設定6が勝てるとは限らない

まぁ、タイトルに関しては今も一緒ですけどね。
5号機稼働当初なんて、結構えげつない6の機械割とかありましたしね。
6なのに102%とか。(しかもノーマル機…大江戸漫遊記だっけな…)

5号機設定1最低機械割は有名ですな、サンダーバードネオ。
91%とか「遊べる5号機とは…」って思わせる割でしたよね…。

 

さて、前回に続き「乾杯RDII」の黒い話。

前回書いた「スーパー直撃ってかノーマルビッグ回避打法」、
久々に出た「まともな攻略法」って事で一時期は世間をにぎわせました。
確か当時の計算だと、ビタさえ出来れば設定1でも105%超えだったかな…。

こ、これから書くネタを知ってる人は「何を言ってるんだコイツ」って思わないで下さいね!

実は乾杯って先にこのボーナス変換打法が見つかってから、あの問題が発見されたんですよね。
なんで当時はデカデカとそんな機械割が載っていた訳です。

後は同時に同メーカーの「セブンダラーズ」でも同じ攻略法が使える事が発覚。
ただし、セブンダラーズの方はスーパーの場合は制御でハズシが出来ないので。
やるなら乾杯がオススメだよ! って当時は書いてあったんです…。

 

そう、乾杯にだけ搭載されている、あの前代未聞の新機能? のせいで…。

この機能はセブンダラーズには搭載されてないですからねー?

 

なんと!
…って引っ張っても、ココ読んでる人なら多分全員知ってますヨネー。

「乾杯RDはリプレイ後にはボーナスの抽選を一切していない」

正直、この事実を知った時「いやいや、まさかぁ」って思ってましたね。
先述した通り、先に変換攻略法が発覚していたので。
これじゃあ変換する前にビッグ引けないじゃないの…って。

その後は皆様ご存知の通り色々な意味でお祭りですよ。

「変換法無しでの乾杯の設定6の機械割は100%を切る」
「毎回変換打法使って成功しても、設定1の機械割は102%程度」

などなど…。

そりゃそうじゃ。(オ〇キド博士風)

 

前回もちょろっと書きましたが、乾杯のリプレイ確率はざっくり1/7程度。
って事は、1/7でボーナスの抽選をしないゲームが存在する、という事。
勿論、4号機なんでリプレイとの重複もございません…。

なんつーか、画期的過ぎでしたよね…。

これが意図的では無い事を証明する為なのか?
結構な無名度ですが、実は乾杯は青いバージョン違いが出てるんですよね。
乾杯BLという、シフト持ち越しが無くなった分、合成が上がったバージョンですね。

img_2000_04

うん、ぶっちゃけ、見た事ない。

 

ネットの液晶第一弾がこの乾杯RDって思うと…。
アルゼのデュエルドラゴンの凄さや、山佐のタイムクロスの完璧さ、
凄く良く解る一品だと思いますね…。

 

そして、それだけなら良かった。
実はリール関係、これ以外の機種でも結構やらかしさんなのである。

まずは情報ご提供くださったFOさんのコメントをまんま流用。

ハロウィンⅡV-CTでは右リールでリプ間5コマ空いてて、順押しで普通にリプをこぼし、
その場合、何故か次ゲームにリプフラグを持ち越すとかありました
(おそらくボーナス無抽選、他小役が揃うことも無いので)

厳密には6コマなんですが、リプ持ち越しは知りませんでしたね…。
まぁワタクシの昔の記事をこっそり挿入しておきますが。

パチスロは計算上では5.32コマ滑りが限界なのですが、こいつは6コマあいてます。
右リールに6連ドンちゃんがいるようなものです…そりゃリプレイこぼしますがな。

 

ワタクシの知ってた情報だと「ドラキュラ7A」ですかね。

ビッグ中、左以外を最初に押すとJACINしないという便利か不便か解らない機能搭載なんですが。
なので最初はJAC優先で左から、2回消化後に逆押しでDDT、その後G数で順押しに切り替え。
この頃の機種なんで、小役ナビなんて便利なものはついてません!

で、この左からリプレイ理論、なんとこれ、JAC中にも通用しちゃうんですよね…。
JAC中に左以外から押すとリプレイ揃いません。

まぁ今の機種でいう「ペナルティ」なんですかね!
※こじんてきにはただのばぐとおもいます('ω')

 

ついでなんで、ネットのリールネタと言えば。
「ネット機種のビタ、ビタっと止まらない問題」

これは確かにメーカー差があるとは思います。
ただ、個人的にも「ビタッ! ってよりはちょっとバウンドビタっぽい…」って思ってました。
賞金首とか、モグモグ風林火山とか、ハズシ時に特定の場所をビタする事でリプ回避+特典が貰える系で。

賞金首のデカダンとかなんて2コマ余裕なんですが、それでも押せない時が多々有り。
しかも賞金首もモグモグも2連絵柄と見辛い絵柄ではない…。
でも2コマってハナビの暖簾上段押しと同じ…そっちは簡単に出来るのに…。

 

実はこの疑問、本当201x年頃になって解決しました。
ちょっと情報元は伏せさせて頂きますが…結構衝撃の事実でした。
まずワタクシのリンク張った記事をご覧ください。

ストップボタンに関しては押してから0.19秒以内、
リール回転は1分間に80回以内、とあります。

で、だ。

当時のネットさんはそんなに裕福では無かったらしい。
そして、リールは80回以内、と規制があるが「80回以下でも良い」訳である。

…どうやら、当時のネットさんはステッピングモーターにそんなにお金かけて無かったらしい…!

なので、完璧な図柄認識ビタでは遅く、少し早めにビタ押しすると止まるらしいです。
確かに当時はワタクシはですが、ちょっと早めに押していたもんなぁ…。
日本語がおかしいですが、ちょっと滑ってビタ止まるイメージだったんで。
先述したバウンドビタ的な感じで。

あくまでも、とある関係者から飲み会で聞いた話なんで話半分に覚えて置いてください。
ワタクシ開発関係者じゃないですしね!

結局その後、改良があったかは不明ですしね。
ただ、ワタクシは今でもハーレムエースとか打つと、2連絵柄の上だけがたまに止まる事があります(苦笑)
 

 

最後に。

ハーレムエースを良く持ち出す位なんでネットさんは大好きですよ! フォローとかじゃなくて!
この前も知人と「凪あすの制御は良いがGATEは…」って結構突っ込んだ話してますからね。
ハーレムしか打たない訳じゃないのよ? って事で。

廃止されましたけど、ドリスタとかアカネ55とかの「液晶隠しちゃうモード」大好きでした。
あのモードは復活させて欲しいですね…。

それではまた。

コメント

  1. 白いシロー より:

    リオデカーニバルのハズシビタ(8枚)が出来なかった思い出があります。

    枠上が見えすぎてて押しにくいとかワイドリールの視認が、とか
    いろいろ考えてましたが・・・なるほど~と何となく納得してしまいます。

  2. デルソラー より:

    「80回以下(未満)」ならば、リール回転自体が遅いから、目押しも遅めだと思うのですが(´・ω・`)
    いやでも、目の前の台に合わせて、という意味で言うなら、「その台のジャスト」が正解であって、遅いリールにひっぱられて”必要以上に遅くしてしまう人”は、早く押したほうがいいですね。

    リール回転が微妙に遅いというのは、当時から確かにそうだと思っていました。私じゃなくスロット友人の意見でしたが、たぶんそうですね、という結論になりました。

  3. きーうぃ より:

    >白いシローさん
    あの場所もビタな上に青7サンドで結構見にくい場所なんですよね…。
    でもギャルズマジックの白7・スイカ・白7の白7サンドはバッシバシビタ出来る…。
    同じ様な配列でもネットさんのだけはどうもワタクシも苦手でした…(苦笑)

  4. きーうぃ より:

    >デルソラーさん
    なんて言えば良いんですかね…意図的な「花火の親方」というか。
    他の機種打ってからネット機種打つとなんか滑っちゃうんですよね…。
    リールの回転数が遅いのか、コマ数の割り方が雑なのか…。

    賞金首のデカダンが目押し正確なら上中段停止なんですが、
    中下段に止まって「え、ココ止まんの!?」ってなった事がありますね…。

    とりあえず、当時の一流メーカーとは使ってるステッピングモーターとは違うようです…。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Page Top