5号機の思い出を模索シリーズ 第2回

 

どうもー! 絶賛リハビリ中のウド茂作です!

 

昨年末に左腕を骨折して以来、ロクにパチスロを打てていない。かつ5号機が今月末に撤去されるということで、この日記は5号機の思い出シリーズ編に突入しました(撤去日は東京都のスケジュール)。

 

さて本日、1月11日は何の日かご存知でしょうか?

 

とある男の誕生日なんですよね。

 

その男とは…

 

222673
カカカカカモーン!!

 

でおなじみの鏡慶志郎!

 

押忍!番長シリーズの人気キャラです。誕生日にあやかって、本日は番長3に設定5を投入している粋なホールさんもあるかもしれませんな。

 

そんな鏡繋がりで、今回は「押忍!番長3」の思い出を振り返っていこうかと思います。

 

219983
2017年の4月に導入開始。

 

番長3といえばバジリスク絆と並んで5号機を代表する機種のひとつ。ホールの看板機種として長年活躍しています。

 

ゆえに僕も思い出せる実戦はいくつかありますが、最も印象深い日はパチスロユーザーの夢「万枚」を達成した日になるでしょう。

 

この日はS店の入場抽選に参加したのですが、300番オーバーを引いてしまい撤退。二の矢としていたM店に一般入場したのでした。

 

M店は設定状況のわりに競争率が高くなかったので、保険として最適だったのです。いまとなると最初からM店に行けよと思います。

 

さらに、階段近くの番長3に高設定が投入されがちという傾向も分かっていたのですが、ちゃっかりその辺に空き台があったので着席。

 

打ち進めると早々に通常BBや強制逆転などの高設定挙動を確認。期待に胸を高鳴らせていると…

 

222677
金閣寺画面が出現!

 

これにて設定5の可能性がぐーんと上がって、設定2・4を否定。もともと挙動がよかったので設定5以上をほぼ確信しましたね!

 

そして、この時点でART中のBBを3回引いているのですが絶頂対決は0回。つまり設定5の期待度が若干下がり設定6の期待度がその分上昇!

 

果たして設定5なのか、6なのかー!?

 

222676
その後、BB4回連続で絶頂対決である。

 

これによって設定5が確定的となり、同時に大量出玉も確約となりました。

 

最大で20個以上のストックを保持した状態でARTを消化。しかも設定5濃厚なのでBBを引く度に絶頂対決に期待が持てるという状況。

 

かなり早い段階で意識していまいました。

 

万枚をね!

 

222675
って寸止めすぎぃ!!

 

もともと持ちコインがあったので万枚は達成していますが、折角なら一撃万枚も見たかったなぁ…

 

と思いきや、なんとわずか59Gで通常BBを引き、イレギュラーな形でARTを引き戻し!

 

222674
一撃万枚を達成したのでした!! (ARTは3回当たってるから正確には三撃万枚かもしれないけど)

 

クレイジー5と呼ばれる設定5のポテンシャルを完全に引き出しての万枚は感無量でしたね。番長3のスペックならば低設定でも万枚は可能でしょうが、しっかりと高設定をツモって出せたことが個人的には嬉しかったです。

 

この日のファインプレーはS店の抽選でクソ番を引いたことであることは揺るぎないでしょう。ナイスクソ番!!

 

なお、この日の模様はパチマガスロマガのコラム「稼働戦士GUNDAN」に掲載されています。実戦データなど、詳細はぜひコチラをご覧ください。

 

稼働戦士GUNDAN(パチマガスロマガモバイルサイト)

 

僕が生涯で万枚を達成したのはこの日を含めて2日。もう1回はミリオンゴッド-神々の凱旋-です。

 

いまのところ、6号機での万枚は未経験。果たして今後、万枚達成する日が来るのか。もしかしたら何年パチスロを続けても達成できないかもしれません。

 

好きな番長3で万枚という夢を達成することができて本当によかった。これは今後も忘れることのない、僕にとって特別な思い出となるでしょう。

 

番長3は現存する5号機で最も設定状況が良いでしょう(ジャグラー・ハナハナを除けば)。まだギリギリ高設定狙いで打つ機会もあるかもしれません。

 

狙って出るものではありませんが、願うのは自由。もし番長3を打つ際はぜひ「万枚」の夢に胸踊らせちゃってください!!

 

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Page Top