【パチンコ講座】 近年のパチプロが収支を安定させるために行なっている「打ち子方式」とは!?

 

どーも! さのぴーです(   ̄▽ ̄)ノ

 

前回のおさらいですが、近年のパチプロはMAXタイプの蔓延によって、ひと月頑張ったとしても確率のちょっとした下ブレですぐにマイナス粋に転落してしまうような大きな確率のもと、日々の稼動を続けていっていることが理解できたかと思います。

しかしパチプロたるもの、稼動で勝たなければ食い扶持を失ってしまうのですから、少しでも収支を安定させる努力を行なっています。

具体的にどのような方法で収支を安定させているのでしょうか?

・グランドオープンを渡り歩くなどして、より期待値の高い台を探す
・単独稼動ではなく、複数人で稼動する(打ち子を使ったりノリ打ちをする)

上記のような方法が考えられます。今日は後者「複数人で稼動する」について言及してみましょう。

 


打ち子の存在

皆さんは近年のパチンコホールの現状として、組織化された打ち子集団がやってくることがあることを知っていますか?

連日状況の良いパチンコ店であればあるほど、高い確率で打ち子集団がやってきます。

さのぴーの地元も釘状況がとても良いので、連日打ち子集団が仕事量3万~の台を占拠しにやってきますね。朝早く並ばなければ、良釘代にはありつけない状況です。

パチスロのノリ打ち軍団とは違って、パチンコの打ち子集団は親に何人も雇われているケースが多く、アルバイトをしている人たちはお互いの顔を知らないことも多いので、会話をすることもなく目立たないことが多いです。普通に打ちに行った程度では打ち子集団に気づくことはないかと思います。

中には目立つ風貌をしている人たちもいますが(笑)

 

彼らはインターネットや口コミで人数を増やし、1日約3万円前後の仕事量の台を打ち子に打たせ、給料として時給1000円程度のお金を支払い、利益を得ています。

しっかりやっているところは詐欺でも何でもありません。投資金は雇い主が出してくれますし、単純に打ち子はアルバイト感覚で働くことができてしまいます。

僕が関わっているわけではないですし、宣伝したいわけでもないのでリンクなどは張りませんが、気になる方はグーグルなどで「エクセルジャパン」と検索してみてください。

「エクセルジャパン」とは打ち子集団の中でも古株で、パチンコ稼動だけで生計を立てている集団です。

プロの方々なら大体知っており、人数も多く活動地域もとても広い組織です。ホームページや打ち子募集要項を見てみれば、「打ち子集団」の現状がより詳しくわかると思います。

まさにインターネットが普及した現代の「パチプロ集団」というイメージですね。

 


打ち子を雇うメリット

1人で1カ月間トータルで数十万円勝てる予定の台を稼動したとしても、数カ月に1回は月トータル負けてしまうほど荒波スペックが多い今のパチプロの現状。

1人ではMAXタイプの確率が収束するための試行回数がとてもじゃないけど足りないわけですね。

だから打ち子を雇うことによって、稼動(試行回数)より収支を安定させていっているのです。

単純に3人雇ったとして、台選びさえ間違っていなければその分利益(仕事量)は数倍になります。その中から利益が出る範囲で給料を渡せばいいのです。

単純に人を雇えば雇うほど打つ台さえあれば利益が増えていくわけですから、先述した「エクセルジャパン」のような巨大な組織もできあがってしまうわけです。

 


中には詐欺まがいの勧誘も…

今日はあくまで「打ち子集団という世界もあるよ! という紹介をさせていただいただけ」のつもりですが、打ち子のアルバイトを「気になる」「やりたい」と思ってしまった方もいるかもしれません。

やるのは勝手です。ただし中には詐欺まがいの勧誘も多いです!

インターネット経由の勧誘や誘いには十分に気を付けてください。

・初めてすぐに月収100万
・パチンコ店PRモニタースタッフ募集
・日当5万円~可能
・軍資金は自分持ち

・入会金が必要

こんなうたい文句が書いてあった場合は99.9%詐欺です!

そんなにうまい話は世の中そうそうあるもんじゃありませんから、おいしいと思った話には十分気を付けてくださいね…(   ̄ロ ̄)ノ

 

それではまたっ(  ・∀・)ノ

コメント

  1. 通りすがり より:

    建設も親方の下は一人頭4万とか5万とか入るけど給料1万とかだよね
    これも詐欺なの?
    額からしてパチンコより悪質だよね

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Page Top