最新記事一覧

main (1)
最強ライトミドルの激アツ演出信頼度を解析報告!
コナミアミューズメントが「麻雀格闘倶楽部 真」を販売
高尾
高尾が「P閃乱カグラ2 胸躍る199Ver.」
広島県遊協2
広島県遊協、赤十字サポーターに認定
ニューギンが「パチスロ花の慶次~武威」

全遊振、5号機の撤去日は3カ月前から告知を

全遊振(曽我部康二会長)は11月12日、オンラインで第6回ウェブセミナーを開催。

パチスロの設定代行サービスなどを行うメイドインサービスの飯田信一常務と人材教育や研修を行うミチスケジャパンの永澤有希人材プロデューサーが講演した。

飯田常務は、同社のデータを元に、「ミリオンゴッド-神々の凱旋-」と「沖ドキ!」(30φを含む)の撤去後について、「3機種の台粗利は平均8572円。一方、6号機全体の平均は3289円と、すべて6号機と入れ替えるとしたら、61.63%ダウンすることになる」とし、高粗利の5.5、5.9号機の導入や低貸しコーナーの減台・撤去を推奨。

実績として2万枚以上の赤差玉が出たことがある「押忍!番長3」「パチスロエウレカセブンAO」などを紹介した。また、5号機撤去に関して、3カ月前から撤去日を告知することを提案。「突然撤去するのは、ホールの信用を失う可能性がある。撤去する遊技機はすべて、台間や幕板などに、掲示してほしい」とアドバイスした。

提供元:プレイグラフ

Page Top