最新記事一覧

powerful_news
SANKYO『パチスロ ボンバーパワフルIII』のスペシャルムービーが公開!
aria1_pickup
藤商事が『P緋弾のアリアIII 設定付』の内覧会を開催
heike_sound
『平家物語 RELOADED』の楽曲配信が開始
animejapan_pickup
SANKYOが協賛、AnimeJapan2019が開催!
190320_news
『ぱちんこ 冬のソナタ Remember Sweet Version』導入記念!「冬ソナファンミーティング」開催!!

ニューギンがパチンコとパチスロを同時発表

ニューギンは2月18日、東京都台東区の東京支店で「P EXゼウス」「戦国パチスロ義風堂々!!~兼続と慶次~」(EXCITE製)の内覧会を開催。

前者は、日工組の有志メーカーが主導する「ハヤブサプロジェクト」の理念に則って開発した同社第1弾となる旧2種機。
同プロジェクトは、やめどきが分かりやすく、短い時間で安定した出玉を獲得できる機種の開発が狙い。
役物に入って入賞した玉の大当たり確率は31.98分の1で1回の大当たりで約1250個獲得でき、そのセットが4回続くため、合計獲得出玉は約5000個となる。

「10R×4セットの消化時間は約7分なので、閉店間際に一発逆転をねらえる機種です」と営業担当者はPRした。

後者は、416枚獲得できる「夢語りBIG BONUS極」、最大獲得枚数404枚の「戦語りBIG BONUS」、同64枚の「酒語りBONUS」を搭載したA+RTタイプ(5.9号機)。
「戦語りBIG BONUS」は非JACゲームとJACゲームを繰り返しながら出玉を増やす仕組みで、2種類のJACゲームを搭載。
そのヒキによって獲得枚数が変動する。スイカ・ベル・チェリー、もしくはスイカ・ベル・赤7がそろってJACINした場合は、15枚の払い出しが8G間続き、スイカ・ベル・ベルがそろってJACINした場合は、4枚or15枚の払い出しが8Gとなる。

ニューギン

ホール導入は両機種とも4月1日から。

提供元:プレイグラフ

Page Top