最新記事一覧

FireShot Capture 204 - (17) [予告]闘魂継承 アントニオ猪木という名のパチスロ機 - YouTube - www.youtube.com
オリンピア『闘魂継承 アントニオ猪木という名のパチスロ機』予告映像が公開
コミケ96 (4)
オーイズミ、藤商事が、コミケでグッズ販売
ケアテックス3
豊丸産業が「ケアテックス名古屋」で「トレパチ!」をPR
超実践セミナー (1)
フリコユラスが「超実践セミナー」
SANKYO
SANKYOが甘デジ2機種を発表

『猛獣王 王者の咆哮』解析特集〜連休はサバンナチャンスへ〜

00012103
▼機種情報『パチスロ猛獣王 王者の咆哮』
http://www.pachinkovillage.com/slot/s.php?M=5451

4月頭に登場し、高稼動を維持しているサミーの『猛獣王 王者の咆哮』

人気シリーズかつ高純増6号機ということで、すでにプレイされた方も多いでしょう。
今回は、そんな人気機種の内部数値を入手しましたので、それをお伝えしていきます。

tekitou

本機は、1G純増約6.0枚のAT「サバンナチャンス」で出玉を増やすAT機。
ボーナスは、リアル・擬似ともにありません。
ATオンリーです。

そのATには、規定ゲーム数の消化やCZ、直撃を契機に突入します。

1

まずは、AT契機「規定ゲーム数の消化」について。

内部的に4つのモードが存在し、ゲーム数振り分けや天井ゲーム数が変化します。

●通常Aモード……百の位が偶数のゲーム数がチャンス(200Gや400Gなど)、天井は800G+前兆

●通常Bモード……百の位が奇数のゲーム数がチャンス(100Gや300Gなど)、天井は800G+前兆

●チャンスモード……早いゲーム数でのAT当選が期待できる、天井は600G+前兆

●天国モード……100G以内(+前兆あり)でのAT当選確定

2

ATが期待できるゲーム数に到達すると、煽り演出→前兆ステージへと移行し、ジャッジ演出を経て当否の告知となります。
前兆ステージは荒野と獣王モードがあり、獣王モードに移行すればチャンスです。

この前兆ステージへの移行が滞在モードを推測する鍵で、通常Aモードなら200Gや400G、通常Bモードなら100Gや300G、チャンスモードなら100G&200Gで前兆ステージに移行しやすくなっています。

3

獣王モードはこれ。
ステップアップタイプで、色が昇格するほどAT期待度がアップします(青≪黄≪緑≪赤)。虹まで昇格すればAT確定、最初の白のままジャッジ演出発展ならこちらもAT確定です。

4

ここからは、AT契機のCZと直撃について。

CZと直撃の契機は、「肉ジャッジ」です。通常ゲーム中は、レア役やリプレイの連続(リプ連)で肉を獲得し、その肉が10個貯まると肉ジャッジに発展します。
ちなみに、現在の肉の個数はリール左で確認できます。

成立フラグ別肉獲得振り分け
肉個数 弱チェリー 強チェ/C目 リプ2連 リプ3連
0個 73.8% 87.9%
1個 25.0% 93.0% 9.4% 85.6%
2個 0.8% 6.3% 2.3% 12.5%
3個 0.4% 0.4% 0.4% 1.6%
5個 0.4% 0.4%

この表は、通常ゲーム中の肉の獲得率です。
リプレイは連続するほど獲得の期待度がアップし、リプ3連なら獲得確定、リプ4連なら肉10個が確定します。

チェリーやチャンス目といったレア役が出てきたので、ここで通常ゲーム中の小役確率を見ておきましょう。

設定差のない小役確率
小役 全設定共通
弱チェリー 1/82.13
強チェリー 1/204.80
チャンス目 1/81.92
リプレイ 1/7.92
ハズレ 1/7.45
目押し12枚役 1/1.59
設定差のある小役確率
設定 押し順12枚役 共通12枚役
1 1/182.04 1/13.21
2 1/185.13 1/13.20
3 1/188.32 1/13.18
4 1/191.63 1/13.17
5 1/195.05 1/13.15
6 1/198.59 1/13.13

通常ゲーム中は超高確率で12枚役が成立していて、目押し12枚役なら左リール3択&中リール2択&右リール2択が一致しなければ揃いません。
ATに突入すればそれを完全ナビしてくれるので、12枚役が揃いまくる仕組みです。

肉獲得に話を戻しましょう。

5

肉の獲得をアシストしてくれるのが肉ゾーンです。
肉ゾーンは5or10or15G継続し、毎ゲーム成立役に応じて肉の獲得抽選を実施します。

肉ゾーンは内部的に肉ゾーンA、肉ゾーンB、肉ゾーンCがあり、継続ゲーム数の振り分けが変化します。

肉ゾーン継続ゲーム数振り分け
継続ゲーム数 肉ゾーンA 肉ゾーンB 肉ゾーンC
5 85.9%
10 12.5% 87.5%
15 1.6% 12.5% 100.0%

肉ゾーンAは大半が5Gとなりますが、肉ゾーンCなら15G継続確定となります。

肉ゾーン中の肉獲得振り分け
肉個数 弱チェリー 強チェリー チャンス目 12枚役 12枚役こぼし リプレイ リプ2連 リプ3連 ハズレ
0個 75.0% 37.5%
1個 100.0% 99.6% 25.0% 62.5% 99.6%
2個 37.5% 37.5% 0.4% 99.6% 0.4%
3個 25.0% 25.0% 0.4% 99.2%
5個 25.0% 25.0% 0.4%
10個 12.5% 12.5% 0.4%

この表は、肉ゾーン中の肉獲得振り分けです。
ここでもリプ連がポイントとなり、リプ4連なら10個確定となります。

そんな肉ゾーンへの突入は、内部状態と成立役が鍵を握ります。

内部状態は、通常、高確、超高確の3種類。
後者になるほど肉ゾーンの期待度がアップします。

通常滞在時の状態移行率
成立役 通常滞在 高確へ 超高確へ
弱チェリー 73.4% 25.0% 1.6%
強チェリー 93.4% 6.3% 0.4%
チャンス目 93.4% 6.3% 0.4%
12枚役 100.0%
リプレイ 100.0%
ハズレ 96.9% 3.1%
高確滞在時の状態移行率
成立役 通常へ 高確滞在 超高確へ
弱チェリー 87.5% 12.5%
強チェリー 98.4% 1.6%
チャンス目 98.4% 1.6%
12枚役 3.1% 96.9%
リプレイ 3.1% 96.9%
ハズレ 99.6% 0.4%
超高確滞在時の状態移行率
成立役 通常滞在 高確へ 超高確へ
弱チェリー 100.0%
強チェリー 100.0%
チャンス目 100.0%
12枚役 1.6% 1.6% 96.9%
リプレイ 1.6% 1.6% 96.9%
ハズレ 100.0%

内部状態はレア役やハズレで昇格、12枚役やリプレイで転落というイメージです。

内部状態別の肉ゾーン当選率はこんな感じです。

内部状態別肉ゾーン当選率
成立役 通常 高確 超高確
弱チェリー 1.6% 12.5% 25.0%
強チェリー 41.4% 62.5% 100.0%
チャンス目 41.4% 62.5% 100.0%
12枚役 0.4%
リプレイ 0.4%
ハズレ 0.4% 3.1% 12.5%

強チェリーやチャンス目なら通常状態でも肉ゾーンが期待できます。

また、これとは別に肉ゾーン終了後は、肉ゾーンの連チャンが期待できる肉ゾーンモードへ移行する可能性があります。
肉ゾーンモードは1〜3まで存在し、肉モードの当選率や転落率が異なります。
この肉ゾーンモードに移行すれば、超高確状態でもほとんど期待できなかった12枚役やリプレイでも肉ゾーンへの突入が期待できます。

6

通常ゲームで肉を貯めたり、肉ゾーンで肉を大量獲得し、肉が10個貯まれば、肉ジャッジに発展します。
肉ジャッジに発展した時点で、CZ「獣ロワイヤル」、CZ「パトカバチャンス」、AT直撃のいずれかが確定します。

この肉ジャッジからの発展先には大きな設定差が存在します。

肉ジャッジの発展先振り分け
設定 獣ロワイヤル1匹 獣ロワイヤル2匹 獣ロワイヤル3匹 パトカバチャンス AT直撃
1 2.3% 3.1% 88.7% 5.5% 0.4%
2 3.1% 3.1% 87.1% 6.3% 0.4%
3 3.9% 3.1% 85.2% 6.3% 1.6%
4 6.3% 3.1% 78.1% 7.8% 4.7%
5 9.4% 3.1% 71.9% 9.4% 6.3%
6 12.5% 3.1% 59.4% 12.5% 12.5%

CZ「獣ロワイヤル」は、戦う相手が3匹、2匹、1匹の3パターンがあります。
獣ロワイヤル2匹の振り分けには設定差がなく、高設定ほど上位のものが選ばれやすくなっています。

ただし、通常ゲーム中にレア役で肉を獲得し、肉10個になった場合は最大6Gの前兆を経由してCZが発動となります。
この前兆中は強チェリーやチャンス目で100%、弱チェリーは12.5%でCZが昇格するので、肉10個獲得後の前兆中は成立役に注意するといいでしょう。

ちなみに、リプレイ4連や肉ゾーン中に肉10個に到達した場合は前兆0GとなるためCZの昇格はありません。

次からは各CZについて説明していきます。

7

CZ「獣ロワイヤル」は最大3匹を倒せばAT確定となります。
1戦ごとの勝率は約66%。

バトル中は、目押し12枚役の一部でリールロックが発生。
リールロックはレベル1〜4まであります。

●レベル1……ナビ個数は0、正解で撃破確定

●レベル2……ナビ個数は1、正解時の50%で撃破

●レベル3……ナビ個数は2、正解時の50%で撃破

●レベル4……ナビ個数は3(全ナビ)、撃破確定

リールロック発生時は、リールの震えが継続するほどレベルが高くなりますから、続け〜続け〜と祈りながらレベル4到達を期待します。
レベル2や3でも12枚役を自力で揃えられればチャンスです。

獣ロワイヤル中の強チェリーやチャンス目は勝利確定。
また、液晶枠の色が昇格するほど勝利期待度がアップします(白≪青≪黄≪緑≪赤≪紫)。

撃破が確定した場合でも、最終ゲームでのジャッジまで引き延ばされる場合があります。
その間、強チェリーやチャンス目は次戦の勝利ストックを獲得します(弱チェリーは勝利ストック率12.50%)。

8

次は、CZ「パトカバチャンス」について。

パトカバチャンスは上位CZという位置付けで、期待度は約80%あります。
15G継続し、全役でATを抽選します。

CZ「パトカバチャンス」中のAT当選率
成立役 最終ゲーム以外 最終ゲーム
弱チェリー 75.0% 100.0%
強チェリー 100.0% 100.0%
チャンス目 100.0% 100.0%
12枚役 3.1% 6.3%
リプレイ 12.5% 25.0%
ハズレ 25.0% 25.0%

この表は、成立役別のAT当選率です。
AT抽選は、最終ゲームとそれ以外で当選率が変わり、最終ゲームだけ期待度がアップします。

AT当選時の告知タイミングは、即告知、次ゲーム告知、最終ゲーム告知の3パターン。
特に、12枚役、リプレイ、ハズレでのAT当選時は50%で最終ゲームまで告知を持ち越すようになっています。

9

以上が、AT当選までの流れとなります。
肉ジャッジからのAT直撃は高設定だとたまに遭遇するレベルで、基本的に規定ゲーム数の消化やCZからATへと突入していきます。

次からはATについて説明していきます。

10

AT当選後は、オートで図柄揃いが発生し、突入するATの種類が決定します。

ATはダチョサバ、ゴリサバ、ライサバ、ゾウサバの4種類があり、ゲーム性が異なります。

いずれも目標は100Gの継続です。100G継続するとそこでATは終了しますが、その後移行する引き戻しゾーンが上位の「猛獣王モードレッド」となるため、引き戻し連チャン期待度が大幅アップとなります。
ゾウサバのみ突入した時点で100G以上の継続が確定=猛獣王レッドも確定するため激アツです。

次からはそれぞれのATのゲーム性を見ていきましょう。

11

ダチョサバは2択当てタイプ。
1セット10Gで、10G消化後に2択チャレンジが発生しそれに正解すると次セットへ継続となります。
突入時の抽選に加え、消化中の小役で2択チャレンジの正解ナビストックの獲得が期待できます。
突入時の獲得率は、0個が49.6%、1個が50%、2個が0.39%と、突入時の約半数で正解ナビストックが獲得できます。

ダチョサバ中の正解ナビストック獲得率
ストック個数 弱チェリー 強チェリー チャンス目 リプレイ ハズレ
0個 93.8% 32.4% 32.4% 99.6% 99.2%
1個 6.3% 67.2% 67.2% 0.4% 0.8%
2個 0.4% 0.4%

消化中の小役での正解ナビストック獲得率は、強チェリーやチャンス目なら67.6%で獲得、それ以外はあまり期待できません。

12

ゴリサバはストックタイプ。1セット20Gで、20G消化後は5Gのゴリゾーンに移行しそこで液晶図柄が揃えば次セットへ継続です。
ダチョサバ同様、突入時の抽選に加え、消化中の小役で継続ストックの獲得を抽選します。
突入時は18.75%で継続ストックが獲得できます。

サバ中の継続ストック獲得率
ストック個数 弱チェリー 強チェリー チャンス目 リプレイ ハズレ
0個 87.5% 37.1% 37.1% 99.6% 87.4%
1個 12.5% 62.5% 62.5% 0.4% 1.6%
2個 0.4% 0.4%

継続ストックの獲得は、弱チェリーで12.50%、強チェリーやチャンス目なら62.89%で獲得できます。

ゴリサバ中は背景色が継続期待度を示唆し、白≪青≪緑≪赤の順に期待度アップ、金なら継続確定です。
ゴリゾーン中の液晶リーチ目(331や387など)は内部ストック確定、V揃いは次セットも継続確定となります。

13

ライサバは自力継続タイプ。
無敵状態中は転落抽選なし、無敵状態を抜けるとリプレイやハズレの一部で継続ジャッジへ。
継続ジャッジでクロヒョウを撃破すれば継続、負けると終了です。

ライサバ突入時は無敵状態からスタート。
無敵状態の保証ゲーム数振り分けは、10Gが91.4%、15Gが6.3%、20Gが1.6%、30Gが0.8%。保証ゲーム数消化後は、リプレイやハズレ時の99.6%で無敵状態が終了となります。

ライサバ中(無敵状態以外)では成立役で無敵状態を抽選します。

ライサバ中の無敵状態当選率
無敵状態G数 弱チェリー 強チェリー チャンス目 12枚役 リプレイ ハズレ 赤7
非当選 94.5% 50.0% 50.0% 100% 99.6% 99.2%
5 4.7% 43.8% 43.8% 0.4% 0.8% 90.6%
10 0.4% 3.1% 3.1% 6.3%
15 1.6%
20 0.4% 1.6% 1.6% 1.6%
25
25 1.6% 1.6%

強チェリーやチャンス目は50%で無敵状態へ突入します。
表の赤7は、クロヒョウとの継続ジャッジでリール上に赤7が揃ったときの恩恵です。

ライサバの終了条件ですが、無敵状態以外でのリプレイの50%、ハズレの6.3%で、クロヒョウとの継続ジャッジに発展します。
そこからさらにジャッジ判定のゲームでの成立役で敗北(終了)or継続or勝利が決定となります。

ライサバ中継続ジャッジ抽選
勝敗 弱チェリー 強チェリー チャンス目 12枚役 リプレイ ハズレ
継続 75.0% 50% 50.0% 50.0%
敗北 48.4% 48.4% 48.4%
勝利 25.0% 100% 100% 1.6% 1.6% 1.6%

ジャッジ判定ゲームでのレア役は継続以上が確定。
勝利時は基本的にリールで赤7が揃います(稀に復活パターンが発生することも)。
また、継続時は3G間、継続ジャッジに突入しない特徴もあります。

14

プレミアムATと呼べるのがこのゾウサバ。
突入した時点で100Gの継続が確定。
さらに、消化中の小役で50Gの上乗せが期待できます。

ゾウサバ中の上乗せ当選率
成立役 当選率
弱チェリー 0.8%
強チェリー 12.5%
チャンス目 12.5%
リプレイ 0.4%
ハズレ 0.4%

上乗せ当選率は強チェリーやチャンス目で12.5%。

15

以上がAT4種類の特徴となります。

どのATが選ばれるかは、内部的な獣レベルが影響しています。
獣レベルは1〜5まで存在し、以下の特徴があります。

●獣レベル1……4種類すべての可能性あり

●獣レベル2……ゴリサバやライサバの可能性アップ

●獣レベル3……ゴリサバ以上確定

●獣レベル4……ライサバ以上確定

●獣レベル5……ライサバ以上確定(ゾウサバのチャンス)

獣レベルはまず初期レベルを決定後、通常ゲーム中のフェイク演出終了時やCZ失敗時に格上げ抽選を実施。

初期獣レベル振り分け
レベル 振り分け
1 80.5%
2 12.5%
3 6.3%
4 0.4%
5 0.4%
契機別獣レベル格上げ抽選
格上げ ゲーム数前兆 獣ロワイヤル 獣ロワイヤル 獣ロワイヤル パトカバチャンス
レベル フェイク時 残り3匹敗北 残り2匹敗北 残り1匹敗北 失敗時
なし 85.9% 86.7% 73.4% 48.4% 48.4%
1UP 12.5% 12.5% 25.0% 50.0% 50.0%
2UP 1.6% 0.8% 1.6% 1.6% 1.6%

獣ロワイヤル残り1匹で敗北やパトカバ失敗など、惜しいCZを失敗したときほど獣レベルの格上げが期待できます。

また、ATの前兆中や確定画面中でも格上げが期待できます。

AT本前兆中の格上げ抽選
格上げレベル 弱チェリー 強チェリー チャンス目
なし 99.6% 73.1% 73.1%
1UP 0.4% 25.0% 25.0%
2UP   1.6% 1.6%
3UP   0.4% 0.4%
AT確定画面での格上げ抽選
格上げレベル 弱チェリー 強チェリー チャンス目
1UP 96.9% 50.0% 50.0%
2UP 3.1% 50.0% 50.0%

特にアツイのが確定画面中のレア役。
弱チェリーでも格上げが確定し、強チェリーやチャンス目なら2UPが50%で選択されます。

獣レベルを示唆するものとして爪ランプがあります。
フェイク演出終了やCZ失敗の次ゲームは液晶右の爪ランプに注目です。
爪ランプ点灯が1個なら基本パターン、2個なら獣レベル2以上に期待、3個なら獣レベル2以上が確定、4個なら獣レベル4以上が確定、4個+紫色は獣レベル5が確定です。

以上がATついての解説となります。

ここからは、AT終了後に移行する引き戻しゾーンについてです。

16

引き戻しゾーンは、猛獣王モードと上位の猛獣王モードレッドが存在します。

引き戻しゾーン中は毎ゲームATへの再突入を抽選し、猛獣王モードレッドなら引き戻し期待度約80%を誇ります。
AT終了後は基本的に猛獣王モードへ突入しますが、ATを100G消化できた場合は猛獣王モードレッドへの突入となります(AT100G未満でも稀に突入することも)。

この引き戻しゾーン、内部的に3種類の連チャンモードが存在します。

●猛獣王モードA……引き戻し期待度約23%

●猛獣王モードB……引き戻し期待度約60%

●猛獣王モードレッド……引き戻し期待度約80%

AT初当たり時に連チャンモードの振り分けが行なわれ、66.4%で猛獣王モードA、33.6%で猛獣王モードBが選択されます。
猛獣王モードレッドは先ほど説明したようにAT100Gを消化したときに移行するモードです。

17

猛獣王モードBや猛獣王モードレッドへ移行した際は、最初にAT抽選を実施します。
当選率は猛獣王モードBで48.4%、猛獣王モードレッドで60.2%。当選の際は1〜48Gの前兆を経て告知となります。

その抽選で当たらなくても、猛獣王モードBや猛獣王モードレッド中は成立役でATを抽選します(猛獣王モードAも同様に成立役で抽選を行ないます)。

引き戻しゾーン中のAT当選率
引き戻しゾーン 弱チェリー 強チェリー チャンス目 リプレイ ハズレ
猛獣王モードA 1.6% 25.0% 25.0% 0.8% 0.4%
猛獣王モードB 1.6% 25.0% 25.0% 0.8% 0.4%
猛獣王モードレッド 6.3% 75.0% 75.0% 2.3% 0.4%

引き戻しゾーン中の強チェリーやチャンス目はATのチャンスとなり、猛獣王モードレッドなら75%でATに当選となります。
AT当選時は8G以内に告知を発生する前兆短縮抽選も実施されます(50%で前兆短縮)。

また、AT終了後1Gのみ特殊抽選があり、強チェリーやチャンス目ならAT確定、弱チェリーなら25%、ハズレなら0.4%でATに当選となります。

18

最後に、これまで触れていない設定推測ポイントを紹介していきましょう。

AT中は、目押し12枚役の目押しスピードに応じてポイントを獲得。AT終了画面では最終的なポイントに応じて設定示唆プレートの出現率が変わります。
プレートは4種類あり、銅は基本パターン、銀は設定2以上、金は設定4以上、虹は設定6確定となります。

また、終了画面でも設定などを示唆しています。

●動物のみ……基本パターン

●人間キャラ2人……奇数設定示唆

●人間キャラ4人……偶数設定示唆

●人間キャラ全員集合……高設定示唆

●夕陽1……AT潜伏示唆

●夕陽2……有利区間完走

●動物勢揃い……AT100G完走

AT終了画面振り分け(引き戻しなし時)
設定 動物のみ 人間キャラ2人 人間キャラ4人 人間キャラ全員集合
1 49.0% 27.5% 22.5% 1.0%
2 48.8% 20.0% 30.0% 1.3%
3 48.5% 30.0% 20.0% 1.5%
4 47.0% 20.0% 30.0% 3.0%
5 45.5% 30.0% 20.0% 4.5%
6 43.8% 20.0% 30.0% 6.3%
AT終了画面振り分け(引き戻しあり時)
設定 動物のみ 人間キャラ2人 人間キャラ4人 人間キャラ全員集合 夕陽1
1 39.0% 27.5% 22.5% 1.0% 10.0%
2 38.8% 20.0% 30.0% 1.3% 10.0%
3 38.5% 30.0% 20.0% 1.5% 10.0%
4 37.0% 20.0% 30.0% 3.0% 10.0%
5 35.5% 30.0% 20.0% 4.5% 10.0%
6 33.8% 20.0% 30.0% 6.3% 10.0%

ATの引き戻しがあるかないかで終了画面の振り分けが変化。
また、AT終了時にリール右のドットにサミートロフィーが出現すれば設定1以外が確定します。
トロフィーが銅なら設定2以上、銀なら設定3以上、金なら設定4以上、キリン柄なら設定5以上、虹なら設定6が確定です。

19

以上が現時点で判明している詳細情報となります。

純増6枚と聞くとなんだか波が荒そうなイメージを持たれるかもしれませんが、通常ゲーム中は50枚あたり約49Gほど回るし、CZからのAT当選率が高めのため初当たりは比較的軽めの印象を受けます。
天井到達率もそれほど高くはないはずです。
逆に天井までハマるようであればその間に獣モードの格上げも期待できるため、それはそれでアツいと言えます。

打っていると、高設定っぽい台は比較的早い段階で察知できるのもこの機種のメリットではないでしょうか。
100Gと200Gでフェイク前兆が発生するチャンスモードにどれだけ移行するか、肉ジャッジから獣ロワイヤル3匹以外がどれだけ選ばれるか、ここが通常ゲーム中のポイントです。
そして、AT突入後は速やかにATを消化し、終了画面の種類とプレートをチェック。
トロフィーが出れば言うことなしです。

マイスロからの派生アプリ「カチナビ」を見るとホールもそこそこ設定を入れているようなので、新機種のリリースが少ない現状、『猛獣王 王者の咆哮』はしばらく狙い目になるのではないでしょうか。

 

(C)Sammy

Page Top