収支手帳を模索

 

僕が初めてパチスロを打った日からそろそろ10年くらいが経過しますちなみに、初めて打った機種は新世紀エヴァンゲリオン~約束の時~でした。

 

初打ちから1年くらいはなんの知識もなく、あるいは間違った知識でパチスロを打っていました。例えば、純粋なノーマルタイプなのに1G連抽選をしていると思い込んでいたり、いわゆる『流れ』というものがあると信じ込んでいたのです。そんなありさまでは当然のように負けまくっていました。

 

しかし、徐々にパチスロのことをもっと知りたいと考えるようになり、コンビニでパチスロ雑誌を立ち読みしてみると、なにやらパチスロには『設定』というものがあり、設定が高いほど勝てるということを知りました。さらに、なんと設定は打ちながら推測することができるというじゃありませんか。そして、ついに僕が現在所属しているパチスロ攻略マガジンを購入するにいたったのです。

 

その後は設定推測要素や天井ゲーム数などの知識を蓄え、スロマガ攻略軍団やスロマガライターのコラムを貪るように読み漁るようになりました。そして徐々に、負けないようになってきたのです。

 

その頃からかパチスロをただ打つよりも、勝つためにどうしたら良いのかと考えながら立ち回ることが楽しいと感じるようになりました。というか、当時はお金のない大学生だったので、好き放題に打つことが金銭的に不可能だったから負けないように打つしかなかったとも言えますが。

 

そして、なによりも楽しいのが収支表を見返すという行為だったのです。

 

1日単位では勝ったり負けたりを繰り返しながらも、1か月単位や1年単位で見返したときにプラス収支となっている収支表を見ると、自分は正しい行動をしているのだという満足感が得られたのです。いや、パチスロ打つこと自体が正しいかは所説ありますが、その議論はどっかに置いておきましょう。とにかく、僕は収支表を見返すのが大好きだったのです。

 

がしかし!

 

いつの間にか、僕はパチスロの収支を付けることをサボるようになってしまいました。いや、収支を控えてはいたのですが数日分まとめて収支表に登録したり、機種すら書いてなかったりなどザックリとしか記録していなかったのです。当然、そんなアバウトな収支表を見返しても全然楽しくありません。…これじゃダメだ、あの頃の純粋な気持ちを取り戻したい!ということで、2019年からしっかりと収支をつけようと決意を新たにしたのです。

 

そして今年もそろそろ折り返しということで、このへんで今年の収支表を見返してみようかと思った次第です。

 

【2019年上半期収支表】

Screenshot_20190610-182035

20190610_184245

Screenshot_20190610-194930

 

今年打ったパチスロは93台。これには全然満足できないので、これからペースをガンガン上げていきたいですね。僕は会社員なので、量ではフリーのライターさんやスロプロには適わないかもしれませんが、なんとか食らいついていきたい!

 

最も勝っている機種はパチスロエウレカセブンAOということで、大好きな機種で結果が出ているのはとても嬉しいことです。基本的には打てば打つほどプラスになるハズ…と考えると、沢山打っているエウレカAOがトップなのは打倒な結果とも言えるかもしれません。

 

高設定狙いとハイエナで比べるとハイエナの方が勝っていますね。これは予想通りだったのですが、高設定狙いも意外と健闘しています。とはいえ高設定はあまりツモっていないので、低設定をしっかりと見切っているおかげかと思います。また、特に狙っている訳ではないのですがハイエナと高設定狙いの台数がちょうど同じで、しかも勝敗数も全く一緒という、すごくどうでもいいプチミラクルが発生していますね。

 

ハイエナ、高設定狙いに続く『企画』というタグは雑誌の企画で台移動が不可能というものです。あとは、流石にもうちょっと趣味でパチスロ打っても良いような気もしますね(笑)。

 

ちなみに一番勝ってる曜日が金曜日で、一番負けてる曜日は火曜日だったのですが、なにか理由はあるのでしょうか。私、気になります。

 

こんな感じで、日付・ホール・機種・ハイエナor高設定狙いを収支表に記録しているのですが、やはり見返しているだけでなんだか楽しい気分になってきますね。

 

今年の終わりにも、また楽しい気持ちで見返せるような収支にしていきたいものですね。

 

 

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Page Top