お姉さんにコーヒーを注文しよう

まいど!京次です。

過ぎ行く夏を惜しみながらも肌寒くなった気候には逆らえず、我が家ではホットコーヒーはじめました。

IMG_20181011_164804

今回は「ホールのコーヒー販売」のお話。パチンコ店の店内で、お姉さんが販売してるアレです! 

みなさんは、このサービスを利用したことがありますか? おそらく利用する人は常連になっていて、利用しない人は一度も…って感じで分かれるのではないでしょうか。ちなみに、自分はかなり利用させてもらってる常連組みです。コーヒーは好きやけど缶コーヒーが苦手、そのためパチスロを始めてからわりとすぐにデビューを果たしました。そんなわけで20歳の時には…「いつもの!(砂糖なし、ミルクだけ)」でオーダーが通っていましたね(笑)。

それでは、そんなコーヒー販売サービスの魅力を紹介していきましょう!

価格はそんなに高くない!?

「値段が高い…」そんなイメージを持っている人も多いようです。たしかにパチンコ店で営業する価格という時点で安いイメージはありませんし、ホールのコーヒー販売の価格はだいたい300円程度(※京次調べ9店舗の平均は298円、サイズは1サイズが基本でおそらく一般的なSサイズくらいの量)。缶コーヒーと比べると約2.3倍なので高く感じるかもしれへんけど、いただけるのは「ドリップコーヒー」です。

では、それを踏まえて某コーヒーショップの値段と比べてみましょう…!

ド○ール…HOT/¥220/Sサイズ・ICE/¥220/Sサイズ

ス○ーバックス…HOT/¥280/Short・ICE/¥220/Short

星○珈琲…HOT/¥400・ICE/¥400

ルノ○ール…HOT/¥540…ICE/¥570

ドリップコーヒー部門で比較するとこんな感じです。席まで持ってきてくれる、高設定をブン回す時間が確保できる…それをプラスすると実はそんなに高くないかと。

オーダーすると喜ばれる

「注文してみたい気はあるけど、きっかけが…」、「ちょっと恥ずかしさもある…」。そんな方の背中を押す朗報!派遣する会社によって多少違いはあるようですが、歩合制であったり、売上に伴うボーナスを支給しているところも多いようです。なのでオーダーは基本喜ばれるはず!

購入までの流れ↓

まず通路にお姉さんが来たら、購入の意思をアピール(軽く手を挙げるのが一般的、また初めてで価格が分からない場合は、事前にコイン15枚を握りしめておくと支払いがスムーズになります)。席に来たら欲しいドリンクを告げる(ホールの音が大きいので、メニュー表の指差しを同時に行うと良い)。あとは、価格を確認してあの小さなトレイに支払えば完了!慣れれば15秒くらいかな。

こんなドラマも待っている!?

これは自身の実話…

夏休みに実家へ帰省した時のこと。車を走らせ、昔通っていたホールへ打ちに行きました。出玉を確保していつも通りコーヒーを注文。それから3分後…

アイスコーヒーを運んできたお姉さんから「○○君よね?(京次の本名)、覚えてる?」

まさかの中学の同級生! 少し世間話をすると、今は結婚して立派なお母さんになっていました。すんません…漫画やドラマのような展開はござませんでしたが(笑)…でもなんか素敵やん!こういうの。

IMG_20181011_164719

さて、いかがでしたでしょうか? ホールでドリップコーヒーが飲める、席を立たなくて良い、キレイなお姉さんが販売している…etc、意外と期待値の高いコーヒー販売サービス。もし興味がある方は、一度挑戦してみてくださいな。

それでは今日はこのへんで!(@^^)/

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Page Top