最新記事一覧

平成観光、障害者支援グループに支援金を寄贈
平成観光、障害者支援グループに支援金を寄贈
ニュース
サンキョー株式会社、大阪北部地震の被災者支援募金活動を実施
エース電研
エース電研、遊技客同士の足の干渉を防止する「アンダーシキリート」を発売
eyecatch
社会貢献大賞は京遊協が受賞/第13回社会貢献大賞表彰式・2018年度助成金贈呈式が開催
d852977e55833a821d324779d14af19d
タイヨーグループが「室蘭太陽ビルまつり」を開催

全日遊連が傘下ホールに遊技機設置状況調査

全日本遊技事業協同組合連合会(阿部恭久理事長)は8月8日、各都府県方面遊協に「風営適正化法施行規則等の改正に伴う『遊技機設置状況調査』の実施について」と題する文書を発出。
9月1日時点における、傘下組合員ホールの遊技機設置状況の報告を求めるもので、各都道府県方面遊協の全日遊連への提出期限は8月28日。 

調査項目は、検定機、認定機、みなし機の設置台数。 加えて、検定機のうち、認定申請を予定する遊技機台数、および「新基準に該当しない遊技機」(パチンコは回収済み)の設置台数も記載する。

なお、全日遊連では、2015年6月24日に決議した自主規制により、「同年4月1日以降に検定を取得した(東京都公安委員会基準)新基準に該当しない遊技機は、原則として認定申請を行わない」ことになっており、本調査でも当該機種を計上しないことを指示。
参考資料として、「パチスロ北斗の拳 強敵ZA」「ルパン三世ロイヤルロードB1」など、23社38機種の当該機種リストを添付している。
全日遊連では、非常に重要な調査となるので、期日までに必ず回答するよう、傘下組合員ホールへの周知を各都府県方面遊協に要請している。

提供元:プレイグラフ

Page Top