佐野店の追憶。

ま、ワタクシの勝ち負けなんてどうでも良いんですよ。
同じチャンネルから来て頂いた方はどうもありがとうございます。
季節の変わり目は豪雪よりも苦手なきーうぃでおます。

さてはて。
へんてこきーうぃビジョンから見た佐野店。

前日、佐野店さんを訪れた時に黒幕さんに「田沼程まだありませんが…」と言われていたのは前々回に。
確かに広いし、まぁ普通のホールさんだなぁ、とは見た目は思いましたが。
景品カウンターでうさぎ飼ってる時点で十分だとは思いましたが!

あと田沼店にもありましたけど。

DSC_0308_R

これ地味にありがたい。
水とお湯(白湯)のマシンはよく都内とかでは見かけますが。
どっちかというと田舎のお店にこのマシンは本当にありがたい。

いやね、自動販売機ってあったか~いの、秋位からしか置かないじゃないですか。
年がら年中あったかいの売ってるなんてまずないですからね!
そういう意味ではこのマシンは非常にありがたい、そして無料。

良く「置いといたまんまで無調整でお茶が異常に濃い」とかもなかったです。

 

ホールの趣旨としても面食らうものも。

DSC_0305_R

モンハン4ミドルですが。
上にデカデカと「定」と書いてある。
別に帝愛グループの持ち物ではありません。

天下一閃が出た時にちょっと流行った「定量制方式」(一回交換)である。
このモンハンは5000発定量で、大当りで5000発超えたらおしまいね?
その分すげー回ると思うから! って釘で置かれていた。

(あんまり釘の事大声で言うとな? なんかあれな?)

まずは「天龍」とか「天下一閃」の様な台ではなく、
あえての普通のミドルタイプの定量制ってのには驚きましたね。
説明にも書いてありますが、5000発出したら即交換。

ただ、昔の定量台と違って「じゃあ次の開放は夕方…」とかではなく、また直ぐに打てる。
ただし、確変や時短などの状態はリセット、通常状態からスタート。
まぁそもそもラッキーナンバーとか無いですからね…カツ丼とか付いてるらしいですが。

しかし、ワタクシも勝ったからと言って店を褒め称え、贔屓する訳ではない。

定量のポップ、よーく見ると誤字と言うか脱字が…!
人間らしくて好きですけどね! イケジ店長へお客様からの声として(苦笑)

 

あとビックリしたのが佐野店のスタッフさんの年齢。
ド頭に書いた通り、ワタクシの目は節穴だ! ってのもあるかもしれませんが。
多分全体的に社員クラスと思われる方の年齢が高いのである。

人の年齢当てるのは苦手ですが、多分ワタクシよりも年上の方が多い。
地域の方、積極的に採用してるのかなー…程度に思って居たら。

ワタクシはタバコ吸わないので、あんまりお近くには来られませんでしたが。
灰皿回収のおばちゃんが…おばちゃんではないのである、おねえさんでもない。
おばあちゃん、なのである。
(失礼な言い方かもしれませんが、腰が完全に曲がっているレベル)

灰皿自体が手動清掃なのはそんなにビックリ! って程では無かったが。
このおばあちゃんの起用は凄い采配だと思いますね。

この時点で「あぁ、地域密着型なんだろうな…」って思いましたね。
地域密着ってよりも老若男女、パチ屋で働きたい奴、出てこいやぁ! って総統な感じで。
こっちの地域でもあそこまで高齢の方は全くってほど見た事無いですから。

 

あとはもう本当に「風変りなホールさんやなぁ…」って所ばかり。

休憩所に置いてあるロデオマシン。
DSC_0306_R

しかも時期的に日本ダービー仕様。(行った日は先月27日だったかな)
そのうちトイレの個室の方壊れたらコイツ置いちゃうんじゃない位には思いました。
多分、個室に置いてあったらワタクシ乗りましたね。

さっきのお茶マシンじゃないですが、マッサージチェアって良くありますけど。
ホールにロデオマシンは流石に初めて見ましたね…(苦笑)

 

そして文字にすると凄い誤解を生める「4号機の立ちスロが置いてあるお店」

DSC_0309_R

ただのアミューズメント仕様にしてある初代秘宝伝ですけど!

勿論お店の中では打てません。
入口入って直ぐの所に置いてあります。
ある意味お店の外で打てる秘宝伝です。

家スロマニアとしては結構状態は良かったですね。
もうこの頃の大都の液晶ってホワイトアウトしちゃう事が多くて…。
一部の中古屋さんでは液晶の修理だけを行っている所もある位なので。

「4号機のストックって何?」って方はここで勉強出来ます。
あ、不要機も付いてるので手も汚れませんよ。

 

いやー、なんか田沼店さんに行ったはずなのに。
凄い佐野店さんの事ばっかりになっちゃいましたが。

最後にヒューッ!! って事を書いて今回の長旅を〆ようと思います。

確かにまだ佐野店さんには田沼店さんほどの遊びは無いかもしれません。
ただ一つ、秀でてるものはあります。
それは。

「遊びへの可能性」

 

今度はアレですね、日暮里店の店長さんにもご挨拶したいですね。

そして、今回の旅でまた沢山の方と出会いや再会がありました。

またワタクシは…コレを着てパチ屋に行く大胆行動をとるでしょう…!

DSC_0204_R

それではまた、梅雨明けにでも(苦笑)

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Page Top