最新記事一覧

SANKYOが「パチスロ蒼穹のファフナーEXODUS」
SANKYO_逆シャア試打会 (2)
SANKYOが「逆襲のシャア」試打会を開催
SANKYO_逆シャア試打会 (1)
三洋、海物語ファンイベントで「太鼓の達人」をPR
中国遊商、山口県の電話詐欺防止に協力
20190913_nichiyukyo_book
日遊協、「遊技業界データブック2019」発表

平和が2機種を同時発表

平和は9月5日、東京都台東区の営業本部ビルで「闘魂継承アントニオ猪木という名のパチスロ機」(オリンピア製)、および「P亜人」のプレス発表会を開催。

前者は、ナビ回数管理型で、1セット10~100回、1Gあたりの純増が約4枚のAT機。おなじみの「道」演出や、3人組の「お願いしまーす!」で継続するATなど、2002年導入の初代「猪木」を色濃く継承している。

販促・宣伝チームの山形直仁氏は「AT初当たり確率が、約681分の1~約341分の1と約2倍の差があり、設定6の出玉率は114.9%。『猪木』にふさわしいスペックとなった」とPRした。

後者は、旧1種2種混合タイプで、大当たり確率319.6分の1のミドルと同199.8分の1のライトミドルタイプの2スペックを用意。ミドルタイプは、RUSH突入率が100%、継続率は約82%。ライトミドルタイプは、RUSH突入率が約50.1%、継続率は約86%となっている。

同チームの田中誠二郎氏は「ミドルは平均TY、いわゆるモードTYともに、約5895個。ライトミドルは平均TYが約3485個で、モードTYが約6183個。高い出玉性能を実現できた」と述べた。

平和04 平和01 平和02 平和03

ホール導入は、前者が10月21日、後者が11月5日から。

提供元:プレイグラフ

Page Top