パチンコにおけるデータ表示器の利用価値

 

どーも! さのぴーです|´~`)ノ

 

 

今日はパチンコにおけるデータ表示器の利用価値について。

 

ホールでよく見る光景ですが、パチンコ台の前で台に座る前にデータ表示器をポチポチして、首をかしげたりうなずいたりしながら台を吟味している人を良く見かけます。

 

皆さんはどうでしょうか?

 

よく当たっている台は調子がいいから次もすぐ当たると思いますか?

ハマっている台はそろそろ当たると思いますか?

 

もちろん上に挙げたようなことを想像しながらお小遣いの範囲内で打つのは否定しません。

 

このブログを始めた当初も書きましたが、ただパチンコで「勝つ」ということのみに着眼した場合、大当り回数のみが表示されているデータ表示器はほぼ意味を成さないことを理解しなければいけません。

「ほぼ」と言ったのは、こと羽根物に限っては回数のみのデータ表示器でも優秀台が多少見分けられる可能性があるからです。

周りの台よりも当りが軽ければ、鳴きに対する拾いや寄りがいいことが想像できますし、単純に大当り回数が多ければ多いほど客滞率も高い⇒持玉で遊べていた可能性が高いということが想像できますね。

 

近年のデータ表示器では、回数だけではなく「スランプグラフ」を見ることができるものが多く存在します。

台に設置されているスランプグラフではなく、ホールの壁などに全台のスランプグラフや大当り回数が一覧で見られるデータ表示器を設置しているホールも少なくないです。

20151101_220252
パチスロですがこんなやつです。

 

このようなスランプグラフには、デジパチであってもその台が優秀台かどうかのヒントが隠されている場合があります。

ではパチプロはどのような点に着眼してスランプグラフを見ているのでしょうか?

 

まず前提として

 

パチンコは何よりも釘を見ることが第一優先でありすべてです!

 

さのぴーが夕方からホールに出向き、打てるに値しそうな釘の台を見つけた場合、まず台を確保したのち、より打てる根拠を高めるために、上記画像のようなスランプグラフが見られるお店では必ずグラフを見に行きます。

夕方からの稼動であった場合、見た目上釘が開いている台を確保しても、朝一にその台を確保したパチプロが思うように回らず捨てていった可能性も高いため、朝一よりも慎重に台を選定しなければいけません。

 

確認するところは以下のようなところ。

・通常時だと思われる下り坂の傾斜を、同機種の違う台と比べる
⇒傾斜がほかの台よりも緩やかであれば、玉持ちがいいことが予測できるので、ほかの台よりも回っていると推測できます。

 

・ロングST機や確変機であれば、電サポ中だと思われる個所の横ばいの棒を見る
⇒ここのグラフが明らかに下がっている台は要注意です。電サポ中に玉が明らかに減らされている台は打てたものではありません。

 

・データ表示器で数回前の大当りまでの連荘数を確認し、おおよその出玉を計算したのちグラフを見る
⇒ここまでいくと気持ち悪い人に思われそうですが、さのぴーはそこまで見ないと気がすみません。大当り中にメーカー発表値出玉がしっかりとれているかどうか確認します。下限値から上限値までの出玉(レンジ)が表示されているデータ表示器も存在するので、正確に測れる場合もあります。

 


 

どうでしょうか。

ガチでパチンコを打っている人たちはこういうところまでしっかり見ています。

 

口酸っぱく言いますが、お店選び、台選び、日々の経験を生かして優秀台を掴み、期待値を積み上げていくことで収支は上向きになっていきます。

 

運だけで勝てるものではありません。

 

パチンコ、パチスロで勝っていきたいのであればこのブログを読んで「勝つための考え方」を学んでいきましょう!

 

それではまたっ(  ・∀・)ノ

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Page Top