2018年を振り返る~①

まいど!京次です。

クローゼットからコートを引っ張り出しました…年末ですね!昨年のこの時期は今年のNO.1機種を決める…といった内容で書かせてもらったんですが、今年自分が選ぶ機種は…すんません、もうディスクアップ一択状態なんです(^^; 

ということで今年はちょっと違った角度から。月毎に話題となった機種をピックアップし、今年起こったパチスロ業界の出来事を振り返ってみようかなと思います。

それでは早速いってみましょう!

【1月】

_20181206_200526[1]

『パチスロコードギアス反逆のルルーシュR2 C.C.ver』

ボーナスとRTで出玉を増やす、SammyのGRTタイプとして登場。5号機初期からのユーザーには懐かしく、近年あまり見受けられなかった仕様には新しく感じることもできました。ボーナス→RT→ボーナスのループを有利区間の概念ナシで楽しむことができる仕様や、低設定でも遊びやすいスペックが魅力です。

【2月】

_20181206_200545[1]

『パチスロ鬼若弁慶』

5号機から6号機への移行で何かとざわつく中、衝撃的な「顔目」を引っ提げパチスロ新規参入をはたしたボーダー第一弾の機種。

【3月】

_20181206_200602[1]

『ドリームクルーン500』

他の5.9号機ARTとは少し毛色が異なる、短時間でも楽しめる「一発勝負」がテーマ。5.9号機の仕様(有利区間)にマッチした一台だったと思っています。

【4月】

_20181206_200616[1]

『パチスロ不二子TYPE-A』

遊びやすいスペックだけでなく、完成度の高いノーマルタイプとして根強いファンを獲得。またJACをストックするという特殊なボーナスの仕様も業界に衝撃を与えました!

_20181206_200633[1]

『SLOTパックマン』

ファミリスロシリーズの第一弾!次機種にはSLOTファミリースタジアムが登場し、新たなジャンルが確立されました。

 

以上、今週は1月~4月を振り返りました。続きはまた来週!

それでは今日はこのへんで(@^^)/

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Page Top