2018年を振り返る~③完結編

まいど!京次です。

3週に渡り開催している2018年振り返り企画、今週は完結編。9月~12月を振り返っていきます!

【9月】

IMG_20181220_182807[1]

『ハクション大魔王』

ボーナス+RTタイプ、新規参入メーカー「WORLD」の第一作目です。この時期に新規参入のメーカー(他…ボーダー)が複数あったのは意外でした。

【10月】

IMG_20181220_182826[1]

『ゲッターロボ』

6号機1発目のノーマルタイプ、BIGの獲得枚数は規則通り少なくなっています。軽いボーナス出現率で枚数をカバーという、懸念される6号機のノーマルタイプ対策の一つがこの機種で使われました。※今回は京楽直営店のみ導入。

 

IMG_20181220_183034[1]

『HEY!鏡』

6号機1発目のAT機、鳴り物入りで登場した本機。高純増、有利区間の設定差等、緩和された要素を存分に活かした新しいマシンが完成しました。5.9号機からの変化を感じることができ、新たな時代の幕開けは明るいのでは!?と感じた一台。

【11月】

IMG_20181220_182902[1]

『チェインクロニクル』

こちらは大手パチスロメーカーSammyの6号機1発目AT機。通常時のベース調整という、こちらも6号機の新たな仕様が採用されている一台。

【12月】

IMG_20181220_182845[1]

『スーパーリノXX』

リアルボーナス連チャン機の代名詞。前作とほぼ変わらないゲーム性、いわゆる「リノシステム」が復活しました。これも新規則だからこそ実現できる仕様です。

 

以上、3週に渡り2018年を振ってみました。特に後半は新しい流れに切り替わる時期、各メーカーから続々と6号機が登場。予てから噂されていた新規則が存分に使用される機種が開発され、個人的にはひとまず新時代が無事スタートしたかな?と感じています。

規則改定の狭間の年ということで、パチスロ界では明るいニュース、暗いニュースが飛び交い、様々な仕様の機種も導入されました。自分が執筆しているパチスロ攻略マガジンでは、読者さん、メーカーさん、ライターの投票で今年のNo1機種を決める年末年始恒例の企画があるようなので、その結果も気になるところです。

それでは、これにて2018年振り返り企画は完結。来年はどんな1年になるのでしょうかね?

それではまた来週(@^^)/

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Page Top