田舎者のブラブラ上京記

先週末、上京してきました。
今回の目的は、パチンコビレッジのライターとして同期のきーうぃさん、キリタカRXさんとの同期会!
個人的には忘年会の気分でとても楽しみにしておりました。
そしてお忙しい中を押して右利きテリーさんも参加!皆さんありがとうございました!


早朝、夜行バスに到着の後築地場外市場へ。
閉鎖された市場は静寂感があります。

DSC_0095

DSC_0095


築地市場の豊洲移転後初めての築地場外市場。
やっぱり少し人通りが減っているなぁ。しかし歩きやすいから良し!
DSC_0096

DSC_0096

朝から旬のタラの白子と牡蠣の天ぷらで呑むビールが旨い!寿司も軽くつまんで上野方面へ。

DSC_0098

DSC_0098

上野の殿堂さんできーうぃさんと待ち合わせ。が、まだ少し開店まで時間がある。
もう少し呑みましょうwこういう時に選択肢があるのが都会の良い所!
たきおかさんへ。

DSC_0101

DSC_0101

瓶ビールの大瓶が410円でモツ煮込み160円ですよ?コスパ最高!
立ち飲みの雰囲気を楽しんでいると夜行バスのせいか体中が凝っている。
朝一からマッサージへ。極楽じゃw
 

11時頃から殿堂さんへ。
懐かしの4号機と戯れるのが目的。まずはタイムパークのスイカバージョン(ゲーセン仕様)に着席。
3000円打ち放題で遊技開始。
これ、どうすれば連荘するんだ?という位スイカが仕事しないw
初見なのですが詳しい方居たら教えてください!
初当たりは3回目のスイカから数ゲーム後にビッグ。後は以下の通り。
190 BB(スイカ)
293 BB(スイカなし)
360 BB(スイカ)
31 BB(スイカ)
74 RB(スイカなし)
109 ヤメ

良く分からないままハードボイルドへ。
ともぞうが今までで一番の獲得枚数(25000枚)を叩きだした思い出の機種ハードボイルド。
大当たり確率は設定6でもBBで1/288、RBで1/720と低いのですがBBの後は1/2でAR(今のART)が付いてきます。
ARは完走型で150Gか稀に1000G継続します。1Gで2枚位増えたかな?
そしてここからが凄いのが、AR中に引いたボーナスは一旦ストックされて、スーパービッグで放出されます!
当然ですが1/2の当選に当たればARもループされます。
通常のBBが400枚位、AR中のBBが550枚位なので1回ループすれば1000枚以上のコインが獲得できます。
この日は109GでAR付きのビッグが当たり!

 

DSC_0104

DSC_0104

DSC_0106

DSC_0106

AR中にビッグに1回当選していてこれだけで1100枚!
AR中のナビなし時にリーチ目止まった時、回数に応じてどれだけストックしているか妄想するのがこの機種の醍醐味ですw

DSC_0108

DSC_0108

この後1回バケ引いてナイツに移動。
ツインBB搭載で、設定1でも1/199と高確率なのが魅力の本機。
山佐の機種では最高峰の機械割りの設定6は大当たり確率も1/119と安定感抜群!
…のはずが一度もハイパービッグを引けずにハマって終了です。
短時間実戦は仕方ないね。
機種説明は…きーうぃさんがきっとしてくれますw
きーうぃさんも色々打ってましたね!

DSC_0111

DSC_0111

ともぞうは瞳孔が開いている月絵柄がお気に入り。でもじっと見てると怖いw

DSC_0112

DSC_0112

その後、キリタカRXさんと合流。
初めましての挨拶をして日記でのキリタカ節のファンであると告白。
復帰を望みます!


新宿に移動して右利きテリー先輩と合流。
ともぞう、ここで大泥酔。記憶寸断するも楽しかったことだけは覚えています。
いつもすいません!テリー先輩、ごちそうさまでした!


二日酔いの頭を抱えて翌日は上野の公園散策。
相変わらず動物園も混んでいます。

DSC_0115

DSC_0115


この日の目的は並び上等で都立美術館で開催中のムンク展。
昨日のナイツの月絵柄にインスピレーションを得たのは内緒だw
DSC_0117

DSC_0117

絵画初心者でニワカのともぞうは「叫び」だけで4種類もあるの知らなかった。
しかし眼福です。


今回の上京も楽しかった!
ではまた。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Page Top