最新記事一覧

05-622x650
名機プレイバック-2008
石川県遊協、組合諸経費の免除案を決議
21世紀会が営業再開時のガイドライン
検定情報
遊技機検定情報(5月18日東京都公安委員会告示第170号)
兵庫県遊協が県知事に営業再開を要望

playback2002〜神ってたあの頃に〜

電話した。

ハロー

 

 

 

 

 

 

ごめん、急ぎ? 急ぎじゃないなら折り返すわ。

 

 

 

 

急ぎじゃないんで、んじゃ、待ってるよ。

 

 

 

 

 

 

数時間後、折り返しの電話が掛かってきた。

ごめんごめん。取り込み中だったもんで。

 

 

 

 

 

いやいや、こちらこそごめんごめん。24時も過ぎれば稼働もその後の夕食も一段落してるかなぁと思って。LINEのID教えてよ。そしたら直電なんかせず、LINEで都合聞くからさ。

 

 

 

 

 

LINE教えてもいいけど、またすぐ変えるかもよ。なんかあったら直電でいいよ。忙しかったのは、ほら最近さ、デリの娘からの営業が多くて。

 

 

 

 

 

壊滅的らしいんじゃの、あの業界は。濃厚接触が基本だし。

 

 

 

 

 

そうなのよ。だから、収入が激減してるらしく、店挟まずに個人的にお願いっていう形でちょくちょく連絡が来るんだ。

 

 

 

 

まぁ、接触8割削減って言われてるから普通の人はデリなんて呼べないよね。

 

 

 

 

 

もう付き合いも長いしさ、今後も付き合っていきたいからさ。それに男として困ってるんだったら助けるのは当然じゃない。

 

 

 

 

正義感を振りかざして相変わらず欲望のまま生きてるというわけね。

 

 

 

 

 

人間だもの。それに、人として信用できるでしょ素直なほうが。欲望に対しても

 

 

 

 

まぁ、向こうが狙っているのはその財布だけだろうけどね。

 

 

 

 

 

そんなんでもいいんだよ、寂しいスロプロとしては。頼ってくれる誰かがいるというだけで存在意義を感じるし。

 

 

 

 

そういうもんか。こんなご時世でも打ってんの?

 

 

 

 

 

スロプ
打ってるよ。そりゃあ生活が掛かってるからね。

 

 

 

 

真っ当な社会人が言うなら納得できるけどさぁ、反社が言っても説得力ないよ。生活が掛かってるっていえばなんでも正当化できるっていうもんじゃないし。

 

 

 

 

 

スロプ
反社じゃなく、半社ね。まぁいろいろ税金とかは払ってるから半分は社会人だろ。

 

 

 

 

でも所得税は払ってないだろ。

 

 

 

 

 

スロプ
払ってるヤツもいるよ。俺は払ってないけど。証明できないよね、いくら使っていくら勝ったかなんて。

 

 

 

 

メモとかでもいいんじゃないの。

 

 

 

 

 

スロプ
それがはっきりしないからさ。ジャンルは違うけど、前にさ競馬で荒稼ぎしていたヤツが追徴課税されたっていう報道あったじゃん。ハズレ馬券は経費になるのかならないのかっていうのが裁判で争われて、結局経費になったんだけど、システムチックに高頻度で競馬に取り組んでいたから経費と認められたわけで、普通に週1とかで行ってたら経費とは判断されなかったっぽいんだよね。

 

 

 

 

それだったら、毎日打ちに行ってるお前の投資も経費になるんじゃないの?

 

 

 

 

 

スロプ
システムチックっていう部分が引っかかるんじゃないの。いくら投資していくら勝ったとか。履歴を追いきれないし。

 

 

 

 

結局は自己申告か。まぁ、自己申告ならいくらでも調整できるわな。そういえば、ライター仲間でも実践費として勝ち負けを経費計上してた人いたよ。昔はCR機のパッキーカードをその証拠に取っておいたらしいけど、税務署に相談に言ったら都度のメモでもいいって言われたとか。

 

 

 

 

 

スロプ
メモなんていくらでもごまかせるじゃん。スロプロでも確定申告してるヤツいるけど、そういうヤツは自分のやってることを正当化したかったり、あとは収入証明を出して引っ越しとかスムーズにしたいらしいね。住宅ローンとか借金のためみたいなことも聞いたことがある。

 

 

 

 

まぁ、無職だと家すら借りられないからね。

 

 

 

 

 

スロプ
でも、それがそうでもないんだよね。Oちゃん覚えてる? 彼、いま不動産屋の店長してるんだって。

 

 

 

 

マジで。スロプロから随分と出世したねぇ。

 

 

 

 

 

スロプ
そうなんよ。で、前にさ、彼女と別れ引っ越しできなくて苦労してるスロプロがいるっていう話をしたら、うちならなんとかできるからってさ。

 

 

 

 

へぇ、なんとかできるんだ。

 

 

 

 

 

スロプ
みたいだね。繁華街で店を構えてるくらいだから、いろいろわけありな子も対応できるんだろうね。どれだけ割高かは知らないけど。

 

 

 

 

でもまぁ、そういう救済があるっていうだけで多少気持ちが楽になるわな。

 

 

 

 

 

スロプ
支えがない不安定な職業だからね。

 

 

 

 

職業ではないけどね。

 

 

 

 

 

スロプ
なに言ってんの。お前も元々こっち側の人間じゃん。

 

 

 

 

昔はそうだったけど、今は真っ当な社会人よ。だから在宅での仕事に精を出し、不要不急の外出も控えてるし。

 

 

 

 

 

スロプ
俺らに取ってはパチ屋は不要じゃないんだけどね。不要だというなら要請じゃなく、強制休業にすればいいし。

 

 

 

 

強制までの権限は日本では難しいらしいよね。でも、今週に入ってからほとんどやってないでしょ。

 

 

 

 

 

スロプ
だね。4月上旬に大手中心に営業自粛を決め、緊急事態宣言が出たあとその動きが広がり、そして今週からさらに休業してるところが増えたね。でも、やってるところがあるし、なんなら隣の県に行けばいいし。

 

 

 

 

たくましいねぇ。でもそういう連中が空いてる店にわぁーっと押し寄せて競争が激化しそうだけど、大丈夫なの。

 

 

 

 

 

スロプ
いや、それがそれほどでもないんだよね。今のスロプロってさ、若者があんまいなくて、上は40代、下は20代後半みたいな感じで、家庭持ってるヤツもいるわけ。左手の薬指に指輪してたり、車にチャイルドシートが積んであったりとか。そういう独り身じゃないやつは、家族への影響を考えてか近所の視線を感じてなのか稼働をヤメてるんだよね。

 

 

 

 

へぇ、そうなんだ。

 

 

 

 

 

スロプ
逆に、空いてるホールに群がってるのは依存症みたいなヤツばっかりだよ。そういう連中って台の履歴とか関係なく打ってくれるし、気分で移動したりするから美味しいところでヤメてくんだよね。だから、打つ台に困ることは今のところないかなぁ。

 

 

 

 

なるほどね。エナがメイン?

 

 

 

 

 

スロプ
基本は朝から高設定が理想だけど、今開いてるパチ屋って設定1だけじゃないかっていうくらい設定は入ってない。だから、取れるようなら朝はいろはとか。あとはスナイパイとか。

 

 

 

 

ディスクアップは?

 

 

 

 

 

スロプ
46枚貸しのスーパー等価は、抽選で前のほうにならないと取れないから、行くことをヤメた。ディスクアップって面白いけど、ビタノーミスでも103%だからねぇ。日当にはちょっと足らないし。

 

 

 

 

んじゃ、めごひめがメイン。

 

 

 

 

 

スロプ
いろはは目押しできなくても打てるから朝の競争はヤバい。目押しに自信のないスロプロはディスクアップとかスナイパイとか打たないからいろは1択なんだよね。

 

 

 

 

同じような出率でも客層が違うんだ。

 

 

 

 

 

スロプ
ディスクアップは純粋にあのゲーム性が好きで打ってる層も多いから、スロプロVSファンみたいな朝の争奪戦になってる。スナイパイは入ったばっかで新台好きが狙ってたりするけど、技術介入頻度が多い点と入店してからスタンダードモードだったときのガッカリ感があってね。

 

 

 

 

スタンダードモードだと2コマ目押し完璧で102.0%とかだっけ。

 

 

 

 

 

スロプ
2コマ目押しだからまぁミスすることないけど、102%じゃ全然足りない。プロフェッショナルモードだと目押し完璧で104.1%だけど、まぁミスるよね。それを考慮して103%かぁ、どうしようっていう感じ。ほかに打てる台がなければ打つけど、結構空くからそこまで朝イチからいう感じでもない。やっぱネットの台は目押ししにくいみたいでプロもそんなに食い付いてないね。新筐体になったけどさ。だったら、絆の250とか数こなしてたほうが楽ってね。

 

 

 

 

絆、こんなときでも動いてるもんね。

 

 

 

 

 

スロプ
絆ってさぁ、目押しがいらないじゃん。だから、スマホでゲームしながらでもいいし、なんか時間を有効に使ってるって思えるんだよ。ゲームしながら時給もいただくみたいな。凱旋もそう。これがリゼロとか北斗天昇とかだと中リールにスイカを狙う必要があるからちょっと気が抜けないけど、絆とか凱旋ってそれすらいらないから、ユニバわかってんなぁってつくづく思うよ。

 

 

 

 

そうなのかなぁ。むしろ開発者としては、台と真剣に向き合ってほしいって思って作ってると思うよ。ながらでもいいから打ってほしいなんて思ってないよ。

 

 

 

 

 

でも、ながらプレイできるほうが打ち手を選ばないから稼働もいいっていうのが現状だろう。

 

 

 

 

それは絆と凱旋が特別だからだと思うよ。

 

 

 

 

 

スロプ
それは一理ある。根強いファンがいてくれるっていうね。まさか、ミリゴがこんなに続くとは当時思わなかったけどね。

 

 

 

 

ゴッドね。さっきのめごひめもそうだけど、人によって呼び名が違うのが気になるんだよね。

 

 

 

 

 

スロプ
共通認識を持てればいいし、いずれ統一されてくからいいんじゃない。

 

 

 

 

ハーデスも最初アナゴ派とハーデス派がいたもんね。

 

 

 

 

 

スロプ
そう、結局は自然淘汰されてくから。ミリゴも結果的にゴッドが主流になったけど、出た当初はミリゴが大多数を占めてたんだけどね。

 

 

 

 

ゴッドが揃えば一撃5000枚とか、ゴッドって絵柄やフラグを指す場合もあるから、機種名としてはミリゴのほうが都合良かったのかもね。

 

 

 

 

 

スロプ
あの頃は、ほんと良かったよなぁ。いまなんてあの頃の何倍努力してんのかわかんないけど、当時の月収に追いつかないもんなぁ。

 

 

 

 

やっぱ、そうなんだ。

 

 

 

 

 

スロプ
あの頃ってさ、インターネットはあったけど、スマホはないし、SNSとか当然ないし、情報ってまだそれほど拡散してなかったよね。特に美味しい情報は。

 

 

 

 

食い扶持だからね、情報は。Kさん覚えてる? ゴッドの全6押さえて、打ち子使って150万抜いてたよね。

 

 

 

 

 

スロプ
Kさんは情報を買ってたみたいだよ。あの頃からじゃない、組織立って動きはじめる軍団とか出現したのは。

 

 

 

 

まぁ以前から開店プロとか常連とかグループとかはあったけど、打ち子を雇ってとかいうのは確かにあの頃からかもね。

 

 

 

 

 

スロプ
あの頃は良かったなぁ。なんか楽しかったよな。

 

 

 

 

そうねぇ、あの頃は楽して勝てたよなぁ。

 

 

 

 

 

tenpo

そんなあの頃の話。

ここからが本題のプレイバック2002編。

当時、私は無職。今でこそライターとして書き仕事で生計を立てているが、当時はパチやスロを打って生活をしていた。
プロと言えばプロかもしれないが、プロ意識もなければましてやプロ気取りなんてものはまったくなかった。
朝の起きる時間も決まってなければ毎日打ちに行くわけでもない。
気の向くままの自堕落な毎日。努力なんてものは皆無。
する必要性も感じない。
それでも食えるだけのお金を稼げたのはヌルいパチ屋を知っていたからにほかならない。
周りもみんなクズだった。
みんなそれなりに勝っていた。勝てていた。今も超えられない壁、それがこの2002年だ。

今のプロは103〜104%の割を持っていると言われる。
日当にすればざっくり15000〜20000円程度。時給にして1200〜1500円くらいで、毎日休まず朝から晩まで稼働して月平均50万前後。
このご時世、金額だけを見れば悪くはないだろう。税金を引かれることもなければ、稼働稼働の毎日のためお金を使う暇もない。貯まる一方だ。
中には年収1000万を超える猛者もいるように、組織立って効率よく稼ぐ連中もいる。

自由気ままと思われがちなこの稼業も、実は案外そうでもない。休めば日当が得られないため、恐怖が常に付きまとい稼働依存症となって常に何よりも稼働を優先する。
そして人付き合いや趣味の時間がどんどん減り、そのことでさらに稼働依存に拍車がかかる。そしていつしか身体や精神に異常をきたす。そして思う。何のために打っているのか。

年々競争が激化する中、そういった意識も芽生え、足を洗うという選択をする人も当然いる。周りを見ていると、結婚を機にというのが一番大きなタイミングのように思えたりするが、そうではなく環境変化で足を洗わざるを得ないという人も多くいた。
思ったように勝てないという環境変化に。

今でもやることをやれば生活+αくらいの稼ぎは得られる。
ただ、これはホールの状況次第で、設定状況やライバルなどによって喰えてたホールも喰えなくなるというのはよくある話。
フットワークの軽い者なら喰えるホールを探して喰いつなぐのはできるが、そもそも楽して稼ごうとこの世界に入った者としては極力努力はしたくない。
そんな怠け癖は何年も続けた稼働により根っこ深く伸び、新たな一歩なんてそうそう踏み出せるものではない。

何より、来月も同じ額稼げるかどうかの保証もない。
今、そんなプロたちが一番危惧しているのが換金問題で、以前国会答弁で3店方式の換金方法は問題ないと認識しているとの言質を得たから安心したものの、法改正で今の貸玉料金の上限、パチ1玉4円、スロ1枚20円貸しにメスが入るともはやプロとして生計を立てるのは難しくなる。
ギャンブル依存症が叫ばれる中、単価が上がることは当然ないからだ。
10スロまでは生きていけるという声も聞かれるが、20スロがなくなり皆が皆こぞって10スロに流れれば当然競争が激化し、喰っていくことは困難になるはずだ。

そんな中、20スロあっての10スロと認識しているプロもいて、立ち回りに10スロさらには5スロも入れているとのこと。
なんでも、5スロはAT中とかでもヤメてく人がいたり、何も知らずに打って天井直前でヤメてくなんてのもあるらしい。
ライバルの多い20スロで少ない台を取り合うよりは精神的にも肉体的にも楽で、期待値も20スロと比べてそんなに遜色はないらしい。

プロにとって年々厳しくなるホール環境。
よく「昔は良かった」と言われるが、確かに昔は今とは比較にならないほど楽に勝てた……。

2001年に爆裂AT機の『獣王』が登場し、ホール内に爆裂AT機という新ジャンルが台頭し始めた。
AT機としては2000年の『ゲゲゲの鬼太郎SP』が最初で、この鬼太郎SPのATは1G純増約0.3枚で最大100G継続という非常にマイルドなもの。
ボーナスがメインでATはコイン持ちアップという補助輪みたいなものだった。
そこからいつしか1G純増10枚を超える爆裂AT機が登場し、ホールの主役になっていく。

獣王をきっかけとしたAT機ブーム。『コンチ4X』、『サラリーマン金太郎』、『アラジンA』、そして『ミリオンゴッド』がその流れを加速していく。

みりおんごっど

今も語り継がれる『ミリオンゴッド』が登場したのは2002年5月。
見た目からして異様だった。金色の筐体に、リール絵柄は赤青黄の7とGODのみ。
液晶上では、パチンコのように常に3つの数字が出現し、奇数が揃えば当たりとなる至ってシンプルなゲーム性だ。

仕様は、ボーナス非搭載のCタイプ。1G純増約10枚のAT「ゴッドゲーム」で出玉を獲得していく。
GOD揃いならAT500Gとなり一撃5000枚。
右リールに赤7が出現するSGGならAT50G×3セットで一撃1500枚。
それ以外のGGはAT50Gで500枚となる。

GOD確率は今にも続く8192分の1。
1日打てば1回は引けそうな確率で、身近な印象すら持ってしまう。SGGは4096分の1。

ゴッドと言えばこれら一撃フラグが代名詞となっているが、プロが狙っていたのは当然そんな偶発ではない。
ATは4つのモードで当選やストックを管理し、その中でも当選&放出率が高い天国モードを狙っていた。

天国モードの見極めはキンキンバキバキ。液晶で奇数テンパイが発生するとテンパイ音「キンキン」が鳴り、天国モードなら高頻度でこのキンキンバキバキが発生するためこれが続いている間は打ち続けるだけ。
至って簡単。攻略法と呼べる代物ではない。けど実際のところ、これだけで簡単に勝てたのだ。

この初代ゴッド。設定変更してもモード移行はしないが、ラムクリをすればモード移行抽選が行なわれる。
その際、十字キーでモードの選択も可能で、集客目的で意図的に天国モードを仕込むことも可能だった。ラムクリによってストックがなくなるものの、それ以上に天国モードの恩恵のほうがデカかったし、そして天国狙いの最中にたまに訪れるGOD揃いが収支を上振れさせてくれた。

それまでは、イベント対象機種を狙ったり据えのストックを狙ったりと日によって狙いは異なったが、ゴッドの朝イチ天国狙いが最も稼げるということに気づいてからは、毎朝とりあえず入場抽選を受け番号の早い遅いに関わらずゴッドのシマに飛び込むということを毎日飽きもせずやり続けた。

朝が苦手だなんて言ってられない。とりあえず自分に課したのは朝きちんと起きること。真っ当な社会人なら当たり前のことかもしれないが、当時のプロ連中はこれがなかなかできない。勝ったあぶく銭で飲みに行けば、その後キャバだ風俗だと遊び放題。
今の節制を重ねるプロ連中とは違い、使っても使ってもそれ以上に入ってくるもんだから、欲望の赴くまま金は気にせず遊びにも全力だった。
だから、寝ずに酒臭いまま並びとりあえず朝だけ天国狙いという連中もよく目にした。

個人的には連抜けや夜も狙い目だった。ゴッドを打っている客層は立ち回りうんぬんではなく一発GODを引いてやろうという連中が多く、連チャン後キンキンバキバキいっててもヤメてく人が結構いた。
そんな台を静かになるまで打つだけ。なんて簡単かつシンプルな立ち回りだろうか。けど、このゴッド、1000円で20Gほどしか回せないため、資金力に乏しいと打つのに躊躇してしまう。キンキンバキバキが200G続けば10000円は投資しているわけで、そこで天国を抜けて当たらず撤退なんてのも当然あり得る。
AT1回で500枚出るものの、その後も当然即ヤメなんてできないから、1回あたりの勝率は低かったように思える。時に来る大波をものにしてこそ、意味ある立ち回りだったとも言える。そう、たまにやってくるGOD揃いこそがボーナスだった。

そんな生活を続けていれば当然波はあるにせよ、勝てていた。最高は月150万ほど。3号機以前のネタプロに言わせれば大したことないが、技術介入機や設定判別でしこしこやってた頃にしてみれば月100万の大台突破は一つの夢だった。
ニューパルや花火で3000枚出ればガッツポーズだった時代を経験している者ならわかっていただけるだろう。その後、設定6がエクストラ設定と呼ばれる大花火やコンチ4Xなどが登場するが、そうそうツモれるわけはなく、結果的に当時一番の稼ぎ頭となったのがこの初代ゴッドであった。

天国を仕込んでくれてたホールが身近にあったからこうも簡単に勝ち続けることができたが、後々同業者と話をするとやはり人によって狙ってた機種が違かったりと、通っていたホールによって立ち回りも千差万別であった。

そんなゴッドの天国狙いは何カ月続いただろうか。ライバルが徐々に増え、その反面仕込みが減り、当然うまみもなくなりいつしか別の機種を主戦場に……。
そして翌年には検定取り消し処分を受けての完全撤去。一つの時代が終わりを告げた。

あの頃は良かった……のか。

稼ぐ手段としてスロと向き合ってる連中にしてみればあの頃は確かにいい時代だったのかもしれない。
今しか知らないプレイヤーからしたらうらやましいだろう。
けれど、今の長けたプレイヤーがその当時にタイプスリップしたとすればそれだけ競争が激化し、当時ほど稼げるとは思えない。真っ当な人生にツバを吐き、日陰での生活を選んだアウトローたちが辿り着いた道だったからこそ、寄り付きにくく見えない縄張り意識でなんとなくそれとなく機能していたのだと思う。

そんな時代を「playback0000」と題し、今後しばらく綴っていこう。

 

(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT

Page Top