パチスロ台の扉、御開帳!その①

まいど!早乙女京次です。

パチスロ機の中身、じっくり見たことってありますか?ひと昔前は営業中に設定確認や途中変更のイベントなんかがあり、台の中を除き見ることもできましたが、もちろん今の時代にそのようなことは禁止。そのため実機を購入するか、パチンコ店やゲームセンターの従業員にでもならない限り、なかなか目にすることはできないかと。

今回はそんなレアなパチスロの中身を、自宅に保有するパチスロの実機を使って紹介していこうと思います! 

sketch-1521047612382[1]

これが、我が家に君臨する実機「パチスロシュート!」でございますよ。

_20180315_020626[1]

それでは台カギを差して…御開帳!

_20180315_020551[1]

まず、お出迎えしてくれたのは…「リール」です。薄いビニール素材でできています。このリールは手で触れると簡単にズレる仕組み。ホールで朝イチ7揃いになっているのはこのように手で揃えています。余談ですが、この写真のように微妙にリールをずらせば設定変更、リセットを行わずとも、リールの「ガックン」を仕込むことができます。あまりないと信じたいですが、巧妙な仕掛けを施す店長さんはこの手法を利用するとかしないとか…。

次はこちら…本日のメインディッシュ!

sketch-1521047584217[1]

設定に関する場所を公開します。設定キーはだいたいこんな感じ。この小さなカギが、スロッターの運命を左右しているとは…。

_20180315_020512[1]

このカギを、設定ボックスのカギ穴に差し込むと…

_20180315_020448[1]

ご覧のようなデジタルの数字が表示されます!う~ん、6やねぇ~。ここで数字を合わせ、

_20180315_020859[1]

最後にレバーを叩くと変更が完了します!

メーカーにより配置などは若干異なりますが、大体このような感じになっています。パチスロ台の表側は華やかな装飾やデザインが施されていますが、中は機械感まる出し。まるで町工場のような雰囲気です。次回は、紹介しきれなかった他の部分をお見せします!

それでは今日はこのへんで!次回もよろしくです(@^^)/~~

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Page Top