【パチンコ精神論】 大ハマリの最中に勝ち組が考えていること

 

どーも! さのぴーです(* ^ー゚)ノ

 

最近はパチスロ講座ばかりでしたので、今日はパチンコ講座を!

パチンコを打っているときだれでも経験したことのあるハマリ…(  ´Д`)

隣同士がガチャガチャ連チャンしているのに自分は1000ハマリとかやっちゃうと、気持ちが萎えてくる人も多いのではないでしょうか。

今日はそんなハマっているときに勝ち組のパチプロが考えていることについて書いてみます。

 


そもそもパチンコで周りの台を気にしてもいいことなんてありません。

「あっちの台を打っていれば当たっていた」

「あの人はお座り1発で当たった。俺は朝から打ってるのに先に当てるなんて…」

なーんてことを考えていてもきりがありません。隣が当たっているのに自分がハマっているといやな気分になる気持ちはわかりますけどね。

一緒に当たりを喜んであげるくらいの寛大な気持ちを持ちましょう。

 

ことパチスロにおいて、周りを見ることはとても大切です。周りの状況によって勝率に直接影響が出てくるからです。

ですがパチンコにおいては周りの挙動など一切見る必要はありません。気にしたところで勝率に変化があることはないですからね。

 

しかしホールではまったく逆の現象をよく見かけます。

パチスロを打っている一般人は自分の台に夢中で回りなど見えていません。

パチンコを打っている一般人は隣が激アツリーチをかけると、自分の台はそっちのけで激アツリーチの行く末を凝視します。

 

本末転倒です!(   ̄ロ ̄)

パチンコを打つ際は自分の台に集中し、保3止めや回転率の監視に集中しましょう。

 

ちょっと話がずれてしまいましたが、ちょっとパチンコを打ち込んでいる人であればだれでも経験したことがある「大ハマリ」。

一般人は、パチンコで勝ち組の人たちと比べて、ハマっているときの精神状態に大きな差があると思います。

 

一般人の考え方はというと、

「もう4万円も使っちゃったよーそろそろ当たってくれないと取り返せないー」

「今日負けたら今月のお小遣いがなくなっちゃうー」

「くっそー隣の台に座っていれば…」

こんなところでしょうか?

 

そもそも軍資金に余裕がないのにパチンコ、パチスロを打つべきではありません。

そんな精神的に追い詰められた状態で打っても楽しむこともできませんし、立ち回りに焦りと狂いが生じてしまいます。

 

逆に勝っている人の精神論はこう。

 

1回転あたりの収支が計算できる人は、より多くの通常回転数を回せていることから、

「今日はハマるなー! でも勝つための仕事をたくさんできてるからよしとしよう。次の爆連が楽しみだなー!」

と考えるわけです。

目先のお金の上下にとらわれなければ、ハマっている時間の方が通常回転数を回せているわけで、ちゃんと仕事ができているということになります。

もちろん当たっていやな気持ちになることはありません。当てるために打ってるわけですからね。

大当たりの確率はそのうち収束していく仕組みも理解できているわけですから、寛大な心を持って遊技ができるわけです。

こういった考え方ができている人は普段から勝てていると思うので、軍資金にも余裕があることでしょう。

 


どうでしょうか。

パチンコ、パチスロを打つからには、自分が納得できる台を打つとともに、勝っても負けても気持ちよく帰れるような知識を身に着けて臨んだほうがより一層楽しめるようになると思いますよ!

 

それではまたっ(  ´ー`)ノ

 

 

コメント

  1. 匿名 より:

    あほくさ

  2. 匿名 より:

    あそくさ

  3. 匿名 より:

    初めまして
    私はハマリ中は逆にラッキーだな~って思います。基本的に甘デジをメインに打つのですが1日打ち切ってもせいぜい1200~1300回程度が限界なのですが3倍ハマリの後更に3倍ハマってくれると半日分の仕事量に3時間程度で到達するのでwアホ臭く感じるかも知れませんが私にとっては下手すれば爆連よりありがたいなと思います

  4. さのぴー より:

    >匿名さん
    僕もまったく同じ考え方ですね。
    仕事量を考えると通常回したほうがお得だという思いになりますよねw

  5. 匿名 より:

    ハマったほうが得とか頭おかしいスロの設定6でハマったら得って言ってるようなもんだぞ

  6. さのぴー より:

    >匿名さん
    パチスロではまったほうがお得と言うこととは少し違うと思います。
    パチンコで仕事量を計算する際、通常時の回転数によって仕事をした金額が変わってきます。
    どうせ最終的に初当り確率が収束するのであれば通常時を多く回した日のほうが仕事量が多くなるという理論です。

  7. 匿名 より:

    1k30回るガロを打ち続けて年間収支マイナスでも同じことが言えるのかしら。

    Bホルの餌食になってるわよあなた

  8. キャメロン より:

    一生はまり続けろ、バーカ!

  9. 匿名 より:

    パチンコは独立試行の完全確率である前提条件が理解できてれば
    ハマったら得とか矛盾してると分かりそうなもんだがなぁ

  10. 匿名 より:

    確率論では期待値も収束も語れない。
    統計論で言えばどれだけボーダー以上を打っても負ける人は絶対にいる。
    マイナスが0という分布は確率の性質上有り得ないから。
    あと収束論でよく議論されるのが同一事象と別事象の差ね。
    別事象の積重ねを都合良く確率論を持ってきて収束するとか言ってるの馬鹿だよ。
    そもそも理論として同じテーブルに乗らない話だから。
    これが分からなければ偉そうに語らない方が良いかと。

  11. さのぴー より:

    >匿名さん
    コメントありがとうございます。さすがに1k30も回るGARO魔戒を毎日打たせていただけるのであれば仕事やめますw
    それで年間収支マイナスになるようであれば天文学的なヒキ弱ですし、パチンコ屋が還元するしないの基準もなくなってきてしまうと思われます。
    もしそうなったらそうなったときに考えることにいたします!

  12. さのぴー より:

    >キャメロンさん
    はまっているときのほうが技術介入に神経を使わなくていい分気持ちが落ち着くようになってしまっている僕は病気かもしれませんねw

  13. さのぴー より:

    >匿名さん
    コメントありがとうございます。
    叩かれる叩かれないはコメント機能のあるあるだと思います笑
    人それぞれいろいろな考えがありますので、あくまで私はこういう風に考えるというところを伝えていければいいと考えております。
    これからもよろしくお願いいたします。

  14. さのぴー より:

    >匿名さん
    その通りだと思います。
    マイナスが0の分布がない以上パチンコ、パチスロはギャンブルですし、それは理解しています。
    限りなくマイナスにならない努力をする方法をこれからも伝えていきたいと思いますので、末永くよろしくお願いいたします。

  15. 匿名 より:

    ハマリ中はラッキーと思うコメントしたものですが、私は過去に399タイプの機種で6倍ハマリを経験しましたし逆に1回転で当たった事もあります。そんなブレまくっている確率ですが総回転数に対し初当たりは概ね405~395の間でした。(複数機種)総回転数は確率の500倍は試行するスタイルなので大体が理論値に落ち着いてます。
    つまりは複数のハマリってその長い記録の1つであり、必ず薄まるし気にならないものです。仮に1ヶ月に回した総回転数を月毎に見直すと機種にもよりますが大体同じ回転数なんですよ。だからぶっちゃけ当たろうがハマろうがどうでもいいんですよね。大切なのは如何にコストを抑えその総回転数をこなすかでありこなせば結果は必ずついてきます。ボーダー以上を打っても負けてるという人は計算をミスしてるかどこかに怠慢に打ってる箇所が無いか再確認しなければいけないかなと思います。ボーダーなんて打ち手によって良くも悪くもなる厄介なものなので

  16. 匿名 より:

    付け加え
    確率は収束するなんて考えてるプロはいません
    確率は収束でなく薄まるものです。
    仮に甘デジならば概ね99分の1に試行回数を重ねた時に収束するのでなく、終われば気にならないレベルに薄まるのです。この違いがわからない内は真の意味でパチンコで稼ぐのは難しい性格と思います。ヒント パチンコは数学では無く算数です

  17. さのぴー より:

    >匿名さん
    コメントありがとうございます。
    自分もまったく同じ考えです。パチンコにおいて正攻法で勝つ方法は回る台を打つ以外ありえませんので、出たとしても出なかったとしても今日自分が打っていた台の仕事量をしっかりと理解できるようになれば勝っていけるようになりますよね!

    今後ともよろしくお願いいたします。

  18. MA1988 より:

    専業投資家ですが気まぐれで書き込み

    専業でパチプロとして11年やっていけてるなら、原理原則は一緒だから投機の方がリターンは大きいからお勧めしますよ。ここにコメントしてる人たちは考え方が一般大衆すぎるから現時点では無理な人が多いと思うけど、大衆の意見にぶらされずに淡々と期待値を追ってパチプロとして11年生き残れてる時点で確実に投機に向いてるからやったほうがいいよ。

    原理原則は一緒だけどパチンコ、パチスロとは資金管理に対する重要度の比重が違いすぎるからそれだけは注意して。

    パチスロで養ったスキル(精神面)は投機では億を築けるということに早めに気付いて><

  19. あほくさ より:

    アホクサ

  20. 匿名 より:

    当たり前でしょう

    パチンコの仕組みから言えば
    回る台は仕事量が高いは当たり前

    パチンコは設定されている確率分のメモリがあって

    指定されたメモリのポジションにスタートが電圧がかかり

    メモリのポジションが
    当たりか否かを判定する機械です

    工学系のじゃないと分かりにくいので

    例えば、99の甘だったら

    99等分に分けられた宝くじ
    の当選番号を決めるような
    高速で回るルーレットがあって

    そこにスタートという矢を放つ
    という仕組み

    そこが当たりなら確変か、時短という具合

    これがパチンコです

    ただし、勘違いされているようですが

    そのハマった分の矢をそのままにするのではなく

    矢を放っては抜くということをするので

    ハズレが矢で埋まって、当たりを引きやすくなるということはない

    つまり、どれだけハマろうが青天井のパチンコでは

    回る台が勝率が高くなると言える

    これは当たり前でしょうけど
    潜伏が無くなった今では、勝つためには必須の知識だと思います。

    たぶん、羽根物時代のシビヤな釘読みが新規順では必要になってくると思われる

  21. パチンコ歴15年くらいだか より:

    回る台を朝から晩まで
    ほぼ毎日打ち続けるボーダー理論者を店内で見た事がありません

  22. パチンコ歴15年くらいだか より:

    そんな立ち回りで勝率が5割なら、店内では、かなり目立ちますよね?

  23. 匿名 より:

    500倍で大体収束するとか絶対打ってないだろ

  24. みの より:

    バカの考えは理解出来ない

    あほくさ

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Page Top