最新記事一覧

main_img_kyukyokuama
七匠『PA究極神判Sweet Judgement 99 ver.』機種サイトがオープン!
『CRフィーバーマクロスフロンティア3bR』『P CYBORG009M2-V』『PA真・怪獣王ゴジラN2-K6』『Pうる星やつらM3-K』が検定通過
rum_pickup1
ニューギンが『Pうる星やつら』内覧会を開催
title
ニューギンが「ニコニコ超会議2019」に参加決定!
検定情報
『Sパチスロ鉄拳4CC』が検定通過

日遊協がファンアンケート調査の結果報告

日遊協(庄司孝輝会長)は3月14日、東京都中央区の本部会議室で「2018年度パチンコ・パチスロファンアンケート調査」「パチスロプレイヤー調査2018」の概要を発表。

前者は、2007年から毎年行っているもので、今回で12回目となる。昨年は11月17日~12月3日まで、会員ホールなど161店舗で来店客に対する聴き取り調査を実施。

昨年の2314人を上回る2924人の回答を集計・分析している。改正健康増進法の施行が近づく中、ホール関係者の関心の高い「喫煙状況」の項目では、「喫煙する(主に紙巻たばこ)」が43.2%、「喫煙する(主に電子たばこ)」が、11.5%で、合計54.7%が喫煙者という結果に。遊技頻度は「今より多くなるだろう」が8.1%、「変わらないだろう」が53.6%、「今より少なくなるだろう」が22.7%、「行かなくなるだろう」が6.9%、「不明」が8.7%。

広報調査委員会の佐藤聖子副委員長は「『少なくなる』『行かなくなる』が約3割いるが、実際、ホールの中でたばこが吸えない状況が普通になったら、また気持ちが変化するのではいか」との見方を示した。

日遊恊_ファンアンケート (3)

日遊恊_ファンアンケート (1)

日遊恊_ファンアンケート (2)

提供元:プレイグラフ

Page Top