最新記事一覧

SnapCrab_NoName_2018-9-21_17-26-43_No-00
七匠の『究極神判』のサイト&PVが公開!
参加費無料のスープラSP最速試打会「山佐塾」9月30日開講!参加締め切り迫る!!
参加費無料のスープラSP最速試打会「山佐塾」10月27日開講!参加締め切り迫る!!
sengoku5_10th1122_
目指すは小田原征伐!! 『戦国乙女5 10th Anniversary~』解析特集!!
パチンコ関連機器市場、前年度比85.5%の8574億円に
北電子 (1)
北電子が人気アニメ「ダンまち」をパチスロ化

三洋物産が「インターナショナルライフセービングカップ2018」を開催

株式会社三洋物産は、6月23日(土)・24日(日)『三洋物産インターナショナルライフセービングカップ2018』を昨年に続き、福岡県福岡市早良区シーサイドももち海浜公園百道浜地区東側で開催しました。

7カ国・地域から8チーム80名の選手が参加し、レースにのぞみました。
11種目の競技を男女それぞれのカテゴリーで競い、総合1位はオーストラリアで、驚異の11連覇を達成しました。
続く第2位はニュージーランド、そして第3位に日本A(トップ選手)が入りました。

2日間のレースを通して、上位2チームが1日目総合結果より2日目のポイントを下げた中、日本Aは大きくポイントを伸ばしており、初日の修正をしっかりかけて追い上げました。
ビーチリレーでは、日本A男子が、2日連続1位を制し、2日目は日本A女子も1位を獲得。
また、2日目ビーチフラッグス男子では、1位に和田賢一(日本A)、2位に堀江星冴(日本B)とツートップで入り、ビーチ競技の強さをみせつけることができました。

その他、1日目ボードレスキューでは日本A男子が2位、女子3位。
2日目も男子、女子ともに2位へ入り、チームワークの良さを見せました。

【総合順位】
第1位オーストラリア897ポイント
第2位ニュージーランド869ポイント
第3位日本A675ポイント
第4位南アフリカ617ポイント
第5位アメリカ568ポイント
第6位イギリス511ポイント
第7位日本B457ポイント
第8位香港251ポイント

競技結果詳細はホームページをご覧ください。
http://sanyo-lifesavingcup.com/

IMG_4867 IMG_6407

IMG_4808 IMG_7129

IMG_6267 IMG_6438

Page Top