大都が「忍び魂~暁の章~」

大都技研は4月13日、東京都中央区の本社で「忍魂~暁の章~」のプレス試打会を開催。

2009年、2013年に販売した「忍魂」シリーズ3作目となるA+ART機。
ART(1セット50G+α、純増約1.1枚/G)突入時の平均獲得枚数は750枚以上と、現行機でもトップクラスだ。

注目は、BBに盛り込まれている技術介入要素。
BB中の予告音発生時に、右リールの白と黒の2連BAR図柄を上・中段にビタ押し。中段にそのまま黒BARが止まるか、1コマすべって白BARが止まれば成功。
次に、同じ色のBARを左リールにも狙うというもので、恩恵は、通常時に当選したBBならARTの抽選、ART中の当選なら上乗せを抽選する。

広報担当者は「技術介入をふまえた機械割は、設定1でも100%超え。シリーズのファンはもちろん、目押しに自信があるユーザーにも打ってほしい」と話した。

ホール導入は5月8日から。

提供元:プレイグラフ

Page Top