最新記事一覧

SANKYOが「パチスロ蒼穹のファフナーEXODUS」
SANKYO_逆シャア試打会 (2)
SANKYOが「逆襲のシャア」試打会を開催
SANKYO_逆シャア試打会 (1)
三洋、海物語ファンイベントで「太鼓の達人」をPR
中国遊商、山口県の電話詐欺防止に協力
20190913_nichiyukyo_book
日遊協、「遊技業界データブック2019」発表

『パチスロあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』夏の思い出解析特集! ~○年後の8月もまた~

00012466
▼機種情報『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』
http://www.pachinkovillage.com/slot/s.php?M=5570

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
通称、あの花。アニメ好き以外にも、知ってる、聞いたことあるという方は多いんじゃないでしょうか。

このあの花。
テレビアニメとして放送されたのが2011年の4月。
6月までの1クール、全11話で完結と比較的短いストーリーではありますが、その翌年には漫画化され、さらにその翌年には劇場版が公開。
さらにさらに、2015年には実写ドラマが放映されるなど、根強い人気を誇るタイトルでもあります。

その有名版権がやっとパチスロで登場しました。
しかも、パチンコと同時リリース。盛り上がらないわけがありません。

そんなあの花の解析数値を入手しましたので、ゲームの流れに沿っておさらいをしながら数値をご紹介していきましょう。

1

本機は1G純増最大約3.1枚の擬似ボーナスやATで出玉を増やすタイプ。
1G純増最大と表現しているのは、状況に応じて1G純増が変化するためです。

AT中のメインパート……1G純増約1.5枚

AT中のメインパート以外……1G純増約3.1枚

ごめんまボーナス……1G純増約3.0枚

スペック
設定 AT初当たり確率 出玉率
1 1/386.7 97.9%
2 1/373.1 98.9%
3 1/342.5 100.8%
4 1/310.9 104.1%
5 1/290.1 107.5%
6 1/272.0 110.1%

AT初当たり確率は272.0分の1(設定6)~386.7分の1(設定1)。
出玉率は97.9%(設定1)~110.1%(設定6)。
設定5の出玉率が107.5%もあり、高設定域の出玉率の高さが印象的です。
ちなみに、50枚あたりのゲーム数(ベース)は50.6Gあります。

小役確率
確率
リプレイ 1/7.3
押し順ベル 1/1.4
フリーズベル 1/16384.0
弱チェリー 1/72.8
強チェリー 1/496.5
中段チェリー 1/13107.2
スイカ 1/79.6
チャンス目A 1/655.4
チャンス目B 1/993.0
ハズレ 1/7.3

小役確率はこんな感じで、この機種は小役確率に設定差がありません。
チェリー、スイカ、チャンス目、フリーズベルを合わせたレア役合算確率は32.3分の1。

以後頻繁に、弱レア役、強レア役、確定役という表現が出てくるのでここで説明しておくと、弱レア役とは弱チェリーとスイカ、強レア役とは強チェリーとチャンス目、確定役とは中段チェリーとフリーズベルです。
それぞれの合算確率は、弱レア役が38分の1、強レア役が219.9分の1、確定役は7281.8分の1となっています。

2

打ち始めてまず目指すのが「なかよしメーター」集めです。
このメーター、液晶の左に常に表示されています。
この6マスのメーターはレア役やリプレイで仲間キャラが加わり、6人集まるとCZやAT直撃が抽選されます。
見慣れない特殊キャラは出現するだけで激アツです。

このメーターをよく見るとタブ状になっていて、そのフレームには「いま」「つぎ」「つぎのつぎ」と書いてあります。
何がいま、つぎなのかというと、メーターによる抽選は「フレームごとの周期抽選」となっていて、その期待度を2周期先までフレームの色で可視化しているんです。
フレームの色は白≪青≪緑≪赤の順に期待度がアップし、?表示は青以上への昇格に期待です。

この周期抽選、メーターが6人集まるMAX状態まで平均約70Gで到達します。
MAX状態になったとき、そのときの「フレームの色」に応じてCZなどを抽選します。

フレームの色は、有利区間移行時にいま、つぎ、つぎのつぎを決定し、周期抽選が終わるたびに何周期目かを参照し、2周期先を抽選しています。
つまり、周期の期待度(フレームの色)は事前に決まっているんですな。

周期ごとの特徴があります。

1周期目……50%で赤

2周期目や5周期目……高設定ほど赤になりやすい

3の倍数周期……緑以上

このように、朝イチやAT終了後など1周期目は激アツなので、メーターがMAXになるまでは必ず回したいところです。

メーターMAX時の抽選はこんな感じです。

仲良しメーターMAX時の振り分け
フレーム色 CZ AT ハズレ
4.6% 0.4% 95.0%
9.6% 0.4% 90.0%
39.6% 0.4% 60.0%
74.6% 0.4% 25.0%
赤(CZ確定) 100%
赤(AT確定) 100%

白や青はあまり期待できませんが、緑ならCZのチャンス、赤なら大チャンス。
赤は内部的に確定赤も存在し、CZ確定やAT確定のものもあります。
なので、赤フレーム出現時はメーターがMAXになるまで様子を見ることをオススメします。

メーターMAX後はめんまチャンス前兆ステージに移行。
液晶枠のエフェクトが紫になれば激アツ、虹色なら超激アツです。
この前兆ステージではうさぎが出現すれば期待度アップとなります。
そして、専用の連続演出を経て当否が告知されます。

3

なかよしメーターMAXから突入するCZ「めんまチャンス」。
このCZがAT突入のメイン契機です。
CZ突入率は設定1で260.8分の1、トータル期待度は40%となっています。

CZは前半パートと後半パートの2部構成。
前半パートは5G継続し、レア役やリプレイでリーチライン(図柄)を開放していきます。
弱レア役は99.6%でリーチライン2個、0.4%でリーチライン3個。
強レア役なら50%でリーチライン3個、25%でリーチライン4個、25%でリーチライン5個獲得となります。
ちなみに、リーチラインが開放できなくても3のリーチラインはデフォルトで持っているので、リーチなしで後半に挑むということはありません。

また、リーチラインの図柄はピンクがベースですが、リーチラインが重複(開放)することで色が変化し強化するもできます。

色と強化内容は、

ピンク……基本パターン、ATへ

赤……AT複数ストック

紫……AT3セット以上ストック

金……AT複数ストック+ボーナス

キラキラ金……ATもボーナスも複数ストック

となり、強化されるほど成功時の恩恵が増えていきます。

後半パート(1G+α)はジャッジ役が成立するまで継続し、リプレイでリーチラインの追加開放も期待できます。

ジャッジ役は押し順ベルとレア役。
押し順ベルの場合、その押し順に対応したセグナンバー(小窓に表示)がリーチラインにあれば成功となりATが確定します。
レア役の場合は一番恩恵の強いリーチラインが成功となり、ピンクの図柄でもAT2セットが約束されます。

ちなみに、CZ突入時のリーチライン開放数別AT期待度は、リーチライン1個で35%、リーチライン2個で48%、リーチライン3個で61%、リーチライン4個で74%、リーチライン5個で87%、リーチライン6個で100%です。

また、後半パートのレアなパターンとして「ぜんぶとーりっぴ」が発生することがあります。
これが発生すると開放しているリーチラインがすべて成功となり、大量ストックが期待できます。
 

ぜんぶとーりっぴの発生率は、

ベル時……設定1~3は0.4%、設定4~6は0.8%

強レア役時(全設定共通)……50%

確定役時(全設定共通)……100%

となっています。

ぜんぶとーりっぴ発生率(弱レア役)
設定 発生率
1 1.3%
2 2.5%
3 3.8%
4 5.0%
5 7.5%
6 10.0%

弱レア役時のぜんぶとーりっぴ発生率には大きな設定差が存在し、高設定ほど発生しやすくなっています。

以上のように、後半パートはリーチライン数が多いほどATに繋がる確率が高まります。
それゆえ、前半パートでどれだけリーチラインを増やせるかが重要となってきますが、CZを失敗しATに繋がらなかった場合でも開放されたリーチラインは次回に持ち越されるため、上昇した期待度はそのまま継続します。
さらに、前半パートでリーチラインを開放できなくても3のリーチラインが追加開放されるので、CZの失敗を繰り返すほど図柄強化やAT期待度は高まっていく仕様です。
なかよしメーターの下には持ち越されている開放済みのリーチライン(図柄と色)が表示されるので、そこは要チェックです。

この「セグリンクシステム」と呼ばれる新感覚のゲーム性はAT中のかくれんぼチャンスでも活躍し、前半パートの色別恩恵なども同様の傾向となります。

4

CZを成功させるといよいよATへと突入しますが、その前にATへの別ルート「AT直撃」の話をしておきたいと思います。

通常ゲーム中は、2種類のモードが存在します。

●表モード……おもにレア役でATを抽選

●裏モード……リプレイやベルでATを抽選

まずは表モードから見ていきましょう。

表モードはレア役でのAT抽選に影響を及ぼすモードで、状態(通常・高確・超高確・超超高確)によってAT当選率が変化します。
また、超超高確時のみハズレでもAT抽選が行なわれます。

成立役別AT当選率[表モード:設定1]
状態 弱レア役 強レア役 ハズレ
表通常 0.4% 2.5%
表高確 0.4% 5.0%
表超高確 1.3% 25.0%
表超超高確 5.0% 100% 0.4%

この表は表モードによるAT当選率です。
弱レア役からのAT当選率は設定1のみ判明しており、高設定ほどAT当選率が優遇されているようです。
超超高確は、弱レア役でもAT当選率が5%あり、強レア役はAT確定です。

表モードの成立役別状態移行率はこんな感じです。

表モード通常の状態移行率
移行先 弱レア役※ 強レア役
表通常 50.0% 25.0%
表高確 45.8% 50.0%
表超高確 3.3% 24.2%
表超超高確 0.8% 0.8%
表モード高確の状態移行率
移行先 弱レア役※ 強レア役 ベル・ハズレ
表通常 33.3%
表高確 75.0% 50.0% 66.7%
表超高確 23.3% 48.3%
表超超高確 1.7% 1.7%
表モード超高確の状態移行率
移行先 弱レア役※ 強レア役 ベル・ハズレ
表通常 16.7%
表高確 16.7%
表超高確 90.0% 50.0% 66.7%
表超超高確 10.0% 50.0%
表モード超超高確の状態移行率
移行先 ベル・ハズレ
表通常 16.7%
表高確 16.7%
表超高確 16.7%
表超超高確 50.0%

イメージとしては、レア役で状態昇格、ベルやハズレで状態降格という感じです。

※弱レア役での状態移行率は設定1の数値のみが判明しておりそれ以外は全設定共通の数値です。

状態昇格時は保証ゲーム数消化後、ベルやハズレで転落抽選が行なわれます。

状態別の保証ゲーム数振り分けは、

高確……10G(98.8%)、20G(0.4%)、30G(0.4%)、50G(0.4%)

超高確……20G(99.2%)、30G(0.4%)、50G(0.4%)

超超高確……50G(100%)

となり、超超高確移行時は50Gの保証ゲーム数を獲得するため大チャンスです。

5

次に裏モードですが、こちらはリプレイやベルでのAT抽選に影響を及ぼすモードで、表モード同様、状態(通常A・通常B・高確A・高確B)が存在します。
ちなみに、裏通常Aや裏通常BではATの抽選はされず、裏高確でのみAT抽選が行なわれます。

裏モードのAT当選率は、判明している設定1の数値のみとなりますが、

超高確A……リプレイ時の0.4%

超高確B……リプレイ時の1.3%、ベル時の0.4%

となっており、高設定ほど当選しやすくなっているようです。

裏モードの成立役別状態移行率はこんな感じです。

裏モード通常Aの状態移行率
移行先 弱レア役 強レア役 リプレイ※
裏通常A 99.6% 91.7%
裏通常B 91.7% 7.9%
裏高確A 0.4% 7.9% 0.4%
裏高確B 0.4%
裏モード通常Bの状態移行率
移行先 弱レア役 強レア役 リプレイ※ ハズレ
裏通常A 50.0%
裏通常B 99.6% 91.7% 50.0%
裏高確A 0.4% 100% 7.9%
裏高確B 0.4%
裏モード高確Aの状態移行率
移行先 弱レア役 強レア役 リプレイ※ ハズレ
裏通常A 41.7%
裏通常B 33.3%
裏高確A 99.6% 95.0% 25.0%
裏高確B 0.4% 100% 5.0%
裏モード高確Bの状態移行率
移行先 はずれ
裏通常A
裏通常B
裏高確A 33.3%
裏高確B 66.7%

イメージとしては、レア役やリプレイで状態昇格、ハズレで状態降格という感じです。
裏モードは表モードと異なり、状態昇格しても保証ゲーム数はありません。

※リプレイでの状態移行率は設定1の数値のみが判明しておりそれ以外は全設定共通の数値です。

以上、AT直撃に関してまとめると、主にレア役で抽選される「表モード」とリプレイやベルで抽選される「裏モード」が存在し、状態によってAT当選率が変化します。
そして、この部分は高設定ほど優遇されているようで、CZを介さないAT直撃は高設定ほど発生しやすいようです。
ステージが表モードの状態を示唆し、夕方ステージは高確以上のチャンス、夜ステージは超高確以上のチャンス、思い出ステージは超超高確の大チャンスとなっています。

6

ここからはいよいよエモーショナルAT「フラワーズメモリー」の話です。

CZ「めんまチャンス」やAT直撃を契機にATへと突入したら、まずプロローグからスタートします。
プロローグは全6種類あり、好きなキャラのものを自由に選べます。
プロローグは21G継続し、かくれんぼチャンスの抽選も行なっています。

プロローグ中のかくれんぼチャンス当選率は、

弱レア時……2.5%(全設定共通)

強レア時……25%(全設定共通)

ベル時……0.4%(全設定共通)

リプレイ時……設定1は0.4%、設定2は0.8%、設定3は1.3%、設定4は1.7%、設定5は2.1%、設定6は2.5%

ハズレ時……0.4%(全設定共通)

となっています。

このかくれんぼチャンスというのがATのセットストックやボーナスを獲得する重要な契機で、AT中はかくれんぼチャンスに発展させ、そこでセットストックやボーナスを獲得しATのロング継続を目指します。

7

プロローグが終わったら、ATのメインパートへ移行します。
メインパートは1セット20Gのセット管理型。
セットストックを使ったセット連チャンが発生します。
メインパートの1G純増は約1.5枚となり、それ以外は1G純増約3.1枚となっています。

メインパート移行時はステージが決定し、そのステージでAT中の状態を示唆します。
ステージ以外に、エピソードや夏祭りが選択されることもあります。

ステージごとの特徴は、

鉄橋ステージ……高確の可能性あり

夕方の秘密基地ステージ……高確のチャンス

夜の秘密基地ステージ……超高確示唆

シークレットベース……セット継続+高確以上

となっています。

AT中の状態は、通常、高確・超高確があり、かくれんぼチャンスの抽選に影響を及ぼします。
状態はそのセット間継続します。

状態別、成立役別のかくれんぼチャンス当選率はこんな感じです。

状態別のかくれんぼチャンス当選率
通常 高確 超高確
弱レア役 5.0% 25.0% 66.7%
強レア役 66.7% 75.0% 100%
ベル 0.2% 0.2% 1.3%
リプレイ 0.4% 1.3% 25.0%
ハズレ 0.4% 0.4% 0.4%

全役でかくれんぼチャンスを抽選しますが、超高確はリプレイでも25%でかくれんぼチャンスに当選するなど超激アツです。

このAT中の状態を管理しているのがモードです。
モードは全部で9種類。モードはAT初当たり時に決定し「ATセットごとの状態移行」を管理しています。

●通常Aモード……前回の状態が通常だった場合は今回25%で高確以上へ、前回が高確以上だった場合は今回ほぼ通常

●通常Bモード……前回の状態が通常だった場合は今回40%で高確以上へ、前回が高確以上だった場合は今回ほぼ通常

●通常Cモード……前回の状態が通常だった場合は今回67%で高確以上へ、前回が高確以上だった場合は今回ほぼ通常

●高確ループAモード……25%で前回より1つ上の状態へ、前回が超高確だった場合は今回25%で超高確

●高確ループBモード……40%で前回より1つ上の状態へ、前回が超高確だった場合は今回40%で超高確

●高確ループCモード……67%で前回より1つ上の状態へ、前回が超高確だった場合は今回67%で超高確

●成り上がりAモード……0.4%で前回より1つ上の状態へ(状態転落なし)

●成り上がりBモード……5%で前回より1つ上の状態へ(状態転落なし)

●成り上がりCモード……25%で前回より1つ上の状態へ(状態転落なし)

モードは大きく、通常モード、高確モード、成り上がりモードに分類できます。
AT初当たり時に決定したモードはATが終了するまで基本的にそのモードのままですが、エピソードやスペシャルエピソードに当選した場合に昇格することがあります。
昇格は、滞在のモードが通常A・B・C、高確ループA・Bのいずれかで、エピソード時の昇格率(2.5%)もしくはスペシャルエピソード時の昇格率(12.5%)にヒットした場合に高確ループCモードへ昇格となります。

モードごとの状態振り分けを見てみましょう。

AT1セット目の状態振り分け[モード:通常A〜高確ループC]
初期状態 通常 高確 超高確
通常時 0.0% 49.6% 0.4%
高確時 99.6% 0.4%
超高確時 100%
AT1セット目の状態振り分け[モード:成り上がりA〜C]
初期状態 通常 高確 超高確
通常時 100%
高確時 100%
超高確時 100.0%

これはAT1セット目の状態振り分け表です。状態の振り分けは前回の状態を参照し今回の状態を決定しますが、1セット目は前回の状態がないため特殊な振り分けとなります。
まず、滞在モードを参照し状態を選択後、それに応じて通常・高確・超高確へと振り分けます。
なので、モードによる決定で通常が選ばれても、その後の振り分けで高確以上が選ばれることもあります。
この振り分け昇格は、通常モードと高確ループモードでのみ発生する可能性があります。

AT2セット目以降の状態振り分け[モード:通常A]
前回状態 通常 高確 超高確
通常時 75.0% 24.6% 0.4%
高確・超高確時 99.2% 0.4% 0.4%
AT2セット目以降の状態振り分け[モード:通常B]
前回状態 通常 高確 超高確
通常時 60.0% 39.6% 0.4%
高確・超高確時 99.2% 0.4% 0.4%
AT2セット目以降の状態振り分け[モード:通常C]
前回状態 通常 高確 超高確
通常時 33.3% 66.3% 0.4%
高確・超高確時 99.2% 0.4% 0.4%
AT2セット目以降の状態振り分け[モード:高確ループA]
前回状態 通常 高確 超高確
通常時 75.0% 24.6% 0.4%
高確・超高確時 74.6% 0.4% 25.0%
AT2セット目以降の状態振り分け[モード:高確ループB]
前回状態 通常 高確 超高確
通常時 60.0% 39.6% 0.4%
高確・超高確時 59.6% 0.4% 40.0%
AT2セット目以降の状態振り分け[モード:高確ループC]
前回状態 通常 高確 超高確
通常時 33.3% 66.3% 0.4%
高確・超高確時 32.9% 0.4% 66.7%
AT2セット目以降の状態振り分け[モード:成り上がりA]
前回状態 通常 高確 超高確
通常時 99.6% 0.4%
高確時 99.6% 0.4%
超高確時 100%
AT2セット目以降の状態振り分け[モード:成り上がりB]
前回状態 通常 高確 超高確
通常時 95.0% 5.0%
高確時 95.0% 5.0%
超高確時 100%
AT2セット目以降の状態振り分け[モード:成り上がりC]
前回状態 通常 高確 超高確
通常時 75.0% 25.0%
高確時 75.0% 25.0%
超高確時 100%

これはAT2セット目以降の状態振り分けです。
滞在モードと前回の状態を参照して、今回の状態が決定します。

またセット開始時のルーレット画面でレア役が成立すれば状態昇格抽選も受けられます。

レア役による状態昇格率は、

「通常状態」の弱レア役……9.6%で高確へ、0.4%超高確へ

「通常状態」の強レア役……98.8%で高確へ、1.3%で超高確へ

「高確状態」の弱レア役……10%超高確へ

「高確状態」の強レア役……50%で超高確へ

となり、強レア役なら状態昇格のチャンスです。

8

AT中の状態や成立役によって当選率が変化するかくれんぼチャンス。
このかくれんぼチャンスに突入することで、ATのセットストックやボーナスが期待できます。

かくれんぼチャンスの仕組みは、通常ゲーム中のCZ「めんまチャンス」と基本的に同じです。
ただし、リーチラインの開放契機や前半パートのゲーム数上乗せなど若干の違いがあるのでそこは要注意です。

かくれんぼチャンスは前半パートと後半パートの2部構成。
前半パートは5G+α継続し、ハズレ以外の小役でリーチラインを開放していきます。
CZと違ってベルでも開放されるので、どんどんリーチラインが増えていきます。
また、レア役はリーチラインの開放に加え前半パートの継続ゲーム数自体を上乗せすることができ、成功期待度が一気に高まります。
ちなみに、この上乗せしたゲーム数が偶数なら高設定の期待度が高まるようです。

また、CZ同様リーチラインの強化もあり、

ピンク……基本パターン、ATへ

赤……AT複数ストック

紫……AT3セット以上ストック

金……AT複数ストック+ボーナス

キラキラ金……ATもボーナスも複数ストック

と図柄が強化されるほど成功時の恩恵が増えていきます。

9

前半パートの規定ゲーム数を消化したら後半パートへ移行。
後半パート(1G+α)はジャッジ役が成立するまで継続し、リプレイ成立時は開放されているリーチラインをすべて1段階強化します。
とにかく、リプレイは激アツです。

ジャッジ役は押し順ベルとレア役。
押し順ベルの場合、CZ同様、その押し順に対応したセグナンバー(小窓に表示)がリーチラインにあれば成功となります。
レア役の場合は一番恩恵の強いリーチラインが成功となります。

CZと違って失敗時に開放リーチラインの持ち越しはありません。
それでも前半パートの強さもあってかくれんぼチャンスの期待度は約60%。
さらに、かくれんぼチャンス突入時に全員が集合している確定パターンもあれば、CZにもあった「ぜんぶとーりっぴ」が発生する可能性もあります。

かくれんぼチャンス成功でATのセットストックやボーナスを獲得し、そこからさらにロング継続を目指していきます。

10

かくれんぼチャンスなどから突入するボーナスは、BBとRBが存在します。
どちらもベルナビ回数管理の擬似ボーナスで、BBはベルナビ20回、RBはベルナビ6回まで継続します。
獲得枚数はBBが約100枚、RBが約30枚。

ボーナスでは、ATのセットストックの獲得が期待できます。

BB……突入時に抽選(20%でセットストック)

RB……ハズレで抽選(25%でセットストック)

また、どちらのボーナスでも、ストックゾーン「夏祭り」の獲得抽選を行ないます。

夏祭り当選率は、

BAR揃い……100%(超夏祭り確定)

弱レア役……2.5%

強レア役……25%

となり、BAR揃いなら超夏祭りが確定します。
レア役からの当選でも超夏祭りは期待でき、BB中なら弱レア役で当選時の16.7%、強レア役なら3.3%で超夏祭りとなります。
RB中はBB中よりも超夏祭りの振り分けが優遇され、弱レア役で当選時の100%、強レア役なら50%で超夏祭りとなります。

BBはスタート時に選択した楽曲が「青い栞」や「サークルゲーム」ならみんなに会いに行こう演出やめんまルーレット演出、ひっぱりチャレンジで当否を告知するのに対し、「secret base~君がくれたもの~」選択時は当否がわからないまま終了となります。

ボーナスには、かくれんぼチャンス以外にAT中のレア役やベルでも突入が期待できます。

小役別のボーナス当選率は、

弱レア役……設定1~3は0.4%、設定4~6は0.8%

強レア役……12.5%(全設定共通)

ベル……設定1~3は0.02%、設定4~6は0.04%

となり、強レア役なら8分の1でボーナスへと突入します。

11

ATのセットストックゾーン「夏祭り」は1セット10Gで、全役でセットストックやボーナスを抽選します。

当選率は全設定共通で、

弱&強レア役……100%

ベル……12.5%

リプレイ&ハズレ……25%

となっています。

レバーON時に演出が発生すればチャンス到来。
めんまとぽっぽ登場なら大チャンス、マイスロで選択のキャラなら超激アツです。

夏祭りは10G消化時に継続抽選を実施し、夏祭りなら0.4%、超夏祭りなら75%で次のセットへ継続します。
夏祭りでの平均ストック数は2.9個。75%ループの超夏祭りは、平均4セット継続の平均8.4個が期待できます。

12

AT中には、原作の名場面を堪能できるエピソードやスペシャルエピソードも搭載しています。

全8種類あるエピソードには、セットスタート時のステージ決定ルーレットから突入する可能性があります。ATの継続セット数に応じて突入率が変わる仕組みです。

エピソード突入率は

1、5、9セット目……0.4%(通常A~Cモード以外のときのみ)

2、4、6、8セット目……0.4%

3、7セット目……33.3%

10セット目……100%

となり、11セット目以降は再度継続セット数の末尾を参照し、上記当選率でエピソードに突入します。

また、ボーナス確定画面から昇格画面に発展しスペシャルエピソードに突入することもあります。

継続ゲーム数は、30Gのエピソード対し、スペシャルエピソードは80G。
どちらも消化中はかくれんぼチャンスやATのセットストックを抽選します。

エピソード&スペシャルエピソード中の抽選
かくれんぼチャンス ATセットストック
弱レア役 2.5% 1.3%
強レア役 25.0% 10.0%
ベル 0.4% 0.02%
リプレイ 2.5% 0.4%
ハズレ 0.4% 0.4%

当選率は全設定共通。
強レア役が成立すればチャンスです。

13

ATはセットストックがなくなると終了待機画面へと移行します(ストックありでもたまに移行することあり)。
この終了待機画面中にレア役を引けばATへの復活確定です。
レア役以外の小役でも復活の可能性はありますが、復活率はベルで0.05%、リプレイやハズレで0.4%とかなり低くなっています。

レア役が引けなくてもまだまだチャンスはあります。
特にATが1セットで終了したときはチャンスです。

14

AT終了時の一部で「ごめんまボーナス」へと突入します。

AT終了時のごめんまボーナス突入率
設定 1セットで終了 2セット以上で終了
1 12.5% 0.4%
2 15.0%
3 17.5%
4 20.0%
5 22.5%
6 25.0%

この表はごめんまボーナスへの突入率です。
ATが1セットで終了したときは高設定ほど突入が期待できます。
逆に、2セット目以降はほぼ期待できません。

ごめんまボーナスには、通常ゲーム中の規定ゲーム数消化(天井)でも突入します。

ごめんまボーナスはベルナビ6回が1ラウンドのラウンド管理型で、消化中に液晶図柄が揃えばラウンドストックとなり継続が確定します。
成立役別のラウンドストック当選率は、弱レア役で50%、強レア役で80%、ベルで0.2%、リプレイで0.4%、ハズレで0.4%となっています。
強レア役でラウンドストック当選時なら20%で2ラウンド、5%で3ラウンドなど複数のラウンドストックも期待できます(弱レア役時も0.4%で3ラウンドストックあり)。

ごめんまボーナス中はステージで残りストック数を示唆します。
黄色のお花畑は基本パターン、ピンク色のお花畑は複数ストックを示唆、湖なら残りストック5個以上となります。

ごめんまボーナスは平均継続20ラウンド、最大継続40ラウンドとなり、ごめんMAX到達で平均獲得1000枚超が期待できます。

15

あと、忘れてならないのが涙、涙のフリーズ演出です。
フリーズベルから突入するフリーズ演出は、めんまver.とじんたんver.の2種類があります。

フリーズの恩恵は、ベルナビ30回の「スペシャルボーナス」、ATのセットストックを約75%ループで獲得、超夏祭りの3種盛り。
ちなみに、ver.の違いによる恩恵の差はありません。

16

AT終了後は即ヤメ厳禁です。
1周期目は50%で赤フレームになることは紹介済みですが、AT終了から有利区間へ移行するまでの間も、いろいろな抽選があるので覚えておくといいでしょう。

AT終了後や朝イチ設定変更後などは「通常区間」(非有利区間)となります。
通常区間から有利区間には小役成立時の一部で移行し、平均15Gで有利区間に移行します。
レア役で有利区間に移行したときにATに当選することもあります。

有利区間移行時のAT当選率
設定 弱レア時 強レア時
1 5.0% 50.0%
2 6.2% 50.5%
3 7.9% 51.3%
4 9.9% 51.7%
5 11.1% 52.2%
6 12.3% 53.0%

有利区間移行時のAT当選率は高設定ほどアップします。
ちなみに、中段チェリーやフリーズベルなどの確定役はAT確定です。

17

以上、ゲームの流れに沿って解析数値をご紹介してきました。

設定推測の際は、

通常ゲーム中からのAT直撃は高設定ほど発生しやすい

CZ中のぜんぶとーりっぴは高設定ほど発生しやすい

AT1セット終了時は高設定ほどごめんまボーナスに突入しやすい

などの点にふんわりと注目しつつ、最後に紹介する演出面の設定推測ポイントをチェックしてみてください。

演出面の設定推測ポイント

◎AT中に特定枚数に到達すると表示される「獲得枚数」が256枚OVERなら設定2or5or6、456枚OVERなら設定4以上、666枚OVERなら設定6

◎AT中のエピソードは発生順をシナリオで管理

・エピソード「めんまの日記」が1回目に出ると奇数設定示唆、2回目なら偶数設定示唆、3回目なら設定1を否定、4回目なら設定4以上、5回目なら設定5以上、6回目なら設定6

・同一エピソードが2連続すると設定1を否定、3連続なら設定5以上

・3回目と4回目が同じエピソードなら設定4以上確定

◎AT中のボーナス確定画面が幼少期なのにスペシャルエピソード以外に発展なら設定4以上

◎BB中の当否告知(めんまルーレットやひっぱれチャレンジ)の発生タイミング

・ベルナビ1回目で発生……設定4以上濃厚

・残りベルナビ7回で発生……設定5以上濃厚

◎RB中のキャラ紹介

・男は奇数設定示唆、女は偶数設定示唆

・説明文の赤文字は高設定ほど出やすい

・浴衣姿は設定2や設定4以上で出やすい

・めんま母やめんま弟は設定2以上

・じんたん制服姿は設定2以上(設定4以上に期待)

・ゆきあつ女装姿は設定5以上濃厚

・じんたん父やじんたん母は設定5以上濃厚

◎ごめんまボーナス中のラウンド開始画面

・幼少3人娘……ストック3個以上、設定3以上

・めんま水着で魚眼カメラ……ストック3個以上、設定4以上

・お祭り全員夜空見上げる……ストック3個以上、設定5以上

◎AT終了画面など様々な場面で出現するサミートロフィーは、銅は設定2以上、銀は設定3以上、金は設定4以上、キリン柄は設定5以上、虹色は設定6

18

演出から内部システムまで非常に作り込まれている本機。
夏の思い出作りがまだという方は、涼しいホールに足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

(C)ANOHANA PROJECT 
(C)Sammy

Page Top