最新記事一覧

umiIMG_3587pickup
三洋物産が新機種発表&8代目ミスマリンちゃん就任式を開催!
ノースランドが海水浴場を清掃
NEXUSがビジネスホテル業に進出
第8・第9ブロックが地域安全協議会
サミーが「ぱちんこCRぷよぷよ」

~ガロッと一発大連チャン!!~  パチンコ『牙狼』栄光の歴史

今や『牙狼』と言えばパチンコファンで知らぬ者はいない特大コンテンツだが、『ルパン三世』や『北斗の拳』のような国民的人気タイトルと違い、10年前は多くのファンが名前すら知らなかった。栄光の快進撃はどこから、どのようにして始まったのか…。シリーズ第7弾となる『CR牙狼GOLDSTORM翔』の登場を前に、その大ヒットの歴史を振り返ろう。

『初代』から異例のロングヒット!!

ホール登場前の段階で、ここまでのヒットを予測した人は恐らくいなかったのではないだろうか。2008年11月に登場するやいなやホールでドル箱の山を築き上げ、それがパチンコ業界のみならず世間一般の話題にもなるほどの大人気に!! 2009年に入ってからも増台を重ね、最終的には10万台という破格の販売台数を記録して大ヒット機種の仲間入りを果たした。
スペックは確率397.2分の1のMAXタイプで、RUSH突入率は50%だが、RUSHに突入すれば82%という高い継続率に加え、大当たりは全て実質15R。右打ち中はV入賞で大当たりを獲得する、いわゆる1種2種複合機のため、出玉スピードも群を抜いていた。
2010年には兄弟機として確率147.9分の1の『陰我消滅の日』、2016年には確率208.7分の1の『復刻版XX』と、確率99.7分の1の甘デジ『復刻版ZZ-S』が登場している。

後世に受け継がれる演出多数!

わかりやすい演出と、独特の世界観も大ヒットの要因の一つだろう。予告は擬似3連とエンブレム完成がキモで、初当たりの大半に絡む。リーチは4種類ある牙狼スペシャルリーチが最重要で、中でも魔界竜リーチの期待度が高い。そして初当たりラウンド中は暗黒騎士・キバと1stバトルを行ない、牙狼が耐えられれば継続率82%を誇る魔戒RUSHに突入する。

対戦ホラーは全23体!



ホラーバトルにハマッた人も数多いことだろう。そこで全23体のホラー写真を上に掲載した。素体ホラーや森のホラー熊が相手なら勝率は90%以上だが、逆にレギュレイスや魔戒樹、メシアが出てくると敗北の大ピンチ!!

2作目はデジパチで登場!


シリーズ第2弾は1種2種複合機の射幸性に規制が入ったこともあり、デジパチで登場した。スペックは確率358.1分の1で、確変率は82%(うち32%は初回潜伏確変)。魔戒RUSH終了後には99回転の時短が付くため、RUSH継続率は破格の86.4%に及ぶ。『初代』の人気もあり、多くのホールに設置された。
兄弟機として2011年には確率199.8分の1の『ZZ』が登場している。

3作目はまさかのST機!!


『牙狼』の3作目は予想を裏切るV-ST機で登場! スペックは確率399.6分の1で、確変突入率はヘソ=51%、電チュー=100%。ST回数は145回転と長く、ST連チャン率は約77%だ。RUSH中は全ての大当たりが16Rであり、このあたりはその後の『牙狼』シリーズに受け継がれる。約7万台の販売台数を記録し、なおかつホールで高い人気を得た。
ちなみにスピンオフ機としてタイムストックボーナスを搭載した『牙狼外伝桃幻の笛』が2014年に登場している。

4作目で早くもFINAL!?


シリーズ第4弾は前作を上回る160回転のV-ST機で登場。さらに多彩な演出群や、震撃アタックなどの派手なギミックで人気を得た。また販売台数も『初代』に勝るとも劣らない約11万台という数字を記録。名実ともに業界を代表する特大コンテンツとなった。
兄弟機として確率199.8分の1のライトミドルタイプが登場している。

5作目は超絶サプライズ!!


まさか枠上から首が出てくるとは……。シリーズ5作目は開いた口が塞がらないほどの絶大なインパクトでファンの度肝を抜いた。スペックは確率399.6分の1のV-ST機で、ST回数は161回転。演出も凝ったものだが、PERFECT FACE OF牙狼と、台枠右にある牙狼剣ギミックが何よりの特徴だ。販売台数は10万台を超え、ホールの看板機種として人気を維持した。
兄弟機として甘デジの『ザルバとの契約』、新内規対応のミドルタイプとして『闇を照らす者』が登場している。

6作目は『金色』を超える台数に!


6作目は前作『金色になれ』の牙狼専用枠をそのまま用いて登場。高速で閉まるフェイスオブ牙狼や、巨大なエンブレム役物など、さらに完成度を高めたギミックと演出で人気を集めた。確率は399.6分の1で、ST回数は161回転。時短と思わせて実はST中という、隠れSTも存在する。販売台数は約13万台近くに及んだが、その後、2016年のMAX機規制により、前作の『金色になれ』ともどもホールから姿を消した。
兄弟機として新内規対応ミドルタイプの『BEAST OF GOLD ver.』と、甘デジの『媚空99バージョン』が登場している。

そして『GOLDSTORM翔』へ

2017年7月末には牙狼ファン待望の最新作が登場。新たな専用枠で展開される新演出の数々は、シリーズの集大成というべきもの。詳細は本サイトで確認してほしい。


(C)2005 雨宮慶太/Project GARO (C)2006 雨宮慶太/東北新社・バンダイビジュアル
(C)2005 雨宮慶太/Project GARO (C)2006 雨宮慶太/東北新社・バンダイビジュアル (C)2010 雨宮慶太/東北新社
(C)2005 雨宮啓太/Project GARO (C)2006 雨宮啓太/東北新社・バンダイビジュアル (C)2010-2011 雨宮啓太/東北新社
(C)2005 雨宮慶太/Project GARO (C)2006 雨宮慶太/東北新社・バンダイビジュアル (C)2011 「呀」 雨宮慶太/東北新社 (C)2010-2012 雨宮慶太/東北新社
(C)2005 雨宮慶太/Project GARO (C)2006 雨宮慶太/東北新社・バンダイビジュアル (C)2011 「呀」 雨宮慶太/東北新社 (C)2013 「桃幻の笛」 雨宮慶太/東北新社 (C)2010-2014 雨宮慶太/東北新社

Page Top