最新記事一覧

岐阜総会3
岐阜県遊協、大野体制が7期目に
日工組、パチンコ証紙枚数は前期比105%
日遊協02
日遊協、家族申告「本人同意なし」の助言機関の設立へ
未来研、「期限延長の対象機種、PS計約220万台」
インテグレートが「パチスロ壇蜜」を試験導入

豊丸産業が『P華牌R ~猿渡翔がローズテイルにやってきた~』を発表

豊丸産業は8月30日、トーセイホテルココネ上野にて「『P華牌R ~猿渡翔がローズテイルにやってきた~』発表会」を開催しました。

発表会ではPVの放映後に、営業本部 営業統括グループ 山田麻友美氏が機種説明を行ないました。
「本日発表する機種は、遊びやすい・面白い・簡単を徹底追及した"遊moreコレクション"のシリーズ第4弾作品で、麻雀パチンコの最高峰とも言うべき『華牌シリーズ』の最新作です。舞台は、豊丸産業最強の萌えコンテンツ『ローズテイル』となっております。『ローズテイル』は、オリジナルコンテンツでありながらも、のばらを始めとした個性豊かなキャラクターの織り成すハチャメチャな世界観が、アニメファンの方々から高い評価をいただいた作品です。そんな『ローズテイル』の世界観に、『華牌シリーズ』の主人公"猿渡翔"が訪れる衝撃のコラボレーション作品が誕生しました。また、プロ麻雀団体である"麻将連合"監修による、リアル麻雀エンジンを搭載。息をのむ打牌の応酬、和了翻数に応じた大当たりラウンドなど、本格麻雀を楽しむことが出来ます」と本機の特徴を語りました。

最後にフォトセッションと、東京営業所では試打会が開催されました。

本機は、大当たり確率129.8分の1~106.9分の1、6段階設定搭載の甘デジタイプで登場します。確変割合は80%、転落確変タイプです。
本日から、特設サイトも公開されています。

【『P華牌R ~猿渡翔がローズテイルにやってきた~』特設サイト】
URL:https://www.toyomaru.jp/main/machine/hanahai_r/index.html

導入は、11月5日からです。

hanahai1

hanahai2

 

Page Top