タイヨーエレックが『CRビッグorスモール』を発表

2月16日、タイヨーエレックは東京支店ショールームにて「『CRビッグorスモール』プレス説明会」を開催した。

本機はアジア版ルーレットの「大小」をモチーフにした7セグのオリジナル機で、大当たり確率256.0分の1、確変率65%のループタイプ。3つのサイコロの合計数が11~17の「大」か、4~10の「小」を予測するシンプルなゲーム性となっている。図柄揃い後は盤面上部にある「マカオルーレット」が発動し、“福”に止まると16Ror6Rの確変大当たり、青ランプに止まると6Rのスモールボーナスとなる。確変「マカオRUSH」中の確変大当たりはすべて16R、通常大当たりの場合は電サポ100回のチャンスタイムに突入する。
また、アジアのルーレットがモチーフということで、日本語と中国語の2か国語の音声が収録。待機デモ中のPUSHボタンで簡単に切り替えることができる。

機種説明は営業本部 営業企画部 吉村隆宏氏が担当。映像を使ってゲーム性を説明した後、実機を使ってポイントを紹介した。

ホール導入は3月中旬からを予定している。

elec_press

Page Top