最新記事一覧

236
『南国娘2』解析特集! ~30Φは一味違う!?~
第6回普通救命講習02
都内のホール関係者22人が応急救護を習得
健全営業セミナー (1)
札幌方面遊協ほか、3団体が健全営業セミナー
技能研修センター03
遊技機取扱技能研修センターを設立
検定情報
遊技機検定情報(10月15日東京都公安委員会告示第182号)

日電協が不正改造ゴト事案の報告書を作成

このほど、日電協は2012年から2017年末までの6年分と、2018年上半期までに認知した事案をとりまとめて、報告書を公表した。

回胴式遊技機における不正改造ゴト事案とは、遊技機の内部に不正な改造を施すもので、例えばサブ制御基板における不正ROMとの交換、同基板のRAMの改竄、その他不正部品の取り付け等によるものである。

報告書では、犯行手口の高度化・巧妙化に苦慮しているのが実情で、不正改造ゴト事案でのホールの損害額は全体で約250億円以上に達していると推測。
このような実態と問題点を踏まえ、組合として対策を講ずることは当然のことながら、業界団体や行政と情報を共有し、被害届の提出、犯罪の追及・検挙など、官民挙げて厳しく対応していくことが必要であり責務である、としている。

内容は、不正改造ゴト事案の状況、不正改造ゴト事案から見たゴト犯罪の重大性、ゴト犯罪への今後の対応について詳細に報告されている。

 

Page Top