【パチスロ立ち回り講座】 『南国物語』などモード移行系の台での「○回天国移行スルー台」を突っ張る行為は危険信号!?

 

どーも! さのぴーです(  ´ー`)ノ

 

『南国物語』、『キンパル』、『沖ドキ!』など、天国に上がるまでモードが落ちないような台において、天国に移行せずに何度もボーナスをスルーしているような台を見つけた場合みなさんは打ちますか?

例えば『南国物語』(スペシャルのほうじゃないよ!)を例に挙げると、一般的な攻略サイトや雑誌にこんな記事が書いてあるのを見たことがありませんか?

32G以内の連チャンを5回以上スルーしている台は、モードが上がっている可能性が○○%あるため、どこから打っても期待値がプラス!

天国に行くまで全ツッパをお勧めします!

これって本当に勝てると思いますか?

 

さのぴーはこういった「○回スルー台は期待値がプラス」というような根拠では絶対に着席しません。

確かにモード移行率をフラットに計算した場合、5回も6回も連チャンをスルーしている台は高モードにいる可能性が高まります。

でもこれ、あくまで可能性の話なんですよ。

ただスルー回数だけを見て台に座っているようでは、期待値を必ず取れているということにはならないんです。

 

引き続き『南国物語』を例に挙げて解説をしていきましょう。

本機はモード示唆系の演出が豊富です。

RB終了画面で三日月や流れ星が出ればモードB以上が確定しますし、オリオン座が出ればモードC以上が確定します。

通常時の遅れにもモード示唆が絡んでいたりします。

こういったモード示唆演出は南国物語を好んで打つ打ち手であれば必ず知っているレベルの情報です。

実際にモードB~C滞在状態から天国まで打ち切った場合の期待値は間違いなくプラスになるでしょう。

ですが前任者の知識があった場合、5回スルーしていたとしても一切高モード示唆の演出が出ていなかった可能性も高まります。

その場合は期待値を取るどころか「最低モードに滞在していてそもそも期待値なんてありませんでした」というようなケースも当然出てくるわけなんですよ。

○回スルーしているからという理由で履歴だけ見て座るのであれば、2回、3回のスルー台でも「前任者が流れ星やオリオン座を出しているのを見た」という理由で座るほうが、はるかに期待値が高くなります。

もし天国移行まで突っ張るような打ち方をするのであれば、投資金額が青天井で、かなりリスクもある立ち回りになってしまうことも理解しなければなりません。

少しでもリスクを軽減して確実に期待値を取っていくために「モード○以上確定の演出を見た」など、高モードの「可能性」ではなく、高モードが「確定」している状況で打っていくように心がけたいですね(* ^ー゚)ノ

 

『キンパル』、『沖ドキ!』などモード移行系のその他機種全般についても同様です。

こういったモードが落ちない系の台では、モードの示唆演出を覚えておくことで役に立つことが多くなりますので、必ず押さえておくようにしましょう。

 

それではまたっ(  ・∀・)ノ

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Page Top