ARTもええけどRTもね!

まいど! 正月ボケも抜けてきて、ようやく通常運転を再開しはじめました、早乙女京次です。

さて、冒頭の挨拶のとおり年末年始ネタは終了。今回は久々に新台のお話。

ホールの設置割合の変更もあり、AT機一辺倒な時代も終結を迎えました。そして来る5.9号機時代、序盤は5.9号機でもART機仕様の台が多かったのですが、それもここにきて少し変化が。そう、タイトルの通り、RT機が続々と登場しはじめたのです。今回は実際にホール、ショールームで触れた感想を元に最新の2機種を紹介します。

【パチスロコードギアス 反逆のルルーシュR2 C.C.ver】

_20180111_011055

まずは今週導入の本機。RTのセット数やゲーム数の上乗せはございません…が!BIGなら問答無用で「150G」のRTが付いてくるのが魅力。イメージとしては、リングにかけろ1、スパイダーマンのような感じです。

ボーナス確率は1/199.80(設定1)~1/149.63(設定6)なので…ボーナス→RT→ボーナス→RTのループも現実的。導入してから実際にホールで打ってみましたが、500枚程の塊を獲るくらいなら容易と感じられました。

上乗せ等がないため、比較的緩やかなゲーム性ですが、次回ボーナスまで続く無限RTの搭載(ギアスBIG後)、そして無限RTへの昇格(MB後のRT中に昇格)といった特殊な要素も存在。これがほどよいスパイスとなりゲームを盛り上げます。

_20180111_011416

 

【パチスロ烈火の炎】

_20180111_011350

1月の後半に導入予定(一部地域では先行導入あり)。こちらも上乗せは存在しないRT機なんですが…かなり斬新、そしてパワフルな仕様となっています。

20G、50G、次回ボーナスまで、の異なるRTが存在。そして、そのRTは約66%で継続。そんなRT自体がループするという仕様だけでも面白いのですが…まだあるんやわ!

それが最大『1500G継続するスペシャルRT』。ボーナスを引いてもそのまま貫通、終わりません!詳しい突入率は不明ですが、わりと現実的な数値になりそう。1日打てば見れるほどかと予想しています。約2時間ほど続く至福の時、これは是非ホールで体感してみたい!

 

ということで、最新の2機種を紹介いたしました。

RT機と言えば一昔前のイメージが先行しがちですが、今回紹介したようなパワーアップ要素も追加されています。ホールに懐かしくも新しいジャンルが確立される日が、やってくるかもしれません。

ほんなら今回はこのへんで!次回もよろしくです(*・ω・)ノ

 

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Page Top