最新記事一覧

sengoku5_10th1122_
目指すは小田原征伐!! 『戦国乙女5 10th Anniversary~』解析特集!!
パチンコ関連機器市場、前年度比85.5%の8574億円に
北電子 (1)
北電子が人気アニメ「ダンまち」をパチスロ化
サミー (1)
サミーがパチンコとパチスロの新規則機第1弾
チャレンジ横丁 (4)
チャレンジ横丁が50人限定セミナー

ニューギンが「『CR真・花の慶次2』新機種プレス発表会」を開催!

10月5日、ニューギンはベルサール秋葉原にて「『CR真・花の慶次2』新機種プレス発表会」を開催した。

はじめに、常務取締役 金海晃和氏が登壇。「『花の慶次』シリーズは、今年10周年の節目を迎えました。本機は、初代にも引けを取らないスペックと、演出面ではシリーズ初となる裸眼3Dを採用しています。歴代シリーズの名に恥じない最高傑作になったと自負しております」と本機のアピールを行なった。

その後、機種のアンベールが行なわれ、東京開発部 次長 中村誠氏による詳しい機種説明が行なわれた。「シリーズ初となる、右打ち時の大当たりオール2000発を搭載しています。また、歴代のプレミアムラウンドを搭載しているのでファン必見です」と機種のポイントを紹介した。

その後、ゲストの角田信朗さんと大西洋平さんが登場。スペシャルライブを開催し、会場を盛り上げた。

本機は、大当たり確率319分の1のV確変タイプで、また確変中は転落抽選式というスペックで登場する。
初回確変突入率は70%、電サポ100回転+α付きという遊びやすいスペックに加え、右打ち時の大当たりはオール2000発、また転落式のため確変か時短かというドキドキが味わえるのが特徴。
演出面では、確変中ゲーム性の異なる3つのモードを楽しめるほか、新キャラクターの登場、裸眼3Dの採用等、シリーズファンだけでなく、新規ファンも楽しめる仕様となっている。

導入は12月18日からを予定。

Page Top