【パチンコ講座】 ちょいパチ考察、解説(第2回) ちょいパチにボーダー理論は通用しない!? 勝つために最重要なのは出玉だ!

 

どーも! さのぴーです(  ゚∀。)ノ

 

前回は「ちょいパチ」の定義や遊びやすさを考察してみました。

前回の記事は↓からどうぞ。

ちょいパチ徹底解剖、解説(第1回) ちょいパチの定義とは? プロ目線から見て本当に遊べるの?

 

今日は第2回。ちょいパチの「ボーダーライン」について考えてみましょう。

先に言ってしまうと、ちょいパチは大当りの回数が1/40以上と圧倒的に多いので、回る回らないも確かに重要ですが、それよりも重要なことは「大当りの出玉」になります。

出玉によってそんなにボーダーが変わってくるの? と思う方もいらっしゃると思いますので、実際に機種を挙げて比較してみましょう。

 


00009423
ちょいパチ海物語3R29(三洋物産)

ちょっと導入台数は少なめですが、なじみのある海物語を例に挙げてみましょう。

賞球…5&2&3&6
ラウンド…4Ror8R(8C)
出玉…192個or384個

これはメーカーHPに乗っているスペック情報です。表記出玉の欄を見ると「192個or384個」と表記されていますね。

このメーカー公式発表の出玉情報に騙されてはいけません。これは単純にアタッカー賞球の6個、ラウンド数、カウント数をかけたものになります。

本機のように右打ちで玉をこぼさなくするようなタイプではない通常のゲージ構成の機種は、当然のことですが単純に台から払いだされる出玉と、実際の獲得出玉に大きな差異が出てきます。

実際にホールで打つと、上記の出玉通りに玉が取れるなんて言うことはまずあり得ないわけです。

 

ではどの程度出玉によってボーダーが変わってくるのでしょうか。

 

【例1】

まずは1Rあたり8個玉をこぼしたとしてボーダーを計算してみましょう。

この手のゲージタイプで8個しか玉がこぼれないというのはかなり優秀なラインです。

出玉は4Rだと160個、8Rだと320個になりますね。

等価ボーダーは約20.5になります。

 

【例2】

ではさらに出玉を1Rあたり5個減らしてみます。

1Rあたり13発こぼし。中途半端な数字になってしまいましたが、この辺が現実的なラインになるでしょう。

出玉は4Rだと140個、8Rだと280個になりますね。

等価ボーダーは約23.5になります。

 

【例3】

極悪調整で出玉を「例2」からさらに5%出玉を削られたとすると、等価ボーダーは25を超えてきます。

 

大当りが多い分、1回の大当りの出玉が数十発少ないだけでここまでボーダーラインが変わってきてしまうんですよね。

ちょいパチを打つ際に、雑誌やサイトで出ているボーダーラインだけを見て打つのは危険であることがわかるかと思います。

 


上に挙げたのはあくまで「ボーダーライン」です。チャラになるラインなのです。

ボーダーが高い分、ボーダー+5回転はとらないと満足な仕事量が出せません。

機種にもよりますが、仮にボーダー+3回転ほどの台の期待値は「ちょいパチ」の場合終日打って1万円程度でしょう。

11時間打ったとしても時給で言うと1000円以下…。

 

そんな台に飛びついているパチプロを見ていると「働けや(  ゚∀。)ノ」と言ってあげたくなります。

 

いかにヘソ賞球が5個返しだと言っても、25回転も30回転も回る台がありますか?

そんなに甘いホールはほぼないですよw

むしろあったら教えてほしいw

 

出玉を取れなかった場合のことを多く書いてしまいましたが、逆に出玉をたくさんとることができれば、ちょいパチはとてつもなく安定して勝ちやすい機種になります。

日当15000円の台を打てるだけでも、勝率は90%近くになってくるでしょう。作業感が出てくるので1日修行に耐えられる精神力が必要になりますけどね(笑)

打つ際には回転数もそうですが、回転数以上に出玉を気にするようにして打つようにしましょう(  ・∀・)ノ

参考までに、出玉の計測方法を。

ラウンドごとにこぼれた玉数を数え、ラウンド、カウント、賞球をすべてかけた数字から引けば算出できます。

 

あくまで勝てる勝てないの話でちょいパチを考察させていただきましたが、30分や1時間でも暇つぶしに遊べるパチンコが出てきたのはうれしい限りですね。

待ち時間のちょっとした時間に「タバコ代くらいにはなるかも!?」くらいの気持ちで数千円勝負をするというような楽しみ方が、作り手側も一番望まれていることではないでしょうか?

 

 

次回の内容は未定でっす。週2回は不定期で更新していますので次回もお楽しみに!

それではまたっ(   ̄ー ̄)ノ

コメント

  1. FO より:

    大当たり中の入賞玉もアウト玉の一部ですから4R当たりならさらに32個減らして考えないとダメですよ~

    個人的に賞球の少ない台はオーバー入賞もうまみが少ないし、表記以上に出玉が少なくなるので嫌いです
    6個×8Cなら8個×6Cにしてくれよとw

  2. さのぴー より:

    >FOさん
    いつもコメントいただきありがとうございます。
    頭から入賞玉もアウトだということが抜けていました。ご指摘ありがとうございます。
    時間を見つけて修正しておきます。
    たしかに賞球が多いほうがオーバー入賞にうまみがなくなってしまいますね。逆に勉強になりますw
    今後ともよろしくお願いいたします。

  3. 555 より:

    お勉強になりました

  4. さのぴー より:

    >555さん
    読んでいただきありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

  5. 大便 より:

    ちょいぱち、酷すぎですね。毎日4、5倍はまってます。要りませんね、こんな機種。

  6. さのぴー より:

    >大便さん
    1日の当たる回数が多い分はまる回数もそれだけ多くなり、1日何回かは信じられないようなはまりをくらって出玉を全部飲まれてしまう…。
    当たりやすいのはいいですけど、勝負には不向きかもしれませんね…。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Page Top