしたら…。

「クレジットが入らないんです…」

クレジットの表示部分のセグを見ると確かに何もない。
まさかとは思ったが「清算スイッチ」を押してみる。
「0」と出る、また押す、消える。

「…コレ、多分前の人がクレオフしていったんですわ」

「すいません、クレオフってなんですか?」

oh…

 

って、今回のネタと本当に被り気味な体験をしてまいりましたが。

そうよね、今の機種って清算ボタン何度押しても「0」から消える事は無いもんね…。

 

ってな訳で、じゃあお待たせ致しました。
もう皆さん知ってる体でお届けしますが。

テクノコーシンしくじっちゃった物語。

まずはマグニチュードと温泉天国。

こいつら何が凄いか…って「常時攻略法が有効」って所ですかね。
特定のフラグを必要とする訳でも無く、ボーナス時のみとかでもなく。
まぁ、ある意味フラグは必要なんですがね。

多分、100%正確なやり方も今更語られないでしょうし。
今回はご丁寧に1から説明いたします(苦笑)

 

まずは該当機種の「清算ボタン」をチェック。
ポチポチ押して「0」「消える」「0」…と、スイッチが生きてるだけでほぼOK。

そしたら清算ボタンを「消して」手入れしか出来ないようにします。

※清算ボタンでクレジットを消すと3枚以上投入出来なくなり、下から出ます。

 

下準備はこれだけでOKです。
あとは普通に回します。

清算ボタン押してる=クレジット貯まらないなので、毎回手入れですが。
昔のペガサスは毎回手入れが普通だったんだからな!
ベットボタンすらないんやで!

その内小役が当たる訳ですが。
何もしなければクレジットこと貯留はされないので、下から全部払い出されます。
当たり前ですな。

それを覆したのがマグニチュード&温泉天国だったのです…。

 

~おさらい~

1.クレジット清算ボタンをオフにする
2.小役成立までただただ回す

3.小役が成立して払い出しを受ける瞬間にクレジットをオンにする!

 

はいコレ、正確な手順書きなさいって言われたらテストに出るよ!

コレが有名な「2倍抜き」という「ある意味盲点」だったバグですね。
 

当たり前ですが、普通の機種ならリールが回転している状態で既に清算ボタンは効きません。

効いたとしても、普通はこんな症状起こりません。
普通は。

だが、しかし、出来てしまった物は仕方がない。

3.の手順を成功させると…。

 

4.クレジットにもホッパーからも同じ枚数が貯留&排出。

世紀末過ぎます。
12枚スイカが成立して、滑った瞬間に準備し。
12枚スイカの払い出しの瞬間に清算ボタンを押すと、24枚小役。

クレジットに12枚、下皿にも何故か12枚払い出されます。

しかも、たったこれだけの作業&通常時どころか、ボーナス中でもOK。
某機種1000枚抜きもビックリの800枚抜きも余裕で出来ます。
(この2機種は結構な技術介入マシンで、ボーナス中は3連チェリーが15枚になります)

って事は、BIG当たって、JACINさせて。

JACゲームが2倍取れるだけで…もう大花火状態。

 

まぁ常に清算ボタンをオフにして置かないといけないので、怪しいですが。
通常時に10枚オレンジ揃った瞬間にポチっと押すだけで20枚オレンジ。
これ、結構エゲツナイデスヨ…。
ボーナス中だけではなく、通常時も出来るって所が非常にエグイ。

 

 

そして………しくじらせちゃったテクノコーシンさん。

当時でも結構マイナーメーカーだったんですよね。
ゴールドXやクレイジーレーサーのネタはほぼ数日で対処されましたが。
なんと当県の某所のホールさん、まんま出来ちゃったんですよね…。

流石、ザ・田舎。

一週間は経っていたと思うんだけどな…。
勿論、温泉天国Xでもありませんでした。

 

この次の年、テクノコーシンさんは「スターゲート」という機種を出します。
勿論ホッパーバグはないから安心だよ!


…もっと簡単なバグが搭載されてました………。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Page Top