令和初のパチンコを模索

 

5月・6月とパチスロで負けまくっているウド茂作です。どうも。

 

どうにか打開策はないものかと、有識者に相談を持ち掛けたところ…

 

「パチンコも打ってみたら?」

 

というアドバイスをもらいました。

 

いかにも、もっともなアドバイスですね。そもそも同じパチンコ店に設置してあるから、両方打つことが出来れば選択肢は倍になります。

 

パチとスロ、両方の知識を持つことが大変といえば大変ですが、実際に二刀流で立ち回っているガチプロがいることも事実。そうじゃなくても世間一般の仕事と比べればパチンコとパチスロの情報を集めることなど難しいことではないでしょう。

 

また、パチンコには遊タイムという攻略要素が存在します。パチスロメインで立ち回りつつ、遊タイムは狙うという方が最近は多いのではないでしょうか。

 

そのため、パチスロで勝てないならパチンコを打てばいいじゃないというマリーアントワネットのごとくアドバイスは100点の金言といえます。

 

とはいえ、自分は基本的に仕事をしているし、朝から打てる時はパチスロを打ちたいということで、なかなかパチンコの遊タイムを狙う機会は訪れませんでした…

 

がしかし! 今日、遂にパチンコを打つ時がきたのです!!

 

20210622_225113
P緋弾のアリア~緋弾覚醒編~

 

本機の遊タイムは低確率499回転消化で突入。大当たり+継続率約75%の「強襲任務(アサルトクエスト)」へ突入します。

 

ただし、アサルトクエスト中の50回転or100回転は遊タイムまでのカウントに含まれません。アサルトクエスト後は液晶上の回転数では最大599回転で遊タイム突入となる点に要注意です!!

 

このアリアの遊タイムまで残り282回転という台を発見したのでね、期待値としてはそこまで高くないのですが、パチンコの勉強を兼ねて打ってみることにしたのです。

 

わたくし、パチンコを打つのは数年ぶりのことになります。最後に打ったのは天下一閃のなんか…ということしか覚えていません。

 

数年ぶりに打つパチンコ…どんな進化を遂げているのか楽しみだぜ!!

 

むむむっ!!!!


20210622_210251

なんと、ハンドルの形がこんなにも進化しているとは…

 

って、なんでやねーん!

 

これは役モノというか、演出用のボタンみたいもんですね。

 

右手は本物のハンドルを固く握りしめているため、左手で操作したのですが、めっちゃやりずらい。きっと打ち慣れている人は右手でやるのでしょう。

 

頻繁に訪れる点滅保留や青保留への保留変化には違和感を覚えましたね。あと、変な色の文字(紫や水玉)が出まくってハズレるのも新鮮でした。

 

金っぽいカットインで外れたり、役モノが落下して導光板が激しくフラッシュした時は当たったかと思いましたが…その後何回か同じ演出が出たので特にアツくないのでしょう。

 

そして悪名高い「緑カットインによる激アツハズレ」を体験しながら順調に遊タイムへと近づいていきます。

 

20210622_225222

遂に遊タイム到達!!

 

遊タイムの恩恵がそこそこ大きい機種であるそうなので、ラスト数十回転は緊張しましたね。

 

しかし、これで一安心…

 

と見せかけて!!

 

大当たり中になにが起こっているのかさっぱり分からない!!

 

自分が知っているパチンコは大当たりがあって、確変があって、時短があるのみ!!

 

このアリアはなんかずっと音と光がギュンギュンいってて、なにがなにやら、Vストックってなに??

 

20210622_225328

と思っていたらあっという間におわり。

 

おれは3連したのか、そうなのか。どこからどこまでが1連だったんだろう。

 

感想としては、めちゃくちゃ派手でした。まぶしくてうるさくて、でも最後は緑カットインでした。

 

「緑カットインは全てを台無しにする」。これが今日得た教訓です。

 

投資が1万8000円で、収支はマイナス8000円でした。でも勉強になったのでプライスレスです。

 

賛否両論ある遊タイム機ですが、現実的に今後もリリースされてくるでしょう。

 

今日得た経験値をもとに、パチンコも打っていきたいですね。

 

緑カットインと変な色の文字に気を付けながら…!!

 

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Page Top